世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

カテゴリ: 鶏肉のレシピ

ブログネタ
ターキーのレシピ に参加中!
ターキーレッグのフライ

サンクスギビングのターキーは丸ごと焼くと大きすぎて、小家族には不向きなことが多いです。過去に胸肉だけを焼いたり、胸肉に詰め物をして焼いたことも何度かありますが、今回は足に限定することにしました。これなら、感謝祭後に大量の残り肉と格闘しなくても大丈夫です♪ 調理法も、従来のようにオーブンで焼くのではなく、揚げるので、大きい中華鍋かダッチオーブンを使うといいと思います。七面鳥のドラムスティックは1個が大きいので、油跳ねには十分注意してくださいね。"food network" というサイトに載っていたレシピです。(4人分)

<ターキーレッグのフライ>

−材料−

・バターミルク−−−−−−−−−−−4カップ
・パプリカ−−−−−−−−−−−−−大2
・ガーリックパウダー−−−−−−−−大2
・オニオンパウダー−−−−−−−−−大2
・カイエンペッパー−−−−−−−−−小2
・塩胡椒−−−−−−−−−−−−−−適量
・ターキードラムスティック−−−−−約2kg
・揚げ油−−−−−−−−−−−−−−適量
・小麦粉−−−−−−−−−−−−−−2カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*大きいボウルかジップロックに、バターミルクと各大さじ1のパプリカ、ガーリックとオニオンパウダー、小さじ1のカイエンに、塩大さじ1と胡椒大さじ1/2杯を混ぜる。
*ターキーレッグを入れて、最低2時間から最高一晩まで冷蔵する。
*大きい鍋に揚げ油を入れて、185度(華氏360度)まで熱しておく。
*オーブンを200度(華氏400度)に温めて、淵のあるベーキング皿にペーパータオルを敷いて、上に網を置いておく。
*食品用の買い物袋に、小麦粉と残りのスパイス類と、塩胡椒各1/2を混ぜる。
*マリネしておいた七面鳥の足を取り出し、粉の袋に入れて振り、全体にまぶす。
*取り出して余分な粉を払ったら、鍋の大きさに合わせて、ターキーを分けて入れる。
*時々混ぜながら濃く色づき、身の温度が165度(華氏347度)になるまで、約16分揚げる。
*用意しておいたベーキング皿の網の上にドラムスティックを載せてオーブンに入れ、残りのターキーを揚げる間、温めておく。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
スープのレシピ に参加中!
チキンとブラックビーンのスープ

テクス・メクス・スタイルのチキンとブラックビーンのスープレシピです。コートのいる季節になったので、温かいスープは食をそそります。鶏肉は冷凍物を常備しているし、ブラックビーンやトマトは缶詰を使うし、コーンも新鮮なものがなくても冷凍で十分なので、後はパプリカを買ってくると材料がそろいました。アドボソースに漬かったチポートレ・ペッパーは、缶詰を開けた後は冷凍しておくと、いつでも使えて便利です。元レシピでは、スロークッカーで調理するようになっていたのですが、私はガスコンロでゆっくり煮ました。(5人分)

<チキンとブラックビーンのスープ>

−材料−

・鶏肉−−−−−−−−−−−−−−−−−565g
・チキンスープ−−−−−−−−−−−−−4カップ
・ブラックビーンの缶詰(無塩)−−−−−420g
・トマトの角切り缶詰(無塩)−−−−−−430g
・玉ねぎ(粗微塵)−−−−−−−−−−−1カップ
・赤かオレンジのパプリカ(粗微塵)−−−1カップ
・とうもろこしの身(冷凍可)−−−−−−1カップ
・チポートレペッパーの缶詰(粗微塵)−−大2
・にんにく(微塵)−−−−−−−−−−−大2
・チリパウダー−−−−−−−−−−−−−小2
・クミンパウダー−−−−−−−−−−−−小2
・コーシャソルト−−−−−−−−−−−−小3/4
・黒胡椒−−−−−−−−−−−−−−−−小1/4
・ライムジュース−−−−−−−−−−−−大2
・ヨーグルト(プレーン)−−−−−−−−半カップ
・パセリ(微塵)−−−−−−−−−−−−半カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*大きいソースパンに、鶏肉から黒胡椒までの材料を入れて蓋をし、弱火で1時間ほど煮る。
*チキンを取り出して、食べやすい大きさに切ったら鍋に戻し、ライムジュースを加える。
*スープボウルに取り分けて、ヨーグルトを落とし、パセリを散らして出す。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
鶏肉レシピ に参加中!
チョコレート・フライドチキン

フライドチキンのレシピなのですが・・・・・。チョコレートミルクでマリネした後、衣にもココアパウダーを使うという、チョコレートラバー用のフライドチキンです。とても軟らかく仕上がりました。このレシピは、popsugarfood.com に載っていたレシピです。普通のフライドチキンに飽きたら、作ってみてください♪(4〜5人分)

<チョコレート・フライドチキン>

−材料−

(チョコレート・バターミルク液)

・バターミルク−−−−−−−4カップ
・ココアパウダー−−−−−−大2
・塩−−−−−−−−−−−−小1
・胡椒−−−−−−−−−−−小1
・カイエンペッパー−−−−−小1
・にんにく(微塵)−−−−−小1

・鶏のささ身−−−−−−−−12〜15枚

(衣)

・小麦粉−−−−−−−−−−1カップ
・コーンスターチ−−−−−−1/2カップ
・ココアパウダー−−−−−−1/2カップ
・塩−−−−−−−−−−−−小1/2
・胡椒−−−−−−−−−−−小1/2
・シナモン−−−−−−−−−小1/4
・ナツメグ−−−−−−−−−小1/4
・カイエンペッパー−−−−−小1/4

(つけ汁)

・はちみつ−−−−−−−−−1/4カップ
・タバスコソース−−−−−−小1

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*大きいボウルに、バターミルク液の材料をすべて入れ、鶏肉を加えて沈める。
*カバーをかけて、最低12時間から最高48時間冷蔵する。
*別のボウルに、衣の材料を全て入れて混ぜておく。
*ささみをマリネ液から取り出して、衣をまぶしたら、余分な粉を振るう。
*ダッチオーブンに揚げ油を入れて熱し、チキンを少しずつ加えて、時々返しながら、6〜7分揚げる。
*揚がったら、ペーパータオルの上に取り、残りの鶏肉を順に揚げていく。
*温かいフライドチキンを、つけ汁と一緒に出す。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ