世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

タグ:スープのレシピ

ブログネタ
スープのレシピ に参加中!
チキンクリームスープ

チキンスープと言っても、今回はスープ主体なので、液体の量に比べて鶏肉や野菜の具材はわずかです。種類もあんまり少なかったので、オリジナルレシピに少し足して作りました。ちょうど卵白をデザートに使った後、卵黄だけが余っていたこともあって、どこかからか切り抜いておいた、このレシピを使うことにしました。(6人分)

<チキンクリームスープ>

−材料−

   ・バター−−−−−−−−−−−−60g
   ・玉ねぎ(微塵)−−−−−−−−1個
   ・人参(粗微塵)−−−−−−−−1本
   ・リーキ(薄切り)−−−−−−−1本
   ・グリンピース(冷凍)−−−−−3/4カップ
   ・小麦粉−−−−−−−−−−−−1/4カップ
   ・チキンスープ−−−−−−−−−6カップ
   ・卵黄−−−−−−−−−−−−−3個
   ・ヘビークリーム−−−−−−−−1カップ
   ・鶏肉(調理済み)−−−−−−−1.5カップ
   ・塩−−−−−−−−−−−−−−適量
   ・白胡椒−−−−−−−−−−−−適量

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*ソースパンを中強火で熱してバターを溶かす。
*玉ねぎ、人参、リーキを入れて7,8分炒める。
*小麦粉を加えて、滑らかになるまで3分ほど炒める。
*熱いチキンスープを1カップ注いでよく混ぜる。
*残りのスープを足して沸騰させる。
*ボウルに卵黄とヘビークリームを混ぜたら、半カップの熱いスープを注いで混ぜる。
*これを全て鍋に戻して、火を弱くしたら、ゆっくり混ぜ、チキンを加えて、塩胡椒で味を調整する。

LD logo medium



このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
スープのレシピ に参加中!
チキンとライスのクリーミースープ


チキンとライスを組み合わせるスープは、以前に、チキンとワイルドライスのスープを紹介していますが、今回は、コラードの緑も入って、バランスの取れたクリーミ−なスープに仕上がっています。以前のレシピでは、ワイルドライスを使うことで煮込む時間も長くかかっていましたが、今回は調理済みの白米や鶏肉を使うことで、かなり時間が短縮されています。平日でも無理なく作れるスープレシピです。(6〜8人分)

<チキンとライスのクリーミースープ>

−材料−

   ・無塩バター−−−−−−−−−−−45g
   ・リーキ(薄切り)−−−−−−−−4カップ
   ・人参(薄切り)−−−−−−−−−1カップ
   ・セロリ(微塵)−−−−−−−−−1/2カップ
   ・にんにく(微塵)−−−−−−−−2かけ
   ・小麦粉−−−−−−−−−−−−−1/4カップ
   ・チキンストック−−−−−−−−−8カップ
   ・調理済みチキン−−−−−−−−−3カップ
   ・タイム(微塵)−−−−−−−−−大1
   ・コラードの葉(粗微塵)−−−−−4カップ
   ・調理済み白米−−−−−−−−−−2カップ
   ・ヘビークリーム−−−−−−−−−1/2カップ
   ・コーシャーソルト−−−−−−−−大1
   ・黒胡椒−−−−−−−−−−−−−小1/4

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*ダッチオーブンを中火で熱して、バターを溶かす。
*リーキからニンニクまでの材料を入れて、よく混ぜながら、野菜が軟らかくなるまで約5分炒める。
*小麦粉を入れて、1分ほど常に混ぜたら、ストックと、長細くちぎったチキンとタイムを加える。
*火を強くして沸騰させたら、少し弱くして、約10分煮る。
*コラードを入れて、5分ほど煮たら、火からおろす。
*ご飯とクリームと塩胡椒を入れて混ぜる。

LD logo medium



このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
スープのレシピ に参加中!
チョピーノ・サンフランシスコ版

チョピーノ(魚介類のシチュー)のレシピは以前にも紹介していますが、今回は、サンフアンシスコ・パレスホテルのシェフであるJesse Llapitanさんのレシピで作ってみました。フィッシャーマンズワーフがあるシスコは、やはり魚介料理の宝庫です。メモには、必ず"Dungeness crab"を使うこと、とあったので、できるだけ良質のカニを手に入れて作ってくださいね。ハリバットがなければ、他のしっかりした白身の魚を代用できます。(8人分)

<チョピーノ・サンフランシスコ版>

−材料−

   ・カニ(2尾分)−−−−−−−1350g
   ・オリーブオイル−−−−−−−大4
   ・玉ねぎ(微塵)−−−−−−−大1個
   ・セロリ(微塵)−−−−−−−1本
   ・フェンネル(微塵)−−−−−1/2個
   ・にんにく(微塵)−−−−−−2かけ
   ・レッドチリフレーク−−−−−小1/2
   ・白ワイン−−−−−−−−−−1カップ
   ・フィッシュストック−−−−−4カップ
   ・トマトピューレ−−−−−−−2カップ
   ・ローリエの葉−−−−−−−−2枚
   ・バジルの葉(微塵)−−−−−6枚
   ・コーシャーソルト−−−−−−適量
   ・はまぐり−−−−−−−−−−2ダース
   ・ムール貝−−−−−−−−−−2ダース
   ・海老(大)−−−−−−−−−350g
   ・ハリバット(角切り)−−−−550g
   ・パセリ(微塵)−−−−−−−大2

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*足以外の蟹の身は出して、殻はフィッシュストックに使う。
*大きい鍋を弱火で温め、オイルを入れて熱くなったら、野菜類とチリフレークを入れる。
*野菜が軟らかくなるまで、10〜15分炒める。
*ワインを注いで火を強くして、沸騰させる。
*フィッシュストックから塩までの材料を加えて、火を少し弱め、15〜20分煮る。
*貝類を加えて蓋をし、強火で貝類が開くまで煮る。
*カニの足と海老を入れて蓋をして、2分ほど煮る。
*ハリバットを加えて、混ぜないで蓋をし、約7分蒸し煮する。
*大きいボウルに取ったら、パセリを散らして出す。

LD logo medium



このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ