世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

カテゴリ: パンのレシピ

ブログネタ
パンの料理 に参加中!
ブレッドプディング・ディナー版

「ブレッドプディング」というのはデザートだけではありません。大人数のディナーパーティーのときに、パスタやパンの代わりになるディッシュとして出すこともできます。日本では「パンプディング」ともよんでいるようですね。フランスパン1本分に、玉ねぎの甘味が出てくるまでじっくり炒めたものやルッコラの緑も入って、ボリュームたっぷりの一品が仕上がります。家庭用には、レシピの半量で充分かと思います。relish.comに載っていたものを試してみました。(12人分)

<ブレッドプディング・ディナー版>


−材料−

   ・フランスパンーーーーーーー450g
   ・トマトーーーーーーーーーー900g
   ・バジルーーーーーーーーーー1/2カップ
   ・にんにく(微塵)ーーーーーー1かけ
   ・塩ーーーーーーーーーーーー小1/2
   ・黒胡椒ーーーーーーーーーー小1/2
   ・サラダ油ーーーーーーーーー適量
   ・玉ねぎ(薄切り)ーーーーーー680g
   ・ルッコラの葉ーーーーーーー1カップ
   ・卵ーーーーーーーーーーーー3個
   ・牛乳ーーーーーーーーーーー2カップ
   ・パルメザンチーズーーーーー1/2カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240ml(240cc)となっています。)

−作り方−


*厚手のスキレットを温め、油を熱して、玉ねぎを焦げないように亜麻茶色になるまでゆっくり炒めておく。
*オーブンを180℃(華氏350度)に温めておく。
*32cmx22cmくらいのベーキング皿に、2cm角くらいに切ったフランスパンを入れておく。
*フードプロセッサーに、4つ切りにして種を取ったトマトと、バジル、にんにく、塩胡椒を入れて粗く切れるまで回す。
*これをベーキング皿に加えて、用意した玉ねぎの炒め物とルッコラの葉を混ぜる。
*別のボウルで、卵と牛乳を混ぜて、ベーキング皿に注ぎ、20分ほど置く。
*オーブンに入れて40分焼く。
*取り出して、おろしたパルメザンチーズを振りかけてからまたオーブンに入れ、更に10分焼く。
*15分ほど休ませてから出す。

おいしく作れますように!

ブログネタ
朝食のレシピ に参加中!
フレンチトースト・キャセロール(皿)

フレンチトーストは何度も作っていますが、今回は、牛乳の代わりにチョコレートミルクを使ってみました。クリスマスの朝は、まずプレゼントオープニングで始まるので、一晩種を寝かせておけるキャセロールタイプのフレンチトーストレシピにしました。そうすると朝起きてオーブンを温め、プレゼントを開けている間に朝食が出来上がっているという段取りになるので。四角に切って出すとフレンチトーストっぽくなりますが、キャセロールに仕込む時は、ブレッドプディングのような感じです。というのもフレンチブレッドを角切りにして漬け込んでいるためです。ミルクの代わりにチョコレート牛乳を使うのどうなるのかちょっと不安でしたが、結構おいしかったです。時にはいつもと違う朝食をお楽しみください。(8人分)

フレンチトースト・キャセロール

<フレンチトースト・キャセロール>

-材料-

   ・フランスパン(角切り)ーーーーー8~10カップ
   ・卵ーーーーーーーーーーーーーーー大8個
   ・(チョコレート)ミルクーーーーー3カップ
   ・砂糖ーーーーーーーーーーーーーー大5
   ・バニラエッセンスーーーーーーーー小2
   ・塩ーーーーーーーーーーーーーーー小3/4
   ・バターーーーーーーーーーーーーー大2
   ・シナモン(粉)ーーーーーーーーー小3/4
   ・粉糖ーーーーーーーーーーーーーー適量
   ・メープルシロップーーーーーーーー適量

(注意:アメリカの1カップの容量は、240ml(240cc)となっています。)

-作り方-


(前日)
*32cmx22cmくらいのベーキング皿にオイルスプレーを振っておく。
*フランスパンの角切りを並べる。
*ボウルで卵とミルクと砂糖大さじ4と塩を混ぜる。
*カバーをかけて一晩冷蔵する。
(当日)
*オーブンに入れる20分前に冷蔵庫から取り出しておく。
*オープンを180℃(華氏350度)に温めておく。
*バターを小さく切り、キャセロールに散らす。
*砂糖大さじ1とシナモンを混ぜて、上から振りかける。
*オーブンで約45分焼く。
(取り出してから少しして、ホイルをかけておけば数時間は温かい。)
*好みで粉糖やメープルシロップをかけて食べる。

おいしく作れますように!

↑このページのトップヘ