ブログネタ
野菜料理 に参加中!
カリフラワーのトマトチーズソース

カリフラワーそのものは淡白な味なので、ソースを工夫するとおいしくなりますね。以前に、カリフラワーのチーズソースのレシピを紹介した時には、チェダーチーズを使いました。今回はパルメジャンとモッツァレラチーズに加えて、トマトソースも織り込み、ラザーニャ風のベイクド・カリフラワーになっています。カリフラワーを一度揚げてから、キャセロールに仕込んでオーブンで焼くという手間を取りますが、その分とてもおいしくいただけました。お馴染みのニューヨークタイムズに載っていたレシピになります。(6人分)

<カリフラワーのトマトチーズソース>

−材料−

   ・小麦粉−−−−−−−−−−−−1/2カップ
   ・卵−−−−−−−−−−−−−−大4個
   ・パン粉−−−−−−−−−−−−3カップ
   ・コーシャーソルト−−−−−−−適量
   ・黒コショウ−−−−−−−−−−適量
   ・カリフラワー−−−−−−−−−中1玉
   ・オリーブオイル−−−−−−−−1/2カップ
   ・トマトソース−−−−−−−−−5カップ
   ・パルメジャン(おろす)−−−−1カップ
   ・モッツァレラ(生)−−−−−−230g

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*オーブンを200度(華氏400度)に温めておく。
*3つのバットに、小麦粉、卵、パン粉を入れ、それぞれに塩胡椒しておく。
*カリフラワーと食べやすい大きさに切り分けたら、粉、卵、パン粉の順に衣をつけていく。
*スキレットに1.5cmくらいの油を注ぎ、中強火で温めたら、カリフラワーを順に揚げていく。
*途中でひっくり返して、全体が黄金色になったら、ペーパータオルの上に取り出す。
*ベーキング皿の底に、薄くトマトソースをのばしたら、パルメジャンチーズの3分の1量をまく。
*その上にカリフラワーの半量を広げて、更に、食べやすい大きさに切ったモッツァレラチーズの半量をおく。
*その上にソースの半量をかけ、3分の1量のパルメジャンを振り、残りのカリフラワー、ソース、パルメジャンの順に層を重ねる。
*これをオーブンに入れて、チーズが黄金色になるまで、約40分焼いたら、数分冷まして食卓に出す。

LD logo medium