世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

カテゴリ: 鶏肉のレシピ

ブログネタ
スープのレシピ に参加中!
チキンとワイルドライスのスープ

チキンとワイルドライスのスープレシピです。寒い冬に温まるスープです。ミネソタ州のレシピらしく、ワイルドライスもミネソタのものになっていました。この州の特産物で、公式穀物に指定されているとは知りませんでした。(8人分)

<チキンとワイルドライスのスープ>

−材料−

   ・無塩バター−−−−−−−−−−−−−30g
   ・鶏胸肉−−−−−−−−−−−−−−−450g
   ・マッシュルーム(薄切り)−−−−−−230g
   ・シャロット(薄切り)−−−−−−−−1/2カップ
   ・タイム(微塵)−−−−−−−−−−−大1
   ・ドライシェリー−−−−−−−−−−−1/4カップ
   ・小麦粉−−−−−−−−−−−−−−−大2
   ・チキンスープ−−−−−−−−−−−−6カップ
   ・ミネソタワイルドライス−−−−−−−1カップ
   ・人参(粗微塵)−−−−−−−−−−−1カップ
   ・セロリ(粗微塵)−−−−−−−−−−1カップ
   ・コーシャーソルト−−−−−−−−−−小1
   ・グリーンビーン(小口切り)−−−−−1カップ
   ・ヘビークリーム−−−−−−−−−−−1/4カップ
   ・黒胡椒−−−−−−−−−−−−−−−小3/4
   ・パルメザンチーズ(おろす)−−−−−1/2カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*ダッチオーブンを中強火で温め、バターを溶かす。
*鶏胸肉を入れて、時々ひっくり返しながら、両面に焼き色が付くまで、約8分炒める。
*鍋から取り出して5分ほど置いてから、食べやすい大きさに切る。
*マッシュルーム、シャロット、タイムを加えて、よく混ぜながら、少し色づくまで約7分炒める。
*シェリーを注いで、液体が半量になるまで1分ほど煮る。
*小麦粉とと1カップのチキンスープを混ぜたものを、シェリーソースに混ぜる。
*残り5カップのスープとワイルドライス、人参、セロリと塩を加える。
*蓋をして火を強くし、沸騰させる。
*火を少しだけ弱めて、野菜が軟らかくなるまで、約40分煮る。
*チキンとグリーンビーンを加えて、5分ほど煮たら、クリームと胡椒を入れる。
*ボウルにスープを注いだら、チーズを振りかけて出す。

LD logo medium





ブログネタ
鶏肉のレシピ に参加中!
チキン・フランセーズ

チキン・フランセーズのレシピです。"Francese"というのは、イタリア語でフレンチのことです。まあ、わかりやすく言うと、やっぱりイタリアン・アメリカンの料理ですね。パスタを添えて出すと、ソースを無駄なく使えます。レモンが利いておいしかったです。(4人分)

<チキン・フランセーズ>

−材料−

   ・卵−−−−−−−−−−−−2個
   ・全脂乳−−−−−−−−−−大2
   ・塩−−−−−−−−−−−−小1
   ・黒胡椒−−−−−−−−−−小1/2
   ・小麦粉−−−−−−−−−−1カップ
   ・オリーブオイル−−−−−−1/3カップ
   ・サラダ油−−−−−−−−−1/3カップ
   ・鶏胸肉(薄切り)−−−−−大4枚
   ・無塩バター−−−−−−−−45〜90g
   ・白ワイン(辛口)−−−−−1/2カップ
   ・レモンジュース−−−−−−1個分
   ・チキンスープ−−−−−−−2カップ
   ・パセリ(微塵)−−−−−−大3〜4

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*ボウルで卵、牛乳、塩胡椒を混ぜる。
*別のボウルに小麦粉を入れておく。
*ベーキングシートにペーパータオルを敷いておく。
*スキレットにオイル類を熱し、中火で温める。
*チキンに小麦粉をまぶし、余分な粉を払う。
*次に卵の混ぜ物に漬けたら、スキレットに入れて、黄金色になるまで、片面4分ずつ炒める。
*焼きあがったチキンはペーパータオルの上に置く。
*全ての鶏肉が焼けたら、鍋を火からおろして油をきれいにふき取って、再び弱火にかける。
*45gのバターとワインとレモンジュースを入れて沸騰させる。
*液体がトロっとするまで、3〜4分煮る。
*チキンスープを注いて再び沸騰させたら、ソースが濃くなるまで5分ほど煮る。
*塩胡椒、余分なレモンジュースで味付けする。
*火を弱めて、鶏肉を鍋に戻し、時々ひっくり返しながら、4分ほどソースを絡める。
*好みでレモンを飾り、パセリを散らしてソースをかけて出す。

LD logo medium



↑このページのトップヘ