世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

タグ:タコスのレシピ

ブログネタ
メキシカンレシピ に参加中!
フィッシュ・タコス

フィッシュ・タコスのレシピです。お肉はどうも、と言われる方でも召し上がっていただけ、簡単に用意できる、ヘルシーなタコスレシピです。テーブルに材料を並べて置けば、各自好きなだけ具材を盛って食べられるので、お腹の具合にも合わせられます。今回は安価なティラピアを使いましたが、白身魚であれば、手に入るものを代用していただいて大丈夫です。”Cooking Light"に載っていたレシピです。(4人分)

<フィッシュ・タコス>

−材料−

   ・ティラピアの切り身−−−−−−560g
   ・チリパウダー−−−−−−−−−小1
   ・コーシャーソルト−−−−−−−小5/8
   ・黒胡椒−−−−−−−−−−−−小1/2
   ・レッドペッパー(粉)−−−−−小1/2
   ・クミンパウダー−−−−−−−−小1/2
   ・マヨネーズ−−−−−−−−−−大3
   ・スイートピクルス−−−−−−−大2
   ・コーントルティア−−−−−−−8枚
   ・アボカド(くし形)−−−−−−1個
   ・トマト(くし形)−−−−−−−中1個
   ・パセリの葉−−−−−−−−−−1/2カップ
   ・ライム(くし形)−−−−−−−1個

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*魚の切り身に、チリパウダー、塩を小3/8、黒胡椒を小1/4、レッドペッパーとクミンパウダーを混ぜて、よくまぶす。
*グリルパンを中強火で熱し、魚を置いて、片面3分ずつ焼く。
*食べやすい大きさに切って皿に取っておく。
*小さいボウルに、マヨネーズとスイートピクルス、塩と黒胡椒をそれぞれ小1/4ずつ混ぜる。
*トルティアを、箱の指示に従って温めておく。
*トルティアの上に、魚とトマトとアボカドを載せ、マヨネーズを混ぜたものをかけて、パセリを散らし、ライムと一緒に出す。

LD logo medium


ブログネタ
メキシカンレシピ に参加中!
サーモングリルのタコス


サーモンのグリルを使った夏のメキシカンレシピです。以前に海老のタコスを紹介したことがありますが、フィッシュタコスも最近人気が出ていますね。今日は暑い夏に、火を使うのはグリルだけにして、皆が好きなように具を組み合わせて食べられる鮭のタコスの紹介です。トルティアは、好みでフラワーでもコーンでもかまいません。地元の健康志向マーケット、PPCのニュースレターに載っていたレシピです。写真の枝豆は関係ないのですが、残っていたので、ついでに混ぜました。(4人分)

<サーモングリルのタコス>

―材料―

   ・チリパウダー−−−−−−−−−−小1.5
   ・ブラウンシュガー−−−−−−−−小1.5
   ・ドライマスタード−−−−−−−−小1.5
   ・ガーリックパウダー−−−−−−−小1/2
   ・黒胡椒−−−−−−−−−−−−−小1/4
   ・サーモンの切り身−−−−−−−−4枚
   ・塩−−−−−−−−−−−−−−−適量
   ・トルティア−−−−−−−−−−−8枚
   ・トマト(小口切り)−−−−−−−大1個
   ・アボカド(小口切り)−−−−−−1個
   ・ハラピノペパー(微塵)−−−−−半個
   ・とうもろこしの身−−−−−−−−1/2カップ
   ・ライムジュース−−−−−−−−−1個分

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

―作り方―

*ボウルにチリパウダーから黒コショウまでのスパイスを混ぜる。
*これを鮭の切り身にまぶし、カバーをかけて最低1時間から3時間まで冷蔵する。
*グリルで約30分前に取り出しておく。
*グリルに火をつける。
*鮭に塩をして、グリルで片面3〜5分焼く。
*皿に取って、軽くホイルをかけておく。
*トルティアをホイルに包み、グリルで約5分温める。
*鮭の身をほぐし、他の材料も切りそろえる。
*ライムをくし形に切り、トルティアに具を載せたら絞り出す。

おいしく作れますように!

↑このページのトップヘ