世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

カテゴリ: 鶏肉のレシピ

ブログネタ
鶏肉のレシピ に参加中!
チキンのミラネーゼ・トマトサラダ添え

チキン・ミラネーゼのレシピです。ミラノ風チキンのカツレツですね。トマトのサラダ付きで、生モッツァレラチーズと和えるはずだったのですが、家にメキシカンの生チーズが残っていて、使い切ってしまいたかったので、ケソ・フレスコを使うことにしました。すると、中がジューシーになっているので、何か日本の白和えのような仕上がりになってしまいました。でもこのチーズ好きなんですよね。チーズ以外は、ニューヨークタイムズに載っていたレシピに沿っていて、おいしくできました。(4〜6人分)

<チキンのミラネーゼ・トマトサラダ添え>

−材料−

   ・鶏肉(薄切り)−−−−−−−−−−680g
   ・塩胡椒−−−−−−−−−−−−−−適量
   ・オリーブオイル−−−−−−−−−−2/3カップと大2
   ・バジルの葉−−−−−−−−−−−−2/3カップ
   ・にんにく(微塵)−−−−−−−−−大1かけ
   ・チェリートマト(半切り)−−−−−450g
   ・生モッツァレラ−−−−−−−−−−225g
   ・小麦粉−−−−−−−−−−−−−−1/2カップ
   ・卵−−−−−−−−−−−−−−−−大2個
   ・パン粉−−−−−−−−−−−−−−1と1/4カップ
   ・パルメザン(おろす)−−−−−−−1/4カップ
   ・無塩バター−−−−−−−−−−−−30g
   ・レモン(くし形)−−−−−−−−−適量

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*鶏肉に軽く塩胡椒をしておく。
*フードプロッセッサーで、2/3カップのオイルとバジル、ニンニク、塩少々をピューレにする。
*ボウルに、トマトと小口に切ったモッツァレラとバジルオイルの半量を入れて、塩で味付けておく。
*1つ目のバットに小麦粉を入れ、2つ目に卵を軽く混ぜて入れ、3つ目にパン粉とパルメザンを混ぜて入れる。
*大きいスキレットに、オイル大さじ2とバターを中火で温める。
*チキンに小麦粉をまぶしたら、卵に漬け、最後にパン粉をまぶして、ベーキング皿に並べる。
*オイルが熱くなったら、鶏肉をを少しずつ入れ、黄金色になるまで約3分炒める。
*ひっくり返して更に3分炒めたら、ペーパータオルの上に取り、すぐに塩を振っておく。
*トマトとチーズのサラダの味を見て、塩とバジルオイルで調整する。
*チキンカツレツを皿に載せ、レモンを少し絞ってかけ、残りのバジルオイルを垂らして、トマトサラダと一緒に出す。

LD logo medium





ブログネタ
鶏肉のレシピ に参加中!
チキンカツのアーモンドクラスト


チキンカツもいろいろ作ってきましたが、今日のレシピは、鶏の胸肉にアーモンドクラストをまぶしてベイクする方法になります。下味にはマスタードが入り、レモンとタイムで香りよく仕上がります。"America'sTest Kitchen"に載っていたレシピです。ナッツの種類はお好みで変えていただいて大丈夫です。(4人分)

<チキンカツのアーモンドクラスト>

−材料−

   ・鶏胸肉−−−−−−−−−−−−680g
   ・コーシャーソルト−−−−−−−適量
   ・アーモンド(粗微塵)−−−−−1カップ
   ・シャロット(微塵)−−−−−−中1個
   ・パン粉−−−−−−−−−−−−1カップ
   ・レモンピール−−−−−−−−−小2
   ・レモン(くし形)−−−−−−−1個
   ・タイムの葉(微塵)−−−−−−小1
   ・カイエンペッパー−−−−−−−小1/8
   ・卵−−−−−−−−−−−−−−大3個
   ・ディジョンマスタード−−−−−小2
   ・黒胡椒−−−−−−−−−−−−小1/4
   ・小麦粉−−−−−−−−−−−−1カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*オーブンを180度(華氏350度)に温めておく。
*鶏むね肉の分厚い部分は、フォークで数か所つついておく。
*ベーキングパンに並べて、塩小さじ半分を4枚の胸肉に振り、しばらく冷蔵しておく。
*フードプロセッサーにアーモンドを入れ、オン/オフを20回ほど繰り返して、粗い粒状にする。
*スキレットを中火で温め、バターを入れ、黄金色になるまで鍋を回して溶かす。
*シャロットと小さじ半分の塩を加えて、常に混ぜながら、2分ほど炒める。
*火を少し弱めて、パン粉と粒状のナッツを加え、よく混ぜながら、黄金色になるまで10〜12分炒める。
*これをバットに移して、レモンピールとタイムとカイエンペッパーを混ぜておく。
*別のバットに、卵を軽く混ぜ、マスタードと黒胡椒を入れておく。
*最後のバットに小麦粉を入れる。
*鶏肉の水気をペーパータオルで拭いたら、まず粉のバットに入れ、全体にまぶして余分な粉を払う。
*次に卵に漬け、最後にパン粉を押し付けるようにして全体にまぶす。
*これをベーキングパンに戻し、オーブンに入れて、20〜25分ほど焼く。
*取り出してから5分ほど置いて、レモンを添えて出す。

LD logo medium


↑このページのトップヘ