世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

カテゴリ: オードブルのレシピ

ブログネタ
前菜のレシピ に参加中!
海老のガスパチョ

ガスパチョは、これまでにスイカときゅうりを使ったもの、イチゴ入りのもの、またカニを入れたものと、いろんなレシピで作ってきましたが、今回は大きな海老を飾って豪華に見せています。ゲスト・ディナーのときのオードブルに作りました。Relish.comに載っていたレシピです。(4人分)

<海老のガスパチョ>

―材料―

   ・トマトジュース−−−−−−−−4カップ
   ・グレープトマト(小口切)−−−1.5カップ
   ・セロリ(微塵)−−−−−−−−3本
   ・きゅうり(微塵)−−−−−−−1本
   ・赤パプリカ(粗微塵)−−−−−中1個
   ・赤玉ねぎ(粗微塵)−−−−−−中1個
   ・ハラピノペッパー(微塵)−−−1個
   ・にんにく(微塵)−−−−−−−大1かけ
   ・レモンジュース−−−−−−−−1/3カップ
   ・ウスターソース−−−−−−−−小2
   ・ホースラディッシュ−−−−−−小1〜2
   ・タバスコソース−−−−−−−−小1
   ・海老−−−−−−−−−−−−−450g

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

―作り方―

*大きいボウルで、海老以外の全ての材料を混ぜる。
*カバーをかけて、最低1時間から最大で6時間まで冷蔵する。
*海老はポーチして皮をむいておく。
*ガラスのコップにガスパチョを注ぎ、海老を飾って出す。

LD logo medium


ブログネタ
魚介類のレシピ に参加中!
貝のハーブ蒸し煮

貝の蒸し煮のレシピです。オードブルにもなりますが、少し身だくさんのサラダがあれば、ディナーにもOKです。ニューヨークタイムズに載っていた簡単レシピです。(2人分)

<貝のハーブ蒸し煮>


―材料―

   ・オリーブオイル−−−−−−−−−大1
   ・にんにく(薄切り)−−−−−−−2かけ
   ・タラゴン(微塵)−−−−−−−−大2
   ・貝−−−−−−−−−−−−−−−1125g
   ・チャイブ(微塵)−−−−−−−−1/4カップ
   ・ライムピール−−−−−−−−−−1個分
   ・レッドペッパーフレーク−−−−−1つまみ
   ・無塩バター−−−−−−−−−−−30g
   ・ライムジュース−−−−−−−−−大1.5

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

―作り方―

*スキレットを中火で熱して、オリーブオイルを温める。
*にんにくとタラゴンを入れて、軟らかくなるまで2分ほど炒める。
*貝を入れて蓋をし、貝が開くまで5〜10分煮る。
*貝を取り出して、2つのボウルに分けて入れる。
*鍋のソースにチャイブ、ライムピール、レッドペッパーフレークを加えて混ぜ、20秒ほど煮る。
*バターとライムジュースを混ぜて、ソースが少し濃くなるまで煮る。
*このソースを貝の上にかけて、すぐに出す。

LD logo medium


↑このページのトップヘ