世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

カテゴリ: 肉類のレシピ

ブログネタ
豚肉のレシピ に参加中!
ポークチョップのマスタードワインソース


ポークチョップのマスタード系ソースでは、これまでに、マスタードセージソースや、キャベツを添えたマスタードクリームソースを作っていますが、今日のレシピは、マスタードワインソースになります。ワインはマデイラワインやポートワインなどのコクのあるものを使い、アップルサイダーもたくさん使うので、やや甘めのソースになります。比較的手早くできるレシピです。(4人分)

<ポークチョップのマスタードワインソース>

−材料−

   ・アップルサイダー−−−−−−−−−1カップ
   ・マデイラ又はポートワイン−−−−−1/3カップ
   ・ディジョンマスタード−−−−−−−大1
   ・タイム(乾燥)−−−−−−−−−−小1
   ・サラダ油−−−−−−−−−−−−−小1
   ・ポークチョップ−−−−−−−−−−4枚
   ・黒胡椒−−−−−−−−−−−−−−小1

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*小さいボウルにアップルサイダーからタイムまでの材料を混ぜる。
*大きいスキレットを中強火で熱し、ポークを入れて約2分焼く。
*ひっくり返して更に約1分、色づくまで焼く。
*鍋の油を除いて火を弱め、サイダーの混ぜ物を豚肉の上に注ぐ。
*途中で一度ひっくり返して、肉汁が透明になるまで5〜7分焼く。
*ポークチョップを出して温めておき、中火にして、鍋の汁が大さじ2杯程度になるまで数分煮詰める。
*これを豚肉の上にかけて、胡椒を散らして出す。

LD logo medium



ブログネタ
肉類のレシピ に参加中!
ブッフ・ブルギニョン

ブッフ・ブルギニョンのレシピです。わかりやすく言うと、ブルゴーニュ風牛肉の煮込みですね。ジュリア・チャイルドの有名な料理本に載っていた、"Boeuf Bourguignon"のレシピをrelishmag.comが、野菜を増やして、脂肪分の少ない肉に代えてアレンジしたレシピになります。私はもう少しスープが欲しかったので、更にビーフキューブを増やして作りました。(8人分)

<ブッフ・ブルギニョン>

−材料−

   ・オリーブオイル−−−−−−−−−小1.5
   ・牛シチュー肉−−−−−−−−−−680g
   ・玉ねぎ(薄切り)−−−−−−−−2カップ
   ・人参(薄切り)−−−−−−−−−2カップ
   ・パプリカ(小口切り)−−−−−−1カップ
   ・トマトの缶詰(小口)−−−−−−400g
   ・ボタンマッシュルーム−−−−−−335g
   ・ビーフストック−−−−−−−−−400mL
   ・赤ワイン(辛口)−−−−−−−−1.5カップ
   ・にんにく(押しつぶす)−−−−−2かけ
   ・トマトペースト−−−−−−−−−大2
   ・ローリエの葉−−−−−−−−−−1枚
   ・タイムの葉(乾)−−−−−−−−小1/2
   ・コーシャーソルト−−−−−−−−小1/2
   ・黒胡椒−−−−−−−−−−−−−小1/4
   ・小麦粉−−−−−−−−−−−−−大3
   ・バター(室温)−−−−−−−−−大2
   ・パセリ(微塵)−−−−−−−−−適量

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*ダッチオーブンを中強火にかけオイルを熱する。
*シチュー肉を順に焼き色を付けたら皿に取り出す。
*野菜類を加えて時々混ぜながら、少し色づくまで約5分炒める。
*牛肉と皿に出た汁を鍋に戻して、トマトから黒胡椒までの材料を加える。
*蓋をして少し沸騰させたら、少し火を弱くして2時間煮てから、ローリエの葉を取り出す。
*この間に、小さいボウルで、小麦粉とバターを混ぜて、ペーストを作っておく。
*鍋から半カップの汁を取って、ペーストに混ぜ、滑らかになったら鍋に戻して混ぜる。
*肉の煮込みをボウルに入れて、好みでパセリを散らして出す。

LD logo medium


↑このページのトップヘ