世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

カテゴリ: クッキーのレシピ

ブログネタ
クッキーのレシピ に参加中!
チョコレート・マカルーン

エスプレッソ・マカルーン

マカルーンクッキーを2種類作りました。チョコレート味のマカルーンと、エスプレッソ味のマカルーンです。ともに、基本のバニラ・マカルーンの生地を作るときに、それぞれチョコレートとエスプレッソ・パウダーを加えるだけです。基本のレシピに対して、各々の分量のチョコレートか、エスプレッソを使用してください。relish.comに載っていたレシピです。(24個分)

<マカルーンクッキー2種類:チョコレート味とエスプレッソ味>

―材料―

(バニラ・マカルーン)
   ・練乳−−−−−−−−−−−−−−−1カップ
   ・バニラエッセンス−−−−−−−−−小1
   ・ココナッツロング(加糖)−−−−−400g
   ・卵白−−−−−−−−−−−−−−−大2個
   ・粗塩−−−−−−−−−−−−−−−小1/4

(チョコレート用)
   ・セミスイートチョコレート−−−−−42g

(エスプレッソ用)
   ・エスプレッソパウダー−−−−−−−小1と1/4

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

―作り方―

*オーブンを180度(華氏350度)に温めておく。
*ベーキング皿に、パーチメントを敷いておく。
*ボウルに練乳とバニラエッセンスを混ぜる。
(このとき、チョコレート用には溶かしたチョコレートを、エスプレッソ用にはパウダーをそれぞれ一緒に混ぜる。)
*ココナッツを加えてよく混ぜる。
*別のボウルに卵白と塩を入れて、硬い角が立つまで泡立てる。
*これを、ココナッツの混ぜ物に加えて、さっくり混ぜる。
*2本のスプーンを水に浸けてから生地をすくい、ゴルフボールより少し小さめのボール状にまとめる。
*それを、2,3cmくらい間を置いて、ベーキング皿に並べる。
*オーブンで、20〜25分焼いたら、完全に冷ます。

LD logo medium


ブログネタ
クッキーのレシピ に参加中!
ローストチェストナッツ・クッキー


栗は大好物で、甘栗を割って食べるのが一番好きですが、今日はその栗を使ったクッキーのレシピを紹介します。ネットで見つけたレシピには、生栗をローストして中身を取り出して、という所から始まっていたのですが、そこまで時間をかけていられないので、むき栗を使うことにしました。隣の栗大好きさんにもおすそ分けすると、おいしかったからレシピ教えてと言われました。密閉容器に入れておくと1週間くらい持ちます。(4ダース以上)

<ローストチェストナッツ・クッキー>

―材料―

   ・むき栗−−−−−−−−−−−1カップ
   ・無塩バター(室温)−−−−−225g
   ・粉糖−−−−−−−−−−−−2カップ
   ・バニラエッセンス−−−−−−小2
   ・シナモンパウダー−−−−−−小1/4
   ・ナツメグ−−−−−−−−−−適量
   ・塩―−−−−−−−−−−−−小1/8
   ・小麦粉−−−−−−−−−−−2カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

―作り方―

*栗をフードプロセッサーに入れ、よく刻む。
*バターを入れて少し回したら、半カップの粉糖と残りの材料をすべて入れて混ぜる。
*この生地を半分ずつラップに包んで、約1時間冷蔵する。
*オーブンを180度(華氏350度)に温めておく
*浅いボウルに残りの粉糖と少しのシナモンパウダーを混ぜて置いておく。
*生地の1つを取り出し、小さじ2杯分くらいを掌にとって丸めていく。
*パーチメントを敷いたベーキング皿に2cmくらい間を取って並べる。
*クッキーが金茶色に色づくまで、14〜17分焼く。
*取り出したら5分ほど置いてから、温かいうちに、ボウルの粉糖をまぶしていく。
*もう1つの生地も同様にし、網の上で完全に冷ます。
(食べる直前に、もう一度粉糖を振りかけてもよい。)

LD logo medium


↑このページのトップヘ