サンクスギビングのレシピ

ターキー胸肉のロースト・ハーブ風味のレシピ

ターキーの胸肉ロースト・ハーブ風味

ターキーは一羽丸ごと焼くと、小家族では後の処理が大変なので、最近はもっぱら胸肉の部分だけをローストしています。今回はハーブを数種類使ってすりこんでから焼きました。薬草の香りを浸透させたい場合は一晩冷蔵しておくとよいです。スタッフィングも入れないので、調理時間も短くて済む、サンクスギビングのメインレシピです。(8人分)

<ターキー胸肉のロースト・ハーブ風味>

―材料―

   ・ターキーの胸肉−−−−−−−−4.5kg
   ・塩−−−−−−−−−−−−−−小1
   ・黒胡椒−−−−−−−−−−−−小1
   ・レモンピール−−−−−−−−−小4
   ・レモンジュース−−−−−−−−大6
   ・オリーブオイル−−−−−−−−大4
   ・パセリ(微塵)−−−−−−−−大4
   ・ローズマリー(微塵)−−−−−大2
   ・セージ(微塵)−−−−−−−−大2
   ・タイム(微塵)−−−−−−−−大2
   ・にんにく(微塵)−−−−−−−大2
   ・チキンス―プ−−−−−−−−−2カップ
   ・白ワイン−−−−−−−−−−−1/2カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

―作り方―

*オーブンを200度(華氏400度)に温めておく。
*ターキーに塩胡椒をまぶして、ローストパンに載せる。
*ボウルにレモンピールからにんにくまでの材料を混ぜる。(パセリの半量は別に取っておく。)
*別のボウルにチキンスープと白ワインを混ぜておく。
*七面鳥をオーブンに入れて10分経ったら、スープとワインを胸肉にかける。
*オーブンを180度(華氏350度)に下げて、約2時間焼く。
(胸の中央部分が、70度(華氏160度)以上になっていることを確かめる。)
*焼いている間に、時々液体をターキーにかける。
*焼き上がったら15分ほど置いてから切り分ける。
*ターキースライスの上から焼き汁を少しかけ、パセリを散らして出す。

LD logo medium






この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
長い自己紹介です。
ブログが紹介されました
日経ウーマンオンラインさんのレシピブログ連載企画「母の日に作りたい! ありがとうレシピ」(2014年5月7日発行)に、当ブログの「母の日クッキー・ペルー版のレシピ」が載りました!!

レシピブログの、「今日のイチオシブログ」(2010年1月22日発行分)に、当ブログの「スウェーデン風バタークッキー」のレシピが載りました!!

アメリカの現地情報を発信している、「ライトハウス」ロサンゼルス版(2008年11月18日発行のサンクスギビング特集)に、当ブログの「ターキーレシピ」が載りました!!
QRコード
QRコード