世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

カテゴリ: スープのレシピ

ブログネタ
シチューのレシピ に参加中!
シーフードシチュー・ベトナム風

ベトナム風シーフードシチューの圧力鍋レシピです。普通のシチューの感覚では、それだけで食べるものですが、今回は、ご飯にかけていただくので、どちらかと言うと、カレー系のスタイルです。魚はタラを使いましたが、身のしっかりした白身魚だったら、何でも大丈夫です。(4人分)

<シーフードシチュー・ベトナム風>

−材料−

   ・にんにく(微塵)−−−−−−−−−−−2かけ
   ・りんご(小口切り)−−−−−−−−−−小1個
   ・バナナ(薄切り)−−−−−−−−−−−1本
   ・レーズン−−−−−−−−−−−−−−1/2カップ
   ・ライトブラウンシュガー−−−−−−−大2
   ・クミンパウダー−−−−−−−−−−−小1/4
   ・サフラン−−−−−−−−−−−−−−小1/4
   ・カレー粉−−−−−−−−−−−−−−大2
   ・チキンスープ−−−−−−−−−−−−2カップ
   ・ココナッツミルク(無糖)−−−−−−−2カップ
   ・レモン(又はライム)ジュース−−−−−大2
   ・ウスターソース−−−−−−−−−−−小1
   ・ヘビークリーム−−−−−−−−−−−3/4カップ
   ・海老−−−−−−−−−−−−−−−−32尾
   ・ホタテ−−−−−−−−−−−−−−−16個
   ・たら−−−−−−−−−−−−−−−−450g
   ・赤パプリカ(粗微塵)−−−−−−−−−小1個
   ・ひよこ豆(調理済み)−−−−−−−−−1/2カップ
   ・パセリ(微塵)−−−−−−−−−−−−1/4カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*海老は皮をむいて背ワタを取っておき、タラは一口大に切っておく。
*にんにくからウスターソースまでの材料を圧力鍋に入れて混ぜる。
*蓋をロックして、高圧で10分かける。
*クイックリリースで圧を抜いたら、中身をブレンダーにかけてピューレにする。
*クリームを混ぜて、スパイスで味を調整する。
*海老と帆立とタラを加えて、パプリカとひよこ豆と一緒に再び圧力鍋に移す。
*蓋をロックして、高圧で2分かける。
*クイックリリースで圧を抜いたら、ボウルに移し、パセリを散らして、ご飯の上にかけて食べる。

LD logo medium



ブログネタ
シチューのレシピ に参加中!
ポークシチュー・洋梨とサツマイモ入り

ポークシチューのレシピです。洋梨とサツマイモを入れることによって、自然の甘さが加わり、マイルドな味わいのシチューになっています。あとは、少しスパイスで味を引き締めている感じです。豚肉のマリネの時間も見ておいてください。煮込む時間は、合計で2時間弱くらいになります。ニューヨークタイムズに載っていたレシピです。(4人分)

<ポークシチュー・洋梨とサツマイモ入り>

−材料−

   ・豚肉(角切り)−−−−−−−−1125g
   ・コーシャーソルト−−−−−−−小2
   ・黒胡椒−−−−−−−−−−−−小2
   ・サラダ油−−−−−−−−−−−大2
   ・玉ねぎ(薄切り)−−−−−−−2個
   ・白ワイン(辛口)−−−−−−−1/2カップ
   ・さつまいも(角切り)−−−−−大2本
   ・キャラウェイシード−−−−−−大2
   ・オールスパイス−−−−−−−−小1
   ・ローリエの葉−−−−−−−−−2枚
   ・チキンスープ−−−−−−−−−3カップ
   ・洋梨(角切り)−−−−−−−−3個
   ・レモンジュース−−−−−−−−大2
   ・粒マスタード−−−−−−−−−好みで

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*豚肉に塩をまぶして1〜12時間置いておく。
*オーブンを170度(華氏180度)に温めておく。
*ポークの水気を切り、胡椒をまぶす。
*ダッチオーブンを中強火で温め、オイルを熱したら、豚肉を少しずつ分けて焼き色を付けていく。
*玉ねぎを加えて、よく混ぜながら、7〜10分炒める。
*サツマイモは皮をむいて角切り、洋梨も皮をむいて芯を取り、角切りにしておく。
*ワインを注いで、底からかき混ぜて少し煮たら、豚肉と、さつま芋のからチキンスープまでの材料を入れる。
*蓋をしてオーブンに入れて、約1時間煮る。
*取り出して洋梨を加えたら、再びオーブンに入れて30〜45分煮る。
*レモンジュースを仕上げに入れて、ボウルに注いで出す。(好みでマスタードを添える。)

LD logo medium


↑このページのトップヘ