世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

タグ:シーフードパスタのレシピ

ブログネタ
パスタ に参加中!
シーフードパスタ・トマトとオリーブ入り

シーフードパスタのレシピです。魚介類は好みの組み合わせでいいかと思います。白身魚は身のしっかりしたものであれば大丈夫です。私は"pollock"スケソウダラを使いました。貝類も、あれば複数の種類を使うと楽しいですね。パスタはリガトーニを使いましたが、他のチューブ・パスタでも構いません。ニューヨークタイムズに載っていたレシピです。(4人分)

<シーフードパスタ・トマトとオリーブ入り>

−材料−

   ・リガトーニ−−−−−−−−−−−225g
   ・コーシャーソルト−−−−−−−−適量
   ・オリーブオイル−−−−−−−−−大3
   ・にんにく(薄切り)−−−−−−−4かけ
   ・レッドペッパーフレーク−−−−−一つまみ
   ・ホールトマトの缶詰−−−−−−−約800g
   ・貝類−−−−−−−−−−−−−−225g
   ・白身魚(角切り)−−−−−−−−450g
   ・海老−−−−−−−−−−−−−−225g
   ・グリーンオリーブ−−−−−−−−3/4カップ
   ・パセリ(微塵)−−−−−−−−−1/2カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*パスタを指示に従ってゆでて、置いておく。
*ダッチオーブンを中火で熱し、オリーブオイルを熱くしたら、にんにくと塩を加える。
*時々混ぜながら、にんにくが少し色づくまで、約2分炒めて、レッドペッパーフレークを入れる。
*トマトを手でつぶして鍋に加えたら、空いた缶に水を3/4くらいまで入れて、回しながら水を鍋に注ぐ。
*塩を足して味付けし、時々混ぜながら、10〜15分煮る。
*この間に、海老の殻をむき、背ワタを取っておく。
*貝類と魚を加え、再び塩で味を調整して、1、2分煮たら、海老を入れて、貝類が開くまで3〜5分煮る。
*パスタを加えて、更に1、2分火を通したら、少し押しつぶしたオリーブを入れて、火からおろす。
*ボウルに分けて入れたら、パセリを散らして、好みでオリーブオイルを垂らして出す。

LD logo medium


ブログネタ
パスタ に参加中!
海老のペンネ・トマトクリームソース

ペンネパスタのレシピです。以前に、海老のペンネ・ガーリック風味のレシピを紹介していますが、今回はトマトクリームソースになります。短時間でできます。"Southern Living"に載っていたレシピです。(3人分)

<海老のペンネ・トマトクリームソース>

−材料−

   ・ペンネパスタ−−−−−−−−230g
   ・無塩バター−−−−−−−−−30g
   ・チェリートマト−−−−−−−450g
   ・シャロット(微塵)−−−−−2/3カップ
   ・にんにく(微塵)−−−−−−大1
   ・海老−−−−−−−−−−−−450g
   ・コーシャーソルト−−−−−−小1
   ・黒胡椒−−−−−−−−−−−小1/2
   ・ヘビークリーム−−−−−−−3/4カップ
   ・タラゴン(微塵)−−−−−−大1

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*パスタを箱の指示通りにゆでる。
*この間に、大きいスキレットにバターを溶かし、半分に切ったチェリーを入れる。
*時々混ぜながら、皮が破けて汁が出始めるまで、約3〜4分炒める。
*シャロットとニンニクを加えて、時々混ぜながら、香りが出るまで1〜2分炒める。
*皮をむいて背綿を取った海老を入れて、時々混ぜながら、色が不透明になるまで2〜3分炒める。
*塩胡椒で味付けし、クリームを加える。
*ソースが濃くなるまで、時々混ぜながら1〜2分煮たら、タラゴンとパスタを混ぜ入れて、すぐに出す。

LD logo medium



↑このページのトップヘ