世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

タグ:サラダのレシピ

ブログネタ
サラダのレシピ に参加中!
クラッシュポテトとグリンピースのサラダ


ポテトサラダの作り方にもいろいろあって、初めからきれいに切って盛り付けるものもありますが、このレシピでは、じゃがいもを押しつぶして使います。ベビーポテトは皮も薄いので、ゆでたらそのままつぶします。皮と身の間に栄養があると言われているので、見映えは決して良くありませんが、栄養価は高いと思います。(4人分)

<クラッシュポテトとグリンピースのサラダ>

−材料−

   ・ベビーポテト−−−−−−−−−−−−450g
   ・グリンピース−−−−−−−−−−−−3/4カップ
   ・マスタードシード−−−−−−−−−−小3/4
   ・ヨーグルト−−−−−−−−−−−−−大3
   ・ディジョンマスタード−−−−−−−−小2
   ・シャロット(微塵)−−−−−−−−−大2
   ・コーシャーソルト−−−−−−−−−−小1/2
   ・黒胡椒−−−−−−−−−−−−−−−小1/4
   ・オリーブオイル−−−−−−−−−−−大1〜3
   ・ミント又はチャイブ(微塵)−−−−−大2

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*鍋に塩水を張ってじゃがいもを入れ、沸騰させて、約20分煮る。
*この間に、小さいスキレットで、マスタードシードを約1分トーストしたら、小さいボウルに移す。
*ヨーグルトから胡椒までの材料を加えて混ぜる。
*じゃがいもが軟らかくなったら、グリンピースを鍋に加えて、3分ほどゆでる。
*水気を切って、大きいボウルに入れ、じゃがいもを軽く押しつぶす。
*ドレッシングとオリーブオイルを入れて混ぜ、ハーブを加えて、塩胡椒で味を調整する。

LD logo medium



このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
サラダのレシピ に参加中!
ベビーポテトとインゲン豆のサラダ

カラフルなポテトとインゲン豆を合わせたサラダのレシピです。ニューヨークタイムズに載っていたレシピを少しアレンジして作りましたが、見映えも豪華で味付けもいい具合でした。オリジナルレシピでは普通のポテトを使ていたので、元通りに置き換えていただいてかまいません。インゲン豆は、フレンチビーンのように、できるだけ細身の方がエレガントに見えます。クリスマスのディナーテーブルに華やかさを添える一品になると思います。(4〜6人分)

<ベビーポテトとインゲン豆のサラダ>

−材料−

   ・ベビーポテト−−−−−−−−−900g
   ・塩胡椒−−−−−−−−−−−−適量
   ・ローリエの葉−−−−−−−−−1枚
   ・タイムの茎−−−−−−−−−−大1本
   ・にんにく−−−−−−−−−−−3かけ
   ・アンチョビー(微塵)−−−−−大1
   ・ケイパー(微塵)−−−−−−−大1
   ・ディジョンマスタード−−−−−小2
   ・白ワインビネガー−−−−−−−大4
   ・オリーブオイル−−−−−−−−1/3カップ
   ・インゲン豆−−−−−−−−−−450g
   ・ゆで卵(4つ切り)−−−−−−大3個
   ・チャイブ(薄切り)−−−−−−大1
   ・パセリ(粗微塵)−−−−−−−大2
   ・バジル(粗微塵)−−−−−−−大2
   ・ルッコラ−−−−−−−−−−−適量

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*大きい鍋に塩水を沸かして、ベビーポテトとローリエとタイムを入れて、じゃがいもに爪楊枝が通るまで、約20分煮る。
*この間に、小さいボウルに、にんにくをつぶしてペースト状にしたものと、アンチョビーからビネガーまでの材料を混ぜる。
*ゆっくりオイルを混ぜていき、塩胡椒で味を調整する。
*ポテトに火が通って、少し冷めたら、半分に切ってボウルに入れ、塩胡椒とドレッシングの半分を入れて混ぜ、カバーをかけて置いておく。
*インゲン豆の端を切り取って、沸騰した塩水に入れて、3〜4分煮たら、冷水にさらして水気をふき取っておく。
*くし形に切ったゆで卵とインゲン豆には、塩胡椒で薄く下味をつけて、インゲン豆には少量のドレッシングを絡めておく。
*皿にルッコラを敷いて、インゲン豆とポテトを並べ、ハーブ類を散らして、周りにゆで卵をきれいに並べて出す。

LD logo medium



このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ