世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

タグ:サラダのレシピ

ブログネタ
サラダのレシピ に参加中!
いんげんとコーンと人参のサラダ

いんげんとコーンと人参の、まるで信号色のカラフル野菜サラダのレシピです。材料がそろえば、ササっと超簡単に用意できるレシピは、ニューヨークタイムズに載っていました。美味しかったです。(6〜8人分)

<いんげんとコーンと人参のサラダ>

−材料−

   ・コーシャソルト−−−−−−−−小1/2
   ・赤ワイン酢−−−−−−−−−−大2
   ・にんにく(微塵)−−−−−−−2かけ
   ・ディジョンマスタード−−−−−大1
   ・オリーブオイル−−−−−−−−1カップ
   ・チャイブ(微塵)−−−−−−−1/4カップ
   ・黒胡椒−−−−−−−−−−−−適量
   ・いんげん(細め)−−−−−−−450g
   ・とうもろこしの実−−−−−2と2/3カップ
   ・人参(ささがき)−−−−−−−2カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*小さいボウルに、塩からマスタードまでの材料を混ぜたら、ゆっくりとオイルを垂らしながら混ぜる。
*チャイブと胡椒を加える。
*インゲンの筋を取り、沸騰した塩水の中に入れて、2〜3分茹でたら水気を切って、食べやすい大きさに切っておく。
*大きいボウルに、インゲン、とうもろこし、人参を入れて、ドレッシングを加えて混ぜ、塩胡椒で味を調節する。

LD logo medium



このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
サラダのレシピ に参加中!
海老とスナップエンドウとポテトのサラダ

海老とスナップエンドウとポテトのサラダレシピです。ミントもたくさん入って、さわやかな感触です。元レシピでは、おろしチーズを使うことになっていたのですが、手元にあった細切りチーズが悪くなりかけていたので、使ってしまおうと思いました。結果的には、サラダに動きが感じられてよかったと思います。ニューヨークタイムズに載っていたレシピです。(4〜6人分)

<海老とスナップエンドウとポテトのサラダ>

−材料−

   ・スナップエンドウ−−−−−−−345g
   ・ディジョンマスタード−−−−−大2
   ・赤ワインビネガー−−−−−−−大3
   ・海あら塩−−−−−−−−−−−小1と1/4
   ・胡椒−−−−−−−−−−−−−小3/4
   ・オリーブオイル−−−−−−−−1/2カップ
   ・ポテト(小)−−−−−−−−−450g
   ・海老−−−−−−−−−−−−−680g
   ・ミントの葉−−−−−−−−−−3/4カップ
   ・ペコリノチーズ(細切り)−−−3/4カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*エンドウの筋を取り、斜め細切りにして、ボウルに入れておく。
*小さいボウルに、マスタードとビネガー、小さじ1/4の塩と胡椒を少々入れて混ぜる。
*オイルをゆっくり垂らして入れ、よく混ぜてドレッシングを作る。
*大きい鍋に水を入れ、塩を少々加えて沸騰させたら、じゃがいもが軟らかくなるまで約15分煮て、まな板に取り出す。
*この鍋に、皮をむいた海老を入れて、2分ほど茹でたら取り出し、えんどう豆のボウルに移す。
*ポテトが軟らかい間に、1cmくらいの厚さの輪切りにして小さいボウルに入れる。
*ドレッシングの半カップと、残りの塩小さじ1と胡椒を加えて混ぜたら、皿に広げて冷ます。
*海老とエンドウのボウルに、残りのドレッシングを加えて混ぜたら、ジャガイモの上に置く。
*ミントの葉をちぎって散らし、チーズを振りかけ、好みで胡椒を一振りして出す。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
サラダのレシピ に参加中!
ポテトとインゲンとトマトのサラダ

ポテトとインゲンとトマトのサラダレシピです。じゃが芋と三度豆は、別々にゆでるのではなく、1つの鍋で完了させる手法です。アンチョビーは省いてもかまいません。"America's Test Kitchen"に載っていたレシピです。(4人分)

<ポテトとインゲンとトマトのサラダ>

−材料−

   ・じゃがいも(角切り)−−−−−680g
   ・塩−−−−−−−−−−−−−−適量
   ・インゲン豆−−−−−−−−−−450g
   ・オリーブオイル−−−−−−−−1/2カップ
   ・白ワイン酢−−−−−−−−−−1/4カップ
   ・塩−−−−−−−−−−−−−−小3/4
   ・胡椒−−−−−−−−−−−−−小3/4
   ・チェリートマト−−−−−−−−170g
   ・ケイパー−−−−−−−−−−−1/4カップ
   ・シャロット(薄切り)−−−−−1個
   ・アンチョビー(微塵)−−−−−2尾
   ・パセリ−−−−−−−−−−−−1/2カップ
   ・ディル(微塵)−−−−−−−−1/4カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*ジャガイモは皮つきのままで食べやすい大きさに切って鍋に入れ、十分かぶさるくらいの水と塩小さじ2杯ほど入れて沸騰させる。
*一旦沸騰したら中弱火にして、ほぼ軟らかくなるまで約7分ゆでる。
*インゲン豆の筋を取り、2〜3cmの長さに切ったものを鍋に加えて、更に7分ほど湯でる。
*この間に、大きいボウルに油と酢と塩胡椒を混ぜて、そのうち4分の1カップを別にしておく。
*ボウルに、半分に切ったトマトと、ケイパー、シャロット、アンチョビーを加えて混ぜておく。
*ポテトとインゲンが煮えたら、ストレーナーにとって水気を切り、ベーキング皿に広げる。
*取っておいたドレッシングを垂らして混ぜ、15分ほど冷ます。
*これをパセリとディルと一緒にトマトのボウルに加えて混ぜ、塩胡椒で味を調整して出す。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ