世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

タグ:チキンのソテーレシピ

ブログネタ
鶏肉レシピ に参加中!
チキンのソテー・カリビアンスタイル

チキンにチリパウダーをまぶしてバター炒めしたら、バナナにラム酒をかけて炒めたものを絡めていただくレシピです。チリの辛みとバナナの甘みがうまい具合に混ざった、カリブ海風のレシピです。「食材5つを使って10分で作る鶏料理」という英語の本で見つけたレシピです。バナナはやや硬めのものがよいです。(4人分)

<チキンのソテー・カリビアンスタイル>

−材料−

   ・鶏肉(薄切り)−−−−−−450g
   ・チリパウダー−−−−−−−小2
   ・バナナ(薄切り)−−−−−大1本
   ・バター−−−−−−−−−−60g
   ・ライトラム−−−−−−−−半カップ
   ・塩−−−−−−−−−−−−適量

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*チキンカツの両面院チリパウダーをまぶしておく。
*大きいフライパンを中火で熱してバター45gを溶かしたら、チキンを入れる。
*途中でひっくり返して、片面約2分ずつ、軽く茶色になるまで焼いたら、温かい皿に移す。
*残りのバターを入れて、バナナの薄切りを加え、中弱火にして、少し色づくまで1分ほど焼く。
*ラム酒と水半カップを注いだら、中火で沸騰させ、少し火を弱めて、液体が濃くなるまで1〜2分煮る。
*塩で味付けをしたら、このソースをチキンの上からかけて出す。

LD logo medium



このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
鶏肉のレシピ に参加中!
チキンとマイヤーレモンのソテー

チキンのソテーのレシピですが、今回は、"Meyer Lemon"を使うところがミソです。マイヤーレモンは、レモンとオレンジを掛け合わせたものなので、普通のレモンよりまろやかで甘酸っぱい味です。なければ、普段使っているレモンを2度湯通しして使うといいと書いてありました。ニューヨークタイムズに載っていたレシピです。(4〜6人分)

<チキンとマイヤーレモンのソテー>

―材料―

   ・鶏胸肉−−−−−−−−−−−−680g
   ・オリーブオイル−−−−−−−−大3
   ・ローズマリー(微塵)−−−−−小2
   ・コーシャソルト−−−−−−−−適量
   ・黒胡椒−−−−−−−−−−−−小1/2
   ・マイヤーレモン−−−−−−−−1個半
   ・砂糖−−−−−−−−−−−−−大2
   ・リーク(薄切り)−−−−−−−2本
   ・にんにく(微塵)−−−−−−−2かけ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

―作り方―


*鶏肉を細切りにして、大さじ1のオイルと、ローズマリーと小さじ1の塩と黒胡椒をまぶす。
*1個のレモンの両端を切って4等分に切り、種を取る。
*4つのくし形をそれぞれ縦に5mm厚さに切る。
*鍋に湯を沸かして切ったレモンを加え、火を弱めて5分煮たら、冷水にさらす。
*鍋の湯を捨てて、1カップの水と砂糖と大さじ1の塩を入れて沸騰させる。
*レモンを鍋に戻して3分煮たら、冷水にさらして、水気をふき取る。
*スキレットを強火で5分温め、大さじ2のオイルを入れる。
*レモンの薄切りを入れて色づくまで炒める。
*リークを加えて火を少し弱め、軟らかくなるまで約3分炒める。
*にんにくを入れて1分混ぜたら、香味類を鍋の端に追いやり、鶏肉を加える。
*動かさずに4分ほど火を通したら、香味類と混ぜて、更に3〜6分炒める。
*残りのレモンを絞ってかけて出す。

LD logo medium


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ