世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

カテゴリ: サラダのレシピ

ブログネタ
サラダのレシピ に参加中!
豚ヒレ肉のスパイシーサラダ・タイ風

タイ風の豚ヒレ肉を使ったスパイシーなサラダのレシピです。肉をマリネする時間があるので、前もって準備が必要です。ニューヨークタイムズに載っていたレシピで作りました。(6〜8人分)

<豚ヒレ肉のスパイシーサラダ・タイ風>

−材料−

(マリネ液とドレッシング)
   ・豚ヒレ肉−−−−−−−−−−−−680gg
   ・シャロット(薄切り)−−−−−−−2/3カップ
   ・パセリ(微塵)−−−−−−−−−−2/3カップ
   ・ライトブラウンシュガー−−−−−大5
   ・にんにく(おろす)−−−−−−−−6かけ
   ・醤油−−−−−−−−−−−−−−大5
   ・ピーナッツオイル−−−−−−−−大5
   ・ライムジュース−−−−−−−−−4個分
   ・ライムピール−−−−−−−−−−4個分
   ・生姜(おろす)−−−−−−−−−−7〜8cm分
   ・フィッシュソース−−−−−−−−大2
   ・コーシャーソルト−−−−−−−−小1/2
   ・ハラピノペッパー(微塵)−−−−−1〜2個
(サラダ)
   ・白菜(薄切り)−−−−−−−−8カップ
   ・ねぎ(薄切り)−−−−−−−−5本
   ・きゅうり(薄切り)−−−−−−小2本
   ・赤パプリカ(薄切り)−−−−−1個
   ・パセリ−−−−−−−−−−−1.5カップ
   ・ミントの葉−−−−−−−−−1.5カップ
   ・バジルの葉−−−−−−−−−1カップ
   ・ピーナッツ(粗微塵)−−−−−1と1/4カップ
   ・ココナッツフレーク−−−−−1/4カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*ボウルにシャロット、パセリ、大さじ2杯の砂糖と、にんにくから塩までの材料を混ぜる。
*この4分の1量をブレンダーに入れて、残りの砂糖を加え、滑らかなペースト状になるまで回す。
*これを、水気をふき取った豚ヒレ肉全体にまぶして、室温で時々混ぜながら、2時間マリネする。(冷蔵するときは24時間まで)
*グリルの火をつけて、10cmくらい火から離した所にヒレ肉を置き、時々動かしながら、内部の温度が57度(華氏135度)になるまで焼く。
*ピーナッツとココナッツフレークは軽くトーストしておく。
*大きいボウルに、ハーブ以外のサラダの野菜類を仕込んだら、残しておいた4分の3量のドレッシングを軽く混ぜ合わせる。
*数分味をなじませたら、ハーブ類を加えて、さらっと混ぜる。
*これを皿の上に載せたら、その上に、薄切りにしたポークを載せて、最後ににピーナッツとココナッツを散らして出す。

LD logo medium


このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
サラダのレシピ に参加中!
海老とキャベツのアジア風サラダ

海老とキャベツがメインのアジア風ドレッシングをあしらったサラダのレシピです。タイのカレーペーストも使っているので、少しピリッとしています。"Food & Wine"に載っていたレシピを使いました。(6人分)

<海老とキャベツのアジア風サラダ>

−材料−

   ・海老−−−−−−−−−−−−−−450g
   ・オリーブオイル−−−−−−−−−大3
   ・フィッシュソース−−−−−−−−大1.5
   ・ライム−−−−−−−−−−−−−1個
   ・ライトブラウンシュガー−−−−−大1
   ・レッドカレーペースト−−−−−−小1
   ・シャロット(微塵)−−−−−−−−小1個
   ・キャベツ(千切り)−−−−−−−−6カップ
   ・人参(千切り)−−−−−−−−−−2本
   ・きゅうり(千切り)−−−−−−−−2本
   ・無塩ローストピーナッツ−−−−−1カップ
   ・パセリ(微塵)−−−−−−−−−−1カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*海老の皮をむいて背ワタを取り、1分ほど茹でたら、すぐに冷水にとってから、水気を切っておく。
*ライムの皮をおろして、ジュースを絞っておく。
*大きいボウルに、おろしたライムと果汁を含む、オリーブオイルからシャロットまでの材料を混ぜる。
*これに、刻んだ野菜類と、茹でた海老を加えて、室温で20分寝かせる。
*さっくり混ぜて皿に載せたら、粗微塵に切ったピーナッツを散らし、パセリを振りかけて出す。

LD logo medium


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ