ブログネタ
鶏肉のレシピ に参加中!
鶏胸肉のパルメザン・トマトソースがけ


鶏胸肉にパルメザンをたっぷりまぶして焼くレシピでは、以前に「チキンカツのパルメザン」のレシピを紹介しました。この時は鶏肉を薄くしてフライパンで焼きましたが、今回はオーブンで焼いて、トマトソースをかけて食べるというものです。もしトマトソースを作るのが面倒な場合は、良質の市販のトマトソースで構いません。"Cook's Illustrated"に載っていたレシピです。今日は全粒粉のパン粉を使ったので、濃い茶色に仕上がっています。(6人分)

<鶏胸肉のパルメザン・トマトソースがけ>

―材料―

   ・パン粉−−−−−−−−−−−−−−1.5カップ
   ・オリーブオイル−−−−−−−−−−大1
   ・パルメザンチーズ(おろす)−−−−1/2カップ
   ・全粒小麦粉−−−−−−−−−−−−1/2カップ
   ・ガーリックパウダー−−−−−−−−小1.5
   ・塩−−−−−−−−−−−−−−−−適量
   ・胡椒−−−−−−−−−−−−−−−適量
   ・卵白−−−−−−−−−−−−−−−大3個
   ・水−−−−−−−−−−−−−−−−大1
   ・鶏胸肉−−−−−−−−−−−−−−6枚
   ・モッツァレラチーズ(細切り)−−−3/4カップ
   ・バジル(微塵)−−−−−−−−−−大1
(トマトソース)
   ・缶詰トマト(小口切り)−−−−−−785g
   ・にんにく(微塵)−−−−−−−−−中4かけ
   ・トマトペースト−−−−−−−−−−大1
   ・オリーブオイル−−−−−−−−−−小1
   ・レッドペパーフレーク−ー−−−−−小1/8
   ・バジル(微塵)−−−−−−−−−−大1

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

―作り方―

*オーブンを240℃(華氏475度)に温めておく。
*スキレットでパン粉とオイルが色づくまで約10分炒める。
*バットに広げて冷ましてから、パルメザンチーズを混ぜる。
*別のバットに小麦粉、ガーリックパウダー、塩大さじ1と胡椒小さじ1/2を混ぜる。
*また別のバットに、卵白と水を合わせておく。
*淵のあるベーキング皿にホイルを敷き、網を載せて、オイルスプレーを振っておく。
*鶏肉の水気をペーパータオルで取り、半分に切って塩胡椒しておく。
*粉のバットに入れて全体にまぶしたら、卵白のバットに入れる。
*最後にパン粉のバットに入れて全体にまぶしたら、網の上に並べる。
*表面にオイルスプレーを振り、オーブンで約15分焼く。
*この間にトマトソースを作っておく。
*フードプロセッサーにトマトの缶詰をあけて、滑らかになるまで回す。
*ソースパンを中火で熱し、にんにくからレッドペパーフレークまでの材料を入れて焼く2分調理する。
*これにピューレにしたトマトを入れて混ぜ、ソースが濃くなるまで約20分煮る。
*火からおろしてバジルを入れて混ぜ、塩コショウで味付けす
*チキンが焼けたらオーブンから出して大さじ2のトマトソースをそれぞれにかけ、大さじ2のモッツァレラを振りかける。
*オーブンに鶏肉を戻してチーズが溶けるまで約5分焼く。
*焼けたらバジルを振りかけて、残りのソースとパルメザンチーズを一緒に出す。

おいしく作れますように!