世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

カテゴリ: 卵料理のレシピ

ブログネタ
卵レシピ に参加中!
セントパトリックのデビルドエッグ

セントパトリックスデーの祝日に食べたいオードブルを作りました。デビルドエッグはこれまでにも、ハロウィン用にも作ったし、レモンケッパーを使ったレシピチポートレイを使ったレシピも紹介しました。今回使ったレシピは本来クリスマス用に、赤パプリカをアクセントに使ったものだったのですが、時節柄、みどりの日にちなんで、中央トップにはクローバーのコンフェッティを飾り、盛り皿の真ん中には、ウズラの卵を金の卵に仕立てて添えました。(12個分)

<セントパトリックのデビルドエッグ>

−材料−

   ・卵−−−−−−−−−−大6個
   ・アボカド−−−−−−−小1個
   ・マヨネーズ−−−−−−大3
   ・マスタード−−−−−−小2
   ・レリッシュ−−−−−−大1
   ・塩コショウ−−−−−−適量
   ・クローバー−−−−−−12個
  (・ウズラの卵−−−−−−6個)
  (・金色パウダー−−−−−適量)

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*卵を固ゆでにしたら、皮をむいて半分に切り、黄身を取り出してボウルに入れる。
*アボカドを適当な大きさに切って加え、マヨネーズから塩胡椒までの材料を入れて、滑らかになるまで混ぜる。
*塩胡椒で味を調整したら、大きい星型の口金を付けた絞り出し袋に入れて、白身の穴の中に絞り出す。
*上にクローバーの形をしたコンフェッティを飾る。
(好みで、ゆでたウズラの卵に金色の粉をまぶして、盛り皿に飾る。)

LD logo medium



このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
卵レシピ に参加中!
BBQ エッグ完成

バーベキュー・エッグと聞くと、なんだか卵焼きにソースがかかっていそうなイメージですが、これは卵のピクルスのレシピになります。ゆで卵を用意してから、お酢がたくさん入ったマリネ液に1週間漬けて作ります。お酢味の利いたゆで卵といった感じです。そのまま食べるのもよし、ラーメンに入れてもよし。ニューヨークタイムズに載っていたレシピです。元レシピは1ダース分ですが、そんなにたくさん食べられないので、私は半分の量で作りました。(12個分)

<バーベキュー・エッグ>

−材料−

   ・ホワイトビネガー−−−−−4カップ
   ・水−−−−−−−−−−−−半カップ
   ・有塩バター−−−−−−−−230g
   ・ラード−−−−−−−−−−230g
   ・塩−−−−−−−−−−−−大2
   ・カイエンペッパー−−−−−大2
   ・黒胡椒−−−−−−−−−−大2
   ・マスタード−−−−−−−−大1
   ・ケチャップ−−−−−−−−大1
   ・ゆで卵−−−−−−−−−−大12個

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*卵以外の材料を全て深い鍋に入れて沸騰させ、バターとラードと塩が溶けるまで、中強火で約10分煮る。
*火を弱めて、液体がよくなじむまで約15分煮る。
*用意したゆで卵を、大きめの容器に殻を取って入れ、マリネ液を注ぐ。

BBQ エッグのマリネ

*蓋をして1週間冷蔵する。

BBQ エッグ1週間後

*上に固まった脂肪分を砕いて捨てる。

BBQ エッグ掘り起し

*中の卵をすくって出す。

LD logo medium



このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ