世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

タグ:ターキーのレシピ

ブログネタ
ターキーのレシピ に参加中!
ターキーレッグのフライ

サンクスギビングのターキーは丸ごと焼くと大きすぎて、小家族には不向きなことが多いです。過去に胸肉だけを焼いたり、胸肉に詰め物をして焼いたことも何度かありますが、今回は足に限定することにしました。これなら、感謝祭後に大量の残り肉と格闘しなくても大丈夫です♪ 調理法も、従来のようにオーブンで焼くのではなく、揚げるので、大きい中華鍋かダッチオーブンを使うといいと思います。七面鳥のドラムスティックは1個が大きいので、油跳ねには十分注意してくださいね。"food network" というサイトに載っていたレシピです。(4人分)

<ターキーレッグのフライ>

−材料−

・バターミルク−−−−−−−−−−−4カップ
・パプリカ−−−−−−−−−−−−−大2
・ガーリックパウダー−−−−−−−−大2
・オニオンパウダー−−−−−−−−−大2
・カイエンペッパー−−−−−−−−−小2
・塩胡椒−−−−−−−−−−−−−−適量
・ターキードラムスティック−−−−−約2kg
・揚げ油−−−−−−−−−−−−−−適量
・小麦粉−−−−−−−−−−−−−−2カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*大きいボウルかジップロックに、バターミルクと各大さじ1のパプリカ、ガーリックとオニオンパウダー、小さじ1のカイエンに、塩大さじ1と胡椒大さじ1/2杯を混ぜる。
*ターキーレッグを入れて、最低2時間から最高一晩まで冷蔵する。
*大きい鍋に揚げ油を入れて、185度(華氏360度)まで熱しておく。
*オーブンを200度(華氏400度)に温めて、淵のあるベーキング皿にペーパータオルを敷いて、上に網を置いておく。
*食品用の買い物袋に、小麦粉と残りのスパイス類と、塩胡椒各1/2を混ぜる。
*マリネしておいた七面鳥の足を取り出し、粉の袋に入れて振り、全体にまぶす。
*取り出して余分な粉を払ったら、鍋の大きさに合わせて、ターキーを分けて入れる。
*時々混ぜながら濃く色づき、身の温度が165度(華氏347度)になるまで、約16分揚げる。
*用意しておいたベーキング皿の網の上にドラムスティックを載せてオーブンに入れ、残りのターキーを揚げる間、温めておく。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
鶏肉のレシピ に参加中!
ターキーカツレツのレモンケイパーソース

ターキーのカツレツを使うことにしました。元レシピでは、チキンカツを使うことになっていたのですが、薄切りが店になかったので、代わりにターキーで調理しました。初めから薄く切ってあるものを買うと、家でバンバンたたかなくてもいいので便利です。レモンとケイパーで爽やかな味に仕上がりました。ニューヨークタイムズに載っていたレシピです。(3人分)

<ターキーカツレツのレモンケイパーソース>

−材料−

   ・オリーブオイル−−−−−−−−−1/2カップと大2
   ・にんにく(おろす)−−−−−−−−3〜4かけ
   ・レッドペッパーフレーク−−−−−小1.5
   ・コーシャーソルト−−−−−−−−小1/2
   ・レモン−−−−−−−−−−−−−1個
   ・ターキーカツレツ−−−−−−−−450g
   ・オレガノ(乾燥)−−−−−−−−−小1/4
   ・黒胡椒−−−−−−−−−−−−−適量
   ・ケイパー−−−−−−−−−−−−大3
   ・パセリ−−−−−−−−−−−−−適量

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*スキレットにオイル半カップを熱して、にんにくとレッドペッパーと塩を弱火で炒める。
*にんにくの香りが出てくるまでよく混ぜたら、耐熱ボウルに移す。
*レモンの皮をおろしておき、レモンは縦に4つ割りにして、種を取っておく。
*そのうち2つを三角の薄切りにしておく。
*ターキーにレモンピールとオレガノ、塩胡椒を振りかけておく。
*スキレットの火を中強火にして、残りの油を加えたら、ターキーを重ならないように置いて入れる。
*レモンの薄切りとケイパーを入れ、焼き色が付くまで、片面2〜3分ずつ焼く。
*ターキーを皿に移したら、鍋に少しレモンを搾り入れ、鍋底をへらですくうようにして、ソースをかける。
*残りのレモンを上から搾りかけ、パセリを散らして出す。

LD logo medium



このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
ターキーのレシピ に参加中!
ターキーのエンチラーダ

ターキーの残りはどうされていますか?最近は胸肉だけを焼くことが多いので、以前ほど来る日も来る日も七面鳥肉と取り組むということはなくなりましたが、それでもある程度はバラエティーを考えないと飽きてくるので、今回はメキシカンレシピで、エンチラーダとして食べることにしました。"Cook's Country"に載っていたレシピです。(4〜6人分)

<ターキーのエンチラーダ>

―材料―

   ・サラダ油−−−−−−−−−−−−大1
   ・玉ねぎ(薄切り)−−−−−−−−1個
   ・にんにく(微塵)−−−−−−−−3かけ
   ・タコスシーズニング−−−−−−−大1
   ・ターキー肉の残り−−−−−−−−2カップ
   ・トウモロコシ(冷凍)−−−−−−半カップ
   ・グリーンエンチラーダソース−−−450g
   ・コーントルティア−−−−−−−−12枚
   ・ペパージャックチーズ−−−−−−2カップ
   ・サワークリーム−−−−−−−−−半カップ
   ・パセリ(微塵)−−−−−−−1/3カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

―作り方―


*オーブンを170度(華氏325度)に温めておく。
*チーズは細切りにしておく。
*大きいスキレットを中火で温めオイルを熱し、玉ねぎが色づくまで約8分炒める。
*にんにくとタコスシーズニングを加えて、香りが出るまで約30秒炒める。
*火からおろして、小さく切ったターキーとコーン、3/4カップのエンチラーダソースを混ぜる。
*トルティアの両面にオイルスプレーを振りかけ、淵のあるベーキングシートに並べる。
*トルティアが温まって扱いやすくなるまで2分ほどオーブンに入れる。
*取り出したら、1枚に1/4カップほどのフィリングを載せて、大さじ1のチーズを散らす。
*これを丸めて、つなぎ目を下にしてベーキング皿に並べ、残りも同様にする。
*オーブンに入れて焼く10分焼く。
*この間にボウルにサワークリームと残りのエンチラーダソースを混ぜる。
*オーブンから出したら、ソースを全体にかけて、残りのチーズを散らして戻す。
*チーズが溶けるまで更に10分焼いたら取り出して、パセリを散らして出す。

LD logo medium


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ