世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

カテゴリ: 中華料理のレシピ

ブログネタ
中華料理のレシピ に参加中!
ホタテと絹さやのオイスターソース炒め

ホタテと絹さやのオイスターソースで絡めたレシピです。以前に、ホタテ貝と絹さやのスパイシーな炒め物を紹介したことがありますが、今回はオイスターソースを使うので、甘めの仕上がりになります。アクセントに辛味が欲しい方は、仕上げにチリオイルを垂らしてください。シアトルタイムズに載っていたレシピで作りました。

<ホタテと絹さやのオイスターソース炒め>

−材料−

・グレープシードオイル−−−−−大1
・生姜−−−−−−−−−−−−−1片
・ホタテ−−−−−−−−−−−−中10個
・ドライシェリー−−−−−−−−大1
・絹さや−−−−−−−−−−−−100g
・オイスターソース−−−−−−−大1
・醤油(ライト)−−−−−−−−大1
・ごま油(トースト)−−−−−−小1

−作り方−

*生姜は、皮をむいておろしておく。
*中華鍋を強火で熱し、煙が出始めたらオイルを入れ、生姜を加えて数秒炒める。
*ホタテを入れて、手早く焼き色を付けたらひっくり返して炒める。
*ドライシェリーを入れ、絹さやを加えて、5秒ほど炒める。
*鍋肌に水を少し落として蒸気を上げ、オイスターソースと醤油を加えて絡める。
*ごま油を入れたら、盛り皿に取り、好みでチリオイルを垂らしてもよい。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
中華料理のレシピ に参加中!
豆腐とカシューナッツの炒め物・スナップエンドウ付き

豆腐の中華炒めのレシピになります。木綿豆腐の水気を切って、カシューナッツと一緒に、ココナッツミルク仕立てのソースで炒め、あっさりと炒めたスナップエンドウと一緒に皿に盛って出します。ニューヨークタイムズに載っていたレシピです。(4人分)

<豆腐とカシューナッツの炒め物・スナップエンドウ付き>

−材料−

・木綿豆腐−−−−−−−−−−−−−−400g
・サラダ油−−−−−−−−−−−−−−大3
・塩胡椒−−−−−−−−−−−−−−−適量
・スナップエンドウ−−−−−−−−−−350g
・生姜(おろす)−−−−−−−−−−−大2
・にんにく(おろす)−−−−−−−−−2かけ
・ココナッツミルク(無糖)−−−−−−365mL
・醤油−−−−−−−−−−−−−−−−大1
・モラッセズ−−−−−−−−−−−−−小2
・カシューナッツ(トースト)−−−−−1/2カップ
・米酢−−−−−−−−−−−−−−−−大1
・ねぎ(薄切り)−−−−−−−−−−−4本
・ミントの葉−−−−−−−−−−−−−1/4カップ
・レッドペッパーフレーク−−−−−−−小1/2〜1

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*豆腐を水平に半分に切り、ペーパータオルに包んで余分な水分を抜いておく。
*スキレットに油大さじ1杯を中強火で熱して、豆腐の両面に塩胡椒して、両面に焼き色が付くまで、合計8分ほど炒めたら皿に取る。
*鍋に大さじ1杯の油を足して、筋を取ったスナップエンドウを入れ、時々混ぜながら約3分炒めて塩をしたら、ボウルに取る。
*残りの油を鍋に入れて、生姜とにんにくを加え、香りが出るまで30秒ほど炒める。
*ココナッツミルクを注いで、醤油とモラッセズを入れて、よく混ぜながら、ソースが濃い茶色になるまで、6〜8分煮る。
*カシューナッツを加えたら、豆腐を食べやすい大きさに砕いて、ソースをよく絡ませる。
*火からおろして、必要であれば、調味料で味を調整する。
*スナップエンドウに、米酢、ミント、レッドペッパーフレークを混ぜて皿に盛り、豆腐とカシューの炒め物を並べて出す。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
中華料理のレシピ に参加中!
海老とインゲン豆の炒め物

海老に下味を付けてマリネしておき、インゲン豆と一緒に炒めていく中華料理のレシピです。香りを出して炒めておいたにんにくとシャロットを散らして出します。下準備をしておけば、ササっとできる料理です。ピーナッツは好みで、入れても入れなくても大丈夫です。美味しくできたと思います。ニューヨークタイムズに載っていたレシピで作りました。(4人分)

<海老とインゲン豆の炒め物>

−材料−

   ・醤油(減塩)−−−−−−−−−−大1
   ・グラニュー糖−−−−−−−−−−小1
   ・レッドペッパフレーク−−−−−−小1
   ・クミンパウダー−−−−−−−−−小3/4
   ・海老−−−−−−−−−−−−−−450g
   ・塩胡椒−−−−−−−−−−−−−適量
   ・カノーラ油−−−−−−−−−−−大6
   ・シャロット−−−−−−−−−−−大1個
   ・にんにく(薄切り)−−−−−−−4かけ
   ・シナモンスティック−−−−−−−1本
   ・インゲン豆−−−−−−−−−−−280g
   ・ピーナッツ(有塩ロースト)−−−1/4カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*海老の皮をむき、背ワタを取り、インゲン豆の筋を取って、2〜3cmに切り、ピーナッツは粗微塵にしておく。
*ボウルに、醤油からクミンまでの材料を混ぜたら、海老を加えて塩胡椒しておく。
*ガラスのボウルにストレーナーをかざしたものを、ガスコンロの横に置いておく。
*大きいスキレットに中強火で油を温め、半分に切って薄切りにしたシャロットとにんにくとシナモンを入れる。
*火を中火にして時々混ぜながら、黄金色になるまで5〜9分炒める。
*これを用意したストレーナーに取り、シナモンスティックを除いて、にんにくとシャロットに少し塩をして置いておく。
*ボウルに落ちた油を鍋に戻して、中強火で温め、インゲンを入れて塩を加え、2〜3分炒める。
*豆を片方に押しやり、マリネ液ごと海老を入れ、ピーナッツも加える。
*海老に火が通るまで2〜3分炒めたら、インゲンと一緒にして混ぜる。
*取っておいたニンニクとシャロットを散らしてすぐに出す。

LD logo medium



このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ