世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

タグ:イタリアンのレシピ

ブログネタ
パスタ に参加中!
ラザーニャ・かぼちゃ入り

ラザーニャは以前にクリスマス版のレシピを紹介したことがありますが、今回はサンクスギビング版、とタイトルに付いていたのですが、別に感謝祭まで待つ必要もないので、南瓜入りレシピとしてお届けします。準備の時間はたっぷりかかります。通常通りの挽肉の他、各種野菜も入っているので、盛りだくさんの具入りラザーニャです。チーズの量も半端ではないので、私は家族用に全体の半量で作りましたが、それでも残りを片付けるのに何日もかかりました。(6〜8人分)

<ラザーニャ・かぼちゃ入り>

−材料−

   ・人参(粗微塵)−−−−−−−−2本
   ・玉ねぎ(粗微塵)−−−−−−−半個
   ・セロリ(粗微塵)−−−−−−−半本
   ・バター−−−−−−−−−−−−30g
   ・オリーブオイル−−−−−−−−大2
   ・にんにく(微塵)−−−−−−−大1
   ・牛挽肉−−−−−−−−−−−−1130g
   ・赤ワイン(辛口)−−−−−−−1.5カップ
   ・トマトピューレ−−−−−−−−85g
   ・ビーフストック−−−−−−−−1カップ
   ・塩胡椒−−−−−−−−−−−−適量
   ・ローズマリー(乾燥)−−−−−大1
   ・かぼちゃ(小口切り)−−−−−2カップ
   ・ラザーニャパスタ−−−−−−−900g
   ・ベシャメルソース−−−−−−−2カップ
   ・モッツァレラチーズ−−−−−−680g
   ・リコッタチーズ−−−−−−−−2250g
   ・パルメザンチーズ−−−−−−−2カップ
   ・ペコリノロマノチーズ−−−−−1カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*ソテーパンを中火で熱し、バターを溶かして、人参、玉ねぎ、セロリを軟らかくなるまで炒める。
*フードプロセッサーで細かくしておく。
*空の鍋を中火で温め直し、オリーブオイルとニンニクを入れて、焼き色が付くまで2分ほど炒める。
*取っておいた野菜類を加えて、更に10分炒める。
*牛挽肉を加えて、完全に火を通したら、余分な油分を捨てる。
*ワインを注いで、半量になるまで煮詰める。
*トマトピューレとストックを注いで塩胡椒で味付けし、ローズマリーを入れて、30〜45分煮る。
*この間にオーブンを180℃(華氏350℃)に温めておく。
*かぼちゃの皮をむいて小口に切ったものを、ベーキングシートに載せて、オーブンで15〜20分焼く。
*焼けたら塩胡椒して置いておく。
*大きい鍋に水を沸かし、塩と少量のオリーブオイルを加えて、ラザーニャを指示通りに茹でたら、水けを切っておく。
*モッツァレラチーズは細切りにし、パルメザンとペコリノロマノチーズはおろしておく。
*大きいベーキング皿にバターを塗っておき、ラザーニャを1層敷いたら、1/4量のベシャメルソースを入れる。
*挽肉とかぼちゃをそれぞれ1/3量置いたら、モッツァレラ、リコッタ、パルメザンチーズの1/3量と、ペコリノロマノチーズの1/4量をのばす。
*これを繰り返し、最後の層が、ラザーニャ、ベシャメル、ペコリノロマノになったら、ホイルをかけて、オーブンで35分焼く。
*取り出して10分置いてから切り分ける。

LD logo medium


このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
パスタ に参加中!
ニョッキのワイルドマシュルーム和え


ジャガイモのニョッキを野生のマッシュルームで和えるレシピです。ベーコンがたくさん入っていて、ちょっと味が勝ちすぎているかなという気がしたので、少し減らすか、入れずに作るのもありだと思います。元レシピでは、ポルチーニカクリミニマシュルームを使うようになっていましたが、お店でベビーサイズのポータベロマシュルームがあったので使ってみました。ニョッキはパック入りの物を使うので、実際の調理時間は20分ほどで済みます。(4人分)

<ニョッキのワイルドマシュルーム和え>

―材料―

   ・無塩バター−−−−−−−−−−15g
   ・ワイルドマシュルーム−−−−−450g
   ・ベーコン(小口切り)−−−−−5枚
   ・にんにく−−−−−−−−−−−2かけ
   ・タイムの茎−−−−−−−−−−2本
   ・チキンストック−−−−1と1/4カップ
   ・海塩―−−−−−−−−−−−−適量
   ・黒胡椒−−−−−−−−−−−−適量

   ・じゃがいものニョッキ−−−−−450g
   ・無塩バター−−−−−−−−−−45g
   ・パセリ(微塵)−−−−−−−−大2
   ・パルミジャーノ−−−−−−−−115g
   ・海塩―−−−−−−−−−−−−適量

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

―作り方―

*スキレットを中強火で熱しバターを溶かす。
*食べやすい大きさに切ったマシュルームとベーコン、にんにく、タイムを入れてソテーする。
*よく混ぜながら、マシュルームが汁を出し始めるまで約5分炒める。
*チキンストックを入れて、弱火にして時々混ぜながら、約10分煮る。
*タイムとにんにくを取り除いて、塩胡椒で味付ける。
*弱火にして温めておく。

*ニョッキの箱に書いている通りに茹でたら、バターを塗ったボウルに移す。
*ニョッキとバターをマシュルームの鍋に加えて、さっくり混ぜる。
*塩で味を調整したら、ボウルに入れてパセリとパルミジャーノを散らして出す。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
おうちでできるイタリア料理 に参加中!
地中海風海老のリゾット

リゾットというのは、ウィキペディアによると、「米(Riso)と最高(ottimo)を合わせた造語」だそうですが、今日のレシピは、中粒米のアルボリオを使って作る、地中海風レシピになっています。(といっても正直、どの部分が地中海風なのかわかりませんが。)ブイヨンを少しずつ加えて水分を米に吸収させる手順では、常に混ぜておく必要があるので、他のお料理、例えばサラダとかは先に仕上げておいたほうがいいですね。作ったらすぐに出すとあったので、お鍋のまま食卓に持っていきました。とてもおいしかったです。(4~6人分)

<海老のリゾット・地中海風>


―材料―

   ・オリーブオイルーーーーーーーーーーーー大2
   ・海老(中サイズ)ーーーーーーーーーーー340g
   ・バターーーーーーーーーーーーーーーーー大2
   ・玉ねぎ(微塵)ーーーーーーーーーーーー小1個
   ・にんにく(微塵)ーーーーーーーーーーー2かけ
   ・アルボリオ米ーーーーーーーーーーーーー1.5カップ
   ・白ワインーーーーーーーーーーーーーーー1/2カップ
   ・魚のブイヨンーーーーーーーーーーーーー6カップ
   (又は3カップのクラムジュースと3カップの水)
   ・トマトペーストーーーーーーーーーーーーー大1
   ・赤ピーマンーーーーーーーーーーーーーー中1個
   (又は、半カップの瓶入りローストペパーを角切り)
   ・グリンピース(冷凍)ーーーーーーーーーー1カップ
   ・バジル(荒微塵)ーーーーーーーーーーー1/3カップ
   ・パセリ(微塵)ーーーーーーーーーーーーー大1
   ・胡椒ーーーーーーーーーーーーーーーーー小1/8
   ・塩ーーーーーーーーーーーーーーーーーー少々

(注意:アメリカの1カップの容量は、240ml(240cc)となっています。)

―作り方―

*新鮮なピーマンを使うときは、半分に切って種を取り、ローストしたものを角切りにしておく。
*大きい鍋に大さじ1のオリーブオイルを溶かし、海老を時々混ぜながら2、3分炒め皿にとる。
*それぞれ大さじ1のバターとオイルを温め、玉ねぎとにんにくを3~5分炒める。
*アルボリオ米を入れ、混ぜながら2、3分炒めたら、白ワインを加える。
*常に混ぜながら、米が殆どワインを吸収するまで、2分ほど炒める。
*ボウルに魚のブイヨンとトマトペーストを混ぜておく。
*このうち1カップのスープを米の鍋に加え、米が殆ど水分を吸収するまで、約3分常に混ぜる。
*こうして1カップずつスープを加えては、同じ手順を繰り返す。
*最後の1カップが残ったとき、皮をむいて背綿を取った海老と野菜と薬草、胡椒を加えて混ぜる。
*スープを同様に混ぜ、少しもったりしてきたら、残り大さじ1のバターを混ぜ入れ、塩で味付けしてすぐに出す。

おいしく作れますように!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ