世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

カテゴリ: メキシカンのレシピ

ブログネタ
ターキーのレシピ に参加中!
ターキーのエンチラーダ

ターキーの残りはどうされていますか?最近は胸肉だけを焼くことが多いので、以前ほど来る日も来る日も七面鳥肉と取り組むということはなくなりましたが、それでもある程度はバラエティーを考えないと飽きてくるので、今回はメキシカンレシピで、エンチラーダとして食べることにしました。"Cook's Country"に載っていたレシピです。(4〜6人分)

<ターキーのエンチラーダ>

―材料―

   ・サラダ油−−−−−−−−−−−−大1
   ・玉ねぎ(薄切り)−−−−−−−−1個
   ・にんにく(微塵)−−−−−−−−3かけ
   ・タコスシーズニング−−−−−−−大1
   ・ターキー肉の残り−−−−−−−−2カップ
   ・トウモロコシ(冷凍)−−−−−−半カップ
   ・グリーンエンチラーダソース−−−450g
   ・コーントルティア−−−−−−−−12枚
   ・ペパージャックチーズ−−−−−−2カップ
   ・サワークリーム−−−−−−−−−半カップ
   ・パセリ(微塵)−−−−−−−1/3カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

―作り方―


*オーブンを170度(華氏325度)に温めておく。
*チーズは細切りにしておく。
*大きいスキレットを中火で温めオイルを熱し、玉ねぎが色づくまで約8分炒める。
*にんにくとタコスシーズニングを加えて、香りが出るまで約30秒炒める。
*火からおろして、小さく切ったターキーとコーン、3/4カップのエンチラーダソースを混ぜる。
*トルティアの両面にオイルスプレーを振りかけ、淵のあるベーキングシートに並べる。
*トルティアが温まって扱いやすくなるまで2分ほどオーブンに入れる。
*取り出したら、1枚に1/4カップほどのフィリングを載せて、大さじ1のチーズを散らす。
*これを丸めて、つなぎ目を下にしてベーキング皿に並べ、残りも同様にする。
*オーブンに入れて焼く10分焼く。
*この間にボウルにサワークリームと残りのエンチラーダソースを混ぜる。
*オーブンから出したら、ソースを全体にかけて、残りのチーズを散らして戻す。
*チーズが溶けるまで更に10分焼いたら取り出して、パセリを散らして出す。

LD logo medium


ブログネタ
メキシカンレシピ に参加中!
チキン・ファヒータ


ファヒータのレシピです。ソフト・トルティアに、味付けして炒めたお肉や野菜を置いて、巻いて食べるメキシコのお料理です。中に入れる具は好みで、どんな肉でも、またベジタリアンの方なら、野菜だけでもよく、いろいろ応用が利きます。パプリカも好みの色を使ってください。豆は本当は小さめの豆がいいのですが、家にイタリアのルピ二という豆が残っていたので、使いました。好みで最後にライムジュースを絞ってかけてもいいですね。(4人分)

<チキン・ファヒータ>

―材料―

   ・オリーブオイル−−−−−−−−−小2
   ・赤玉ねぎ(薄切り)−−−−−−−1カップ
   ・パプリカ(橙か黄)−−−−−−−1カップ
   ・とうころこしの実−−−−−−−1/2カップ
   ・塩−−−−−−−−−−−−−−−小1/2
   ・黒胡椒−−−−−−−−−−−−−小1/2
   ・豆(缶詰)−−−−−−−−−−−1カップ
   ・トマト(粗微塵)−−−−−−−3/4カップ
   ・チキンスープ−−−−−−−−−1/2カップ
   ・ライムジュース−−−−−−−−−大1.5
   ・鶏胸肉(細切り)−−−−−−−−115g
   ・モッツァレラ(細切り)−−−−−1カップ
   ・トルティア−−−−−−−−−−−中8枚
   ・サワークリーム−−−−−−−−−小8
   ・アボカド(薄切り)−−−−−−−半個

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

―作り方―

*オーブンのグリルの火をつけておく。
(トルティアをホイルに包んで、グリルの火から遠い所に入れて、温めておく。)
*オーブンに入れてもよいスキレットを中強火で温め、オイルを入れる。
*玉ねぎから塩胡椒までの材料を入れて、3分炒める。
*豆からライムジュースまでの材料を加えて2分煮る。
*この上に鶏肉を載せ、チーズを満遍なく振りかける。
*鍋をオーブンに入れ、チーズが溶けるまで3分ほど焼く。
*温めておいたトルティアの上に、具を置き、小さじ1杯のサワークリームとアボカドを載せて出す。

LD logo medium


↑このページのトップヘ