世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

タグ:ティラピアのレシピ

ブログネタ
魚介類のレシピ に参加中!
ティラピアのグリンピースソース添え

ティラピアを久しぶりに使うことにしました。安価なので気楽に調理できます。冷凍のグリンピースのピュレーを底に敷いてソテーしたティラピアを載せます。ティラピアに限らず、他のあっさりした白身魚でも応用できます。ほのかなミントの香りもあって春らしいソフトなフレーバーに仕上がっています。(4人分)

<ティラピアのグリンピースソース添え>

―材料―

   ・グリンピース(冷凍)−−−−−230g
   ・チキンスープ−−−−−−−−−3/4カップ
   ・リコッタチーズ−−−−−−−−大1
   ・ミント(微塵)−−−−−−−−大1
   ・塩−−−−−−−−−−−−−−小7/8
   ・にんにく−−−−−−−−−−−2かけ
   ・ティラピア−−−−−−−−−−4枚
   ・黒胡椒−−−−−−−−−−−−小3/4
   ・オリーブオイル−−−−−−−−大1
   ・シャロット(薄切り)−−−−−大2
   ・白ワイン(辛口)−−−−−−−1/2カップ
   ・レモンジュース−−−−−−−−1/4カップ
   ・無塩バター−−−−−−−−−−10g

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

―作り方―

*フードプロセッサーに、グリンピースと大さじ2のスープ、チーズ、ミント、小さじ3/8の塩とにんにくを入れて滑らかになるまで回す。
*ティラピアに残りの塩と胡椒を振っておく。
*スキレットを中強火で温め、小さじ1.5のオイルを入れて、魚2枚を並べ、片面3分ずつ炒める。
*取り出したら、残りのオイルを入れて、後2枚の魚を同様に炒めて取り出す。
*シャロットを入れて1分炒めたら、ワインとジュースを注いで沸騰させ、3分煮る。
*残りのスープを注いで更に3分沸騰させたら、バターを混ぜ入れる。
*グリンピースのピュレーを皿に敷いてティラピアを置き、シャロットソースを垂らしていく。

LD logo medium


このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
魚料理 に参加中!
ティラピアの松の実クラスト


ティラピアを久しぶりに使ってみました。とても安価なお魚なので、平日のディナーにはもってこいの食材です。しかも手早くできるレシピが、"Simple & Delicious Cookbook"に載っていたので、試して見ました。調理時間25分です。他の白身のお魚なら何でも代用できます。(4人分)

<ティラピアの松の実クラスト>

―材料―

   ・松の実−−−−−−−−−−−−−−1/2カップ
   ・小麦粉−−−−−−−−−−−−−−1/4カップ
   ・ディルウィード−−−−−−−−−−小1/4
   ・レモンペパーシーズニング−−−−−小1/4
   ・卵−−−−−−−−−−−−−−−−1個
   ・レモンジュース−−−−−−−−−−大3
   ・蜂蜜−−−−−−−−−−−−−−−小1
   ・ティラピアの切り身−−−−−−−−4枚
   ・バター−−−−−−−−−−−−−−30g

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

―作り方―

*フードプロセッサーで松の実を粉砕する。
*バットに、他の粉類と一緒に混ぜておく。
*別のバットに、卵から蜂蜜までの材料を混ぜておく。
*ティラピアを卵の方に漬けてから、粉類を全体にまぶす。
*スキレットに中火でバターを溶かし、片面4,5分焼く。
(好みで上から余分な蜂蜜をかけてもよい。)

おいしく作れますように!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
魚料理 に参加中!
ティラピアのかにトマトソース

ティラピアというのは、スズキ科のさっぱりした白身魚です。とても安いので、ちょっと予算を気にするときには便利な魚です。その代わりに土台が安い分、かにの身を使って贅沢感を出しています。新鮮なものがなければ缶詰で充分です。(4人分)

<ティラピアのかにトマトソース>

−材料−

   ・ティラピアーーーーーーーー900g
   ・塩胡椒ーーーーーーーーーー適量
   ・ライムーーーーーーーーーー1個分
   ・白ワインーーーーーーーーー半カップ
   ・溶かしバターーーーーーーー大4
   ・オリーブオイルーーーーーー大1
   ・緑パプリカ(微塵)ーーーー半個
   ・トマト(角切り)ーーーーー4個
   ・にんにく(微塵)ーーーーー1かけ
   ・バジル(微塵)ーーーーーー大2
   ・タイム(微塵)ーーーーーー大1
   ・レモンピールーーーーーーー半個分
   ・ウスターソースーーーーーー小2
   ・タバスコーーーーーーーーー3ふり
   ・パセリ(微塵)ーーーーーー大2
   ・かにの身ーーーーーーーーー225g

(注意:アメリカの1カップの容量は、240ml(240cc)となっています。)

−作り方−

*オーブンを220℃(華氏425度)に温めておく。
*ティラピアをベーキングトレイの上に並べ、軽く塩胡椒しておく。
*ライムをおろした皮と絞ったジュースに、ワインと大さじ2杯のバターを混ぜ、魚にかける。
*オーブンで20分ほど焼く。
*ソースパンにオリーブオイルを熱し、残りのバターを入れて、パプリカからハーブまでを加え、5分ほど火を通す。
*レモンをおろした皮と絞ったジュースと、塩胡椒、ソース、タバスコを加える。
*これを魚が焼けた時に温め直して、パセリとかにを加えて、魚に添えて出す。

おいしく作れますように!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ