世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

カテゴリ: 卵料理のレシピ

ハロウィンのデビルドエッグ


デビルドエッグはこれまでに、チポートレイのレシピレモンケッパーのレシピスリラッチャのレシピと紹介してきていますが、今回は卵そのものはオーソドックスな作り方で、少し飾りを工夫したものを作ることにしました。ハロウィンのアイデア画像から見つけたものを試してみました。(24個分)

<ハロウィンのデビルドエッグ>

―材料―

   ・固ゆで卵−−−−−−−−−−大12個
   ・ディジョンマスタード−−−−小2
   ・ピクルレリッシュ−−−−−−小2
   ・タバスコソース−−−−−−−2〜4滴
   ・塩―−−−−−−−−−−−−適量
   ・黒胡椒−−−−−−−−−−−小1/2
   ・タラゴン(微塵)−−−−−−小2
   ・チャイブ(微塵)−−−−−−大2
   ・マヨネーズ−−−−−−−−−大6
   ・黒オリーブ−−−−−−−−−適量
   ・ケッパー−−−−−−−−−−12粒
   ・赤ジェル−−−−−−−−−−適量

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

―作り方―


*卵を半分に切り、黄身を取り出す。
*黄身をマッシュにして、マスタードからマヨネーズまでの材料と混ぜ合わせる。
*これを白身の穴に絞り出していく。
*卵の半分は、黒オリーブでクモの形を作り、半分は薄切りオリーブとケッパーと赤ジェルで目玉を装う。

LD logo medium


ブログネタ
前菜のレシピ に参加中!
デビルドエッグ・レモンケッパー


デビルドエッグのレシピは以前に極辛の「デビルドエッグ・チポートレイ」を紹介しました。今日は誰でも抵抗なく食べられるマイルドな味のデビルドエッグレシピです。PPCマーケット便りに載っていたレシピにちょっと手を加えたものです。手で取って食べやすいこともあるので、パーティー・オードブルの定番の一つでもあります。(1ダース分)

<デビルドエッグ・レモンケッパー>


―材料―

   ・固ゆで卵−−−−−−−−−−−−6個
   ・クリームチーズ(室温)−−−−−大6
   ・マヨネーズ―−−−−−−−−−−大1
   ・レモンジュース−−−−−−−−−大1
   ・レモンピール−−−−−−−−−−小1
   ・塩胡椒−−−−−−−−−−−−−適量
   ・ケッパー(微塵)−−−−−−−−小2
   ・タラゴン(微塵)−−−−−−−−小1

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

―作り方―

*ゆで卵を縦に半分に切り、黄身を取り出す。
*黄身から塩コショウまでを混ぜ合わせて、刻んだケッパーとタラゴンを加える。
*これを均等に白身の穴に入れていく。
*ケッパーとタラゴンが余分にあれば、トッピングにする。

おいしく作れますように!

↑このページのトップヘ