世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

タグ:チリコンカンのレシピ

ブログネタ
メキシカンレシピ に参加中!
ステーキ・ファヒータ・チリ

チリコンカンも数多く作っていますが、今回は、シチュー肉を使ったファヒータ・チリのレシピを紹介します。良質の肉を使うと、スパイシーなビーフ・シチューのような感じで、主人に好評でした。フットボール・シーズンには欠かせないスタイルのディナーです。(8人分)

<ステーキ・ファヒータ・チリ>

−材料−

   ・オリーブオイル−−−−−−−−−−−−大1
   ・シチュー肉−−−−−−−−−−−−−−680g
   ・玉ねぎ(薄切り)−−−−−−−−−−−中1個
   ・にんにく(微塵)−−−−−−−−−−−8かけ
   ・チリパウダー−−−−−−−−−−−−−大2
   ・チポートレチリ(アドボソース漬)−−−大1
   ・クミンパウダー−−−−−−−−−−−−小2
   ・赤インゲン豆(缶詰)−−−−−−−−−840mL
   ・トマトの缶詰(角切り)−−−−−−−−785mL
   ・チキンストック−−−−−−−−−−−−2カップ
   ・うずら豆(缶詰)−−−−−−−−−−−420mL
   ・コーシャーソルト−−−−−−−−−−−小1.5
   ・黄パプリカ(細切り)−−−−−−−−−2カップ
   ・赤パプリカ(細切り)−−−−−−−−−1.5カップ
   ・緑パプリカ(細切り)−−−−−−−−−半カップ
   ・アボカド(小口切り)−−−−−−−−−1個
   ・ギリシャヨーグルト−−−−−−−−−−半カップ
   ・ねぎ(微塵)−−−−−−−−−−−−−半カップ
   ・パセリ(微塵)−−−−−−−−−−−−半カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*ダッチオーブンを中強火で熱し、油を温める。
*肉の半量を入れて、約6分炒めたら皿に取って、残りの肉を炒めて皿に取る。
*玉ねぎとニンニクを入れて、時々混ぜながら、玉ねぎが軟らかくなるまで約6分炒める。
*チリパウダー、チポートレチリ、クミンパウダーを加えて、常に混ぜながら1分炒める。
*豆類とチキンストック、水切りをしない缶詰トマトに塩を加えて、沸騰させる。
*取っておいた肉を鍋に戻して蓋をし、弱火にして、約30分煮る。
*パプリカ類を加えて、肉が軟らかくなるまで、更に30分煮る。
*チリをボウルに入れて、好みのトッピングの材料を載せる。

LD logo medium



このエントリーをはてなブックマークに追加

バイソンのチリ


チリコンカンはアメリカでは単に「チリ」と呼んでいますが、日常的によく食べるので、このブログでもいろんな作り方を紹介してきました。去年の今頃には、「バレンタインズデー・チリ」と題して、ビーツや赤パプリカを入れて、レッドを強調したチリのレシピを紹介しました。今回は、地元紙に載っていたレシピですが、肉にバイソンを使っている所が今までと違います。ちょっと癖がある肉ですが、コーヒーやビールも入るので、ある程度臭みも和らぎます。砂糖は少し多いように思うので、量は調整してください。スーパーボウルには欠かせないチリのレシピです。(4〜6人分)

<バイソンのチリ>

―材料―

   ・オリーブオイル−−−−−−−−大2
   ・バイソンの挽肉−−−−−−−−450g
   ・玉ねぎ(微塵)−−−−−−−−大1個
   ・ビール−−−−−−−−−−−−350mL
   ・缶詰トマト(小口切り)−−−−400g
   ・コーヒー(ストロング)−−−−1/2カップ
   ・トマトペースト−−−−−−−−大1
   ・ブラウンシュガー−−−−−−−1/4カップ
   ・チリソース−−−−−−−−−−大1
   ・ココアパウダー−−−−−−−−大1
   ・ホットチリペパー(微塵)−−−半個
   ・クミンパウダー−−−−−−−−大1.5
   ・カイエンペパー−−−−−−−−小1
   ・塩−−−−−−−−−−−−−−小1
   ・金時豆(缶詰)−−−−−−−−850g
   ・白花豆(缶詰)−−−−−−−−425g

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

―作り方―

*ダッチオーブンを中火で熱してオイルを入れ、挽肉を色づくまで炒めたら皿に移す。
*鍋に玉ねぎを入れて1分ほど炒めたら、ビールを注ぐ。
*トマト、コーヒー、トマトペーストを混ぜる。
*ブラウンシュガーから金時豆までの材料を加える。
*肉を鍋に戻して、弱火で蓋を少しかぶせて、約1時間煮る。
*白花豆を入れて極弱火にし、時々混ぜながら、1〜2時間煮る。
*塩とカイエンペパーで味を調整して出す。

おいしく作れますように!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ