世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

カテゴリ: ベジタリアンのレシピ

ブログネタ
サラダのレシピ に参加中!
白菜のクランチースロー

コールスローは、その都度違うレシピで、これまでに何回も作ってきましたが、今回は知人宅で出された、歯ごたえ抜群の白菜を使ったスローのレシピになります。材料さえわかれば、作り方というほどのものもありません。大人数のパーティーサラダとして最適です。

<白菜のクランチースロー>

−材料−

(サラダ)
   ・アーモンド(細切り)−−−−−2/3カップ
   ・白菜(千切り)−−−−−−−−8カップ
   ・絹さや(細切り)−−−−−−−350g
   ・赤パプリカ(細切り)−−−−−1と1/3カップ
   ・ねぎ(細切り)−−−−−−−−1と1/3カップ
   ・パセリ(微塵)−−−−−−−−1/3カップ

(ドレッシング)
   ・白ワインビネガー−−−−−−−大3
   ・砂糖−−−−−−−−−−−−−大3
   ・醤油−−−−−−−−−−−−−大1
   ・にんにく(おろす)−−−−−−2〜3かけ
   ・ごま油−−−−−−−−−−−−小1/2
   ・生姜パウダー−−−−−−−−−小1/2
   ・カイエンペッパー−−−−−−−小1/4
   ・マヨネーズ−−−−−−−−−−1カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*小さいボウルにワイン酢と砂糖を入れ、よく溶かしておく。
*ドレッシングの残りの材料を入れて、置いておく。
*サラダ野菜を全て切ったら、アーモンドと一緒にして、ドレッシングを絡めて出す。

LD logo medium



ブログネタ
野菜料理 に参加中!
インゲン豆のトマトサルサ和え

インゲン豆を炒めて、トマトやサルサで和えるレシピです。より手早く調理するために、このレシピでは、袋ごと電子レンジに入れて蒸してしまうグリーンビーンズを使っています。もちろん生を買ってきてもできます。炒めるときに焦げ目をつける方が美味しいと思われたら、鍋の中であまり豆を動かさないことです。(4人分)

<インゲン豆のトマトサルサ和え>

−材料−

   ・インゲン豆−−−−−−−−−345g
   ・オリーブオイル−−−−−−−大1と小2
   ・トマト(小口切り)−−−−−3/4カップ
   ・サルサ−−−−−−−−−−−1/4カップ
   ・ライムジュース−−−−−−−大1
   ・蜂蜜−−−−−−−−−−−−小1
   ・コーシャーソルト−−−−−−小1/4
   ・パンプキンシード−−−−−−1/4カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*レンジ調理用の袋に入ったインゲン豆を約2分レンジにかけたら、水気をふき取っておく。
*スキレットを強火で温め、オリーブオイル小2を入れて、インゲン豆を加える。
*少し焦げ目がつくように、豆をあまり動かさないようにして、4,5分炒めたら火からおろす。
*トマトから塩までの材料と、オイル大1を加えて混ぜ、塩味のカボチャの種を散らして出す。

LD logo medium



↑このページのトップヘ