世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

カテゴリ: 野菜のレシピ

ブログネタ
野菜料理 に参加中!
ケールのブレーズ・トマト味

ケールのような深い緑の野菜はできるだけたくさん食べたいですね。でも生のままだと一度に多く食べることはできません。そこで今回は、チキンストックでブレーズして、たっぷり味を含ませていただけるレシピを紹介します。燻製パプリカを使って、ちょっとスモーキーな風味に仕上がっています。スパイシー味を使うかどうかはご自由にどうぞ。ニューヨークタイムズに載っていたレシピを使いました。(8〜10人分)

<ケールのブレーズ・トマト味>

−材料−

   ・オリーブオイル−−−−−−−1/4カップ
   ・玉ねぎ(小口切り)−−−−−2個
   ・にんにく(薄切り)−−−−−8かけ
   ・トマトペースト−−−−−−−1/4カップ
   ・スモークパプリカ−−−−−−小1
   ・塩胡椒−−−−−−−−−−−適量
   ・チキンストック−−−−−−−3カップ
   ・赤ワイン酢−−−−−−−−−大1
   ・ケール−−−−−−−−−−−350g

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*ケールの太い葉脈は捨てて、葉を短冊状に切っておく。
*ダッチオーブンを中強火で熱し、オリーブオイルを温める。
*玉ねぎとニンニクを入れて、透き通ってくるまで、5〜7分炒める。
*トマトペーストと燻製パプリカを加えて中火にし、カラメル化し始めるまで、よく混ぜながら5〜7分炒める。
*塩胡椒で味付けたら、チキンストックとワインビネガーを注いで沸騰させる。
*ケールの半量を加えて蓋をし、1〜2分経ったら、残りのケールを加え同様にする。
*蓋を少し開け気味に被せて、ケールが軟らかくなるまで、約20〜30分煮る。
*塩胡椒で味を調整して、必要であればワイン酢を少し足して仕上げる。

LD logo medium



このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
野菜料理 に参加中!
カリフラワーのチーズソース

カリフラワーにチーズソースをかけて焼き上げるレシピです。以前に、アーモンドを含む濃厚なチーズソースで焼く、カリフラワーのグラタン・アーモンドチーズソースのレシピを紹介したことがありますが、今回は普通のチェダーチーズを使っていて、もっとシンプルな味です。(4〜6人分)

<カリフラワーのチーズソース>

−材料−

   ・水−−−−−−−−−−−−−−−1カップ
   ・カリフラワー−−−−−−−−−−1玉
   ・チェダーチーズ(おろす)−−−−−1/4カップ
   ・無塩バター−−−−−−−−−−−30g
   ・生パン粉−−−−−−−−−−−−1/3カップ
   ・パセリ(微塵)−−−−−−−−−−適量
(チーズソース)
   ・無塩バター−−−−−−−−−−−30g
   ・小麦粉−−−−−−−−−−−−−大2
   ・牛乳−−−−−−−−−−−−−−1.5カップ
   ・チェダーチーズ(おろす)−−−−1/2カップ
   ・ディジョンマスタード−−−−−−小1
   ・コーシャーソルト−−−−−−−−小3/4
   ・黒胡椒−−−−−−−−−−−−−小1/4

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*オーブンを180度(華氏350度)に温めておく。
*蒸し器を用意し、カリフラワーの太い軸を切り取り、軸を下にして入れる。
*蓋をして、中火で約15分蒸したら、水けを切って、小花に分ける。

(蒸している間に、チーズソースを作る。)
*ソースパンを中火で熱し、バターを溶かしたら、小麦粉を入れて混ぜる。
*牛乳を少しずつ入れて、常に混ぜながら沸騰させる。
*火からおろして、おろしチーズ以下の材料を加えて、滑らかになるまで混ぜる。)

*オーブン容器にカリフラワーう入れたら、上からチーズソースをかける。
*おろしチーズを振りかけて、軽く色づくまで5〜10分オーブンで焼く。
*スキレットを中火で熱し、バターを溶かしたら、パン粉を加えて、時々混ぜながら茶色くなるまで炒める。
*これを、溶けたチーズの上に振りかけ、パセリを散らして出す。

LD logo medium


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ