世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

カテゴリ: 肉類のレシピ

ブログネタ
豚肉のレシピ に参加中!
ポークカツレツのパルミジャーナ

ポークカツレツのレシピです。パルミジャーナと言えば、元々はナスを使って、トマトソースとチーズを載せて焼く料理ですが、今回のように肉の薄切りを調理することも多いです。チーズも好みで、パルミジャーノのようなハードチーズだけの場合と、このレシピのように、ソフトなモッツァレラチーズを組み合わせる場合もあります。ニューヨークタイムズに載っていたレシピです。(4人分)

<ポークカツレツのパルミジャーナ>

−材料−

   ・豚肉の薄切り−−−−−−−−−−−8枚
   ・卵−−−−−−−−−−−−−−−−1個
   ・水−−−−−−−−−−−−−−−−大3
   ・クミンパウダー−−−−−−−−−−小1
   ・ローズマリー(微塵)−−−−−−−小2
   ・塩胡椒−−−−−−−−−−−−−−適量
   ・パン粉(生)−−−−−−−−−−−1.5カップ
   ・オリーブオイル−−−−−−−−−−大1
   ・にんにく(微塵)−−−−−−−−−大1
   ・玉ねぎ(微塵)−−−−−−−−−−大2
   ・缶詰トマト(つぶした物)−−−−−2カップ
   ・オレガノ−−−−−−−−−−−−−小1
   ・サラダ油−−−−−−−−−−−−−大4
   ・モッツァレラチーズ−−−−−−−−薄切り4枚
   ・パルミジャーノ(おろす)−−−−−大4

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*豚肉を肉たたきで6mmくらいの厚さに薄くする。
*ボウルに、卵から塩胡椒までの材料を混ぜておく。
*パン粉を平皿に入れておく。
*ポークカツレツを卵ミックスにつけてから、パン粉をまぶし、少し押し付けていく。
*ソースパンにオリーブオイルを熱し、にんにくと玉ねぎを入れて、約1分炒める。
*トマトとオレガノを加えて、塩胡椒で味付けする。
*沸騰させてから、5分ほど煮る。
*スキレットを中火で熱し、サラダ油の半量を入れて、豚肉が重ならないように、鍋に入るだけ入れる。
*3分ほどして色づいてきたら、ひっくり返して更に3分焼く。
*温めておいた皿に移し、油を足して、残りの薄切りを焼いていく。
*オーブンを200度(華氏400度)に温める。
*ポークを重ねなくても全て入る大きさのベーキング皿に並べ、底にトマトソースを少しのばしておく。
*豚肉の上にトマトソースをかけたら、モッツァレラチーズを載せて、残りのソースをかけていく。
*パルミジャーノを振りかけて、チーズが溶けるまで、約10分オーブンで焼く。

LD logo medium


ブログネタ
シチューのレシピ に参加中!
アイリッシュ・シチュー

パトリックデーのディナーと言えば、コーンビーフを真っ先に思い浮かべますが、かなり脂っぽいので、あまり好きではありません。それでも昔は、アイリッシュの血が入っている主人のために作っていたのですが、最近はサンドイッチに使う程度にしています。以前にも、ラム肉を使ったアイリッシュ風シチューを紹介していますが、また別のレシピを見つけたので、試してみました。以前はワインとトマトがベースになっていましたが、今回はスープストックを使ってます。チキンでも子牛でもビーフでも、お好みのものを使えるようになっています。このレシピは、ニューヨークタイムズに載っていたものです。(6〜8人分)

<アイリッシュ・シチュー>

−材料−

   ・ラム肩肉−−−−−−−−1350g
   ・塩胡椒−−−−−−−−−適量
   ・サラダ油−−−−−−−−大4
   ・玉ねぎ(くし形)−−−−−900g
   ・人参(ぶつ切り)−−−−−450g
   ・スープストック−−−−−4カップ
   ・タイムの茎−−−−−−−大1本
   ・男爵イモ−−−−−−−−1350g

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*ラム肉は角切りにして、十分塩胡椒をまぶしておく。
*ダッチオーブンを中強火で熱し、オイルを温め、肉を何回かに分けて入れ、全体に焼き色を付ける。
*一旦肉を取り出して、玉ねぎと人参を入れ、塩胡椒して、軽く色づくまで約5分炒める。
*オーブンを180度(華氏350度)に温めておく。
*ラム肉を鍋に戻し、スープを注ぎ、沸騰直前まで温める。
*じゃがいもの皮をむき、半分に切ってから厚切りにしておく。
*ライムの茎を入れ、芋を加え、塩胡椒をしたら、蓋をしてオーブンに入れる。
*オーブンで1時間焼いたら、上に浮いている脂を取り除いてから、ボウルに入れて出す。

LD logo medium


↑このページのトップヘ