世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

カテゴリ: 鶏肉のレシピ

ブログネタ
シチューのレシピ に参加中!
鶏と海老とナッツのシチュー

鶏を1羽丸ごと使って、海老と、ナッツをたっぷり盛り込んだシチューのレシピです。鶏肉を分解したり、海老もそれぞれマリネしたりする準備時間もかかるので、余裕のあるときに作ってみるといいですね。ピーナッツとカシューナッツの挽き具合は、あまり粗くても困るし、かといってペースト状になってしまってもいけません。ターメリックが入るので、仕上がりはカレーシチューのような色合いになります。"The Brazilian Kitchen"に載っていたレシピです。(6〜8人分)

<鶏と海老とナッツのシチュー>

−材料−

   ・鶏−−−−−−−−−−−−−−−1羽
   ・にんにく(粗微塵)−−−−−−−3かけ
   ・ライムジュース−−−−−−−−−大3
   ・海老(中)−−−−−−−−−−−225g
   ・パーム油−−−−−−−−−−−−大4
   ・コーシャーソルト−−−−−−−−適量
   ・黒胡椒−−−−−−−−−−−−−適量
   ・ピーナッツ(無塩)−−−−−−−1/2カップ
   ・カシューナッツ(無塩)−−−−−1/2カップ
   ・オリーブオイル−−−−−−−−−大4
   ・玉ねぎ(微塵)−−−−−−−−−中1個
   ・ねぎ(微塵)−−−−−−−−−−2本
   ・プラムトマト(角切り)−−−−−4個
   ・トマトペースト−−−−−−−−−大1
   ・ココナッツミルク−−−−−−−−1.5カップ
   ・チキンストック−−−−−−−−−1.5カップ
   ・ターメリック−−−−−−−−−−小1/4
   ・パプリカ−−−−−−−−−−−−小1/8
   ・パセリ(微塵)−−−−−−−−−1/2カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*鶏肉を皮付きのまま、適当な大きさに分解してボウルに入れる。
*にんにくとライムジュースを加えて、チキンの表面にくまなくまぶす。
*カバーをかけて15〜30分室温でマリネする。
*海老の皮をむき、背ワタを取ってボウルに入れる。
*大さじ2杯のパーム油を加えてカバーをかけ、室温で15分マリネする。
*この間に、フードプロセッサーでナッツ類をよく微塵にしておく。
*チキンを取り出して表面をペーパータオルで拭き、塩胡椒を全面に振っておく。
*大きいソテーパンで大さじ2杯のオリーブオイルを熱し、中火で鶏を炒める。
*鶏肉が軽く色づくまで、片面3分ずつ炒めたら、皿に取り出しカバーをかけておき、次の鶏を炒める。
*チキンを全て炒め終わったら、残り大さじ2杯のオリーブオイルを入れて、玉ねぎとねぎを炒める。
*時々鍋底から混ぜて、玉ねぎが軟らかくなるまで約2分炒める。
*トマトとトマトペーストに、粉砕したナッツ類を加えて、約1分よく混ぜる。
*ココナッツミルク、チキンストック、スパイス類を加えて、煮立つ寸前まで温める。
*弱火にして、温めておいたチキンピースを、更にたまった汁とともに鍋に加える。
*蓋をして、鶏肉が軟らかくしっとりするまで、25〜30分煮る。
*この間に、海老をマリネから出して表面を拭き、両面に塩胡椒しておく。
*別のスキレットで残りのパーム油を熱し、海老を片面1分ずつ軽く炒める。
*これをチキンシチューの鍋に加えて蓋をし、数分煮る。
*シチューの濃度を見て、チキンストックで調整し、塩胡椒で味を仕上げる。
*ボウルに入れて、パセリを振りかけて出す。

LD logo medium


ブログネタ
鶏肉レシピ に参加中!
チキンフリカッセ・アップル添え

チキンフリカッセのレシピです。以前に手早くできるバージョンで、チキンフリカッセ・クイックという名前のレシピを載せました。その時のクリームソースはサワークリームを使っていましたが、今回は生クリームで、ややリッチなソース。そこに酸味の効いた、ふじ系の林檎のソテーを添えて、絶妙の甘酸っぱい風味を出しています。"Cook's Country"に載っていたレシピです。(4人分)

<チキンフリカッセ・アップル添え>

−材料−

   ・鶏胸肉−−−−−−−−−−800g
   ・塩胡椒−−−−−−−−−−適量
   ・小麦粉−−−−−−−−−−1/4カップ
   ・無塩バター−−−−−−−−45g
   ・りんご−−−−−−−−−−2個
   ・玉ねぎ(微塵)−−−−−−1個
   ・タイム(微塵)−−−−−−小2
   ・アップルサイダー−−−−−1/2カップ
   ・チキンスープ−−−−−−−1/2カップ
   ・ヘビークリーム−−−−−−1/2カップ
   ・サイダービネガー−−−−−小2
   ・チャイブ(微塵)−−−−−大1

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*鶏胸肉の水気をペーパータオルで取ったら、塩胡椒しておく。
*浅いバットに小麦粉を入れて、チキンにまぶし、余分な粉を払って皿に移しておく。
*リンゴはそれぞれ4等分したら芯を取って、更に各4等分する。(皮はそのまま)
*ノンスティックのスキレットを中火で熱してバター30gを溶かす。
*リンゴに塩胡椒して、切った面を下にして入れ、片面約5分ずつ炒めたら、別の皿に移しておく。
*空になったスキレットに残りのバターを溶かし、鶏肉を入れて、軽く色づくまで片面約2分ずつ炒めて、皿に取り出す。
*鍋に玉ねぎ、タイムを入れ、塩・胡椒各小さじ1杯をを振りかけ、中火で玉ねぎが軟らかく色づくまで、5〜7分炒める。
*アップルサイダーとチキンスープを注いで沸騰させたら、チキンを鍋に戻す。
*火を少し弱めて蓋をし、8〜12分ほど煮る。
*鶏肉を皿に移してホイルをかぶせておく。
*ヘビークリームと林檎をスキレットに入れ、中強火にして沸騰させる。
*ソースが少し濃くなるまで約2分煮詰めたら、サイダービネガーと鶏肉の皿にたまった汁を加える。
*塩胡椒で味を調整して、チキンの上にかけ、最後にチャイブを上から散らして出す。

LD logo medium


↑このページのトップヘ