世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

カテゴリ: 肉類のレシピ

ブログネタ
ミートローフのレシピ に参加中!
マッシュルーム・ミートローフ

ミートローフも何度も作っていますが、ここで紹介した肉系のミートローフは、数えてみると9種類ありました。たまたま、過去2回は、「ミートローフのマッシュルーム・トマトソース煮」と、「ミートローフのマッシュルームグレービー添え」マッシュルームを使ったものになっていたのですが、今回も、マッシュルームをたくさん使っています。"Cooking Light"という雑誌に載っていたレシピになります。(6人分)

<マッシュルーム・ミートローフ>

−材料−

   ・オリーブオイル−−−−−−−−−−大1
   ・玉ねぎ(微塵)−−−−−−−−−−−1カップ
   ・マッシュルーム(微塵)−−−−−−−225g
   ・ウスターソース−−−−−−−−−−大1
   ・タイムの葉−−−−−−−−−−−−小2
   ・にんにく(微塵)−−−−−−−−−−小1
   ・コーシャーソルト−−−−−−−−−小1
   ・黒胡椒−−−−−−−−−−−−−−小1/2
   ・牛挽肉(低脂肪)−−−−−−−−−−680g
   ・パン粉−−−−−−−−−−−−−−1/2カップ
   ・卵−−−−−−−−−−−−−−−−大2個
   ・ケチャップ−−−−−−−−−−−−1/4カップ
   ・ライトブラウンシュガー−−−−−−大1/2
   ・アップルサイダービネガー−−−−−大1/2

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*オーブンを180度(華氏350度)に温めて、ベーキングパンに湯を張って入れておく。
*大きいスキレットを中強火で温め、オイルを入れて、玉ねぎを3分間炒める。
*マッシュルームを加えて更に3分炒める。
*ウスターソース、タイム、にんにくと塩小さじ半分と胡椒小さじ1/4を加えて、1分炒める。
*大きいボウルで、挽肉、パン粉、卵と、炒めた野菜類に、残りの塩胡椒をさっくり混ぜ合わせる。
*パン型に、型より大きめのホイルを敷いて、ミートローフを入れ、少し周りを押さえて、オーブンの中段で約1時間焼く。
*ケチャップと砂糖とビネガーを混ぜたものを刷毛で塗ったら、火をあぶり焼きにセットして、10分ほど焼く。
*オーブンから出して約10分冷ましてから、ホイルごと出して切り分ける。

LD logo medium


ブログネタ
豚肉のレシピ に参加中!
ポークチョップとポテトアップルのキャセロール

ポークチョップを、2種類の芋と林檎の薄切りの上に並べてベークするキャセロールレシピです。2度焼きする形になるので、少々調理時間がかかりますが、おいしくできました。(6人分)

<ポークチョップとポテトアップルのキャセロール>

−材料−

   ・アップルジュース−−−−−2カップ
   ・じゃがいも−−−−−−−−680g
   ・さつまいも−−−−−−−−680g
   ・りんご−−−−−−−−−−450g
   ・塩胡椒−−−−−−−−−−適量
   ・小麦粉−−−−−−−−−−大6
   ・ポークチョップ−−−−−−6枚
   ・バター−−−−−−−−−−60g
   ・コーン油−−−−−−−−−大3
   ・セージの葉−−−−−−−−6まい

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*オーブンを180度(華氏350度)に温めておく。
*32cm X 22cmくらいのキャセロールに油を塗っておく。
*イモ類の皮をむき、1cm厚さの輪切りにしておく。
*リンゴの皮をむいて芯を取り、1cm厚さの輪切りにしておく。
*小さいソースパンで、リンゴジュースを沸騰させる。
*キャセロールの短い方の端から、じゃがいもを横幅一杯に立てかけるようにして並べる。
*少しずらして、サツマイモの同様に並べたら、リンゴも同様にして並べる。
*これをキャセロールのもう一方の端まで繰り返す。
*りんごジュースを上からかけてカバーをし、オーブンで40分焼く。
*この間に、小麦粉に塩胡椒を混ぜて、ポークチョップにまぶしておく。
*フライパンにバターと油を熱して、ポークチョップに焼き色が付くまで、片面5分ずつ焼く。
*芋と林檎が焼けたら、カバーを取って、ポークチョップを並べて、それぞれの上にセージの葉を置く。
*カバーをかけずにオーブンに戻して、軟らかくなるまで約1時間焼く。

LD logo medium


↑このページのトップヘ