世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

タグ:パスタ料理のレシピ

ブログネタ
パスタ に参加中!
ラザーニャ風ベイクドパスタ

ラザーニャを焼くとなると、レイヤーを作らないといけないので、いろいろと手間なのですが、ミートソース味でラザーニャの雰囲気を味わえるベイクドパスタのレシピを紹介します。私はペンネを使って作りましたが、好みのショートパスタで作れます。もし子牛肉や子羊肉が苦手であれば、普通の牛肉や豚肉の挽肉で大丈夫です。"Food & Wine"に載っていたレシピです。(10人分)

<ラザーニャ風ベイクドパスタ>

―材料―

   ・ショートパスタ−−−−−−−−450g
   ・オリーブオイル−−−−−−−−1/4カップ
   ・玉ねぎ(微塵)−−−−−−−−大1個
   ・子羊挽肉−−−−−−−−−−−450g
   ・子牛挽肉−−−−−−−−−−−450g
   ・トマト角切り缶−−−−−−−−800g
   ・トマトペースト−−−−−−−−大1
   ・マージョラム(微塵)−−−−−小2
   ・パセリ(微塵)−−−−−−−−大2
   ・塩胡椒−−−−−−−−−−−−適量
   ・無塩バター−−−−−−−−−−115g
   ・小麦粉−−−−−−−−−−−−3/4カップ
   ・全脂牛乳−−−−−−−−−−−960mL
   ・卵黄−−−−−−−−−−−−−大2個
   ・パルメザンチーズ−−−−−−−1カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

―作り方―

*オーブンを180度(華氏350度)に温めておく。
*塩を入れた水を沸かし、パスタをやや硬めに茹でる。
*深いスキレットにオイルを熱し、強火で時々混ぜながら、玉ねぎが軟らかくなるまで約4分炒める。
*挽肉を加えて、固まりをつぶしながら、肉が色づくまで約10分炒める。
*鍋を火からおろして、水気を切ったトマト缶の角切り、トマトペースト、ハーブ類を混ぜる。
*塩胡椒で味付けて、ボウルに移す。
*大きいソースパンにバターを溶かして小麦粉を入れ、2分ほど中火で常に混ぜる。
*少し火を強くして、ゆっくり牛乳を注ぎ、ソースが濃くなるまで常に混ぜながら、7.8分煮る。
*鍋を火からおろして、卵黄とおろしたチーズを混ぜる。
*この内1カップ半を取っておき、残りのホワイトソースをミートソースに混ぜる。
*ゆでたパスタも加えて混ぜ、塩胡椒で味を調整する。
*これを大きいベーキング皿に入れて、上から取っておいたホワイトソースをかける。
*このキャセロールをオーブンで約30分焼く。
*一度取り出して、グリルの火をつけ、火から20cmほど離した所で、焦げ目がつくまで約2分焼く。
*取り出して10分ほど置いてから出す。

LD logo medium


このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
パスタ に参加中!
スモークサーモンとアスパラガスのフェットチーネ


フェットチーネの生パスタを使って、スモークサーモンとアスパラガスをクリームで和えるレシピです。ニューヨークタイムズに載っていたレシピです。(4人分)

<スモークサーモンとアスパラガスのフェットチーネ>

―材料―

   ・アスパラガス−−−−−−−−−225g
   ・塩−−−−−−−−−−−−−−適量
   ・バター−−−−−−−−−−−−15g
   ・シャロット(微塵)−−−−−−大0.5
   ・ヘビークリーム−−−−−−−−1カップ
   ・スモークサーモン−−−−−−−115g
   ・黒胡椒−−−−−−−−−−−−適量
   ・レモンジュース−−−−−−−−小1
   ・フェットチーネ(生)−−−−−280g
   ・ディル(微塵)−−−−−−−−大2

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

―作り方―

*アスパラガスの根元を切り取った後、2、3cmの斜め切りにする。
*約3分ほど蒸し煮をして水にさらして水気をきり、ペーパータオルの上に置いておく。
*大きい鍋に水と少しの塩を沸騰させる。
*この間にスキレットを温め、バターを溶かす。
*シャロットを炒めたら、クリームを入れて少し濃くなるまで5分煮る。
*スモークサーモンを細切りにして、鍋に加えたら、火からおろす。
*胡椒で味付けし、レモンジュースを入れたら、アスパラガスを加える。
*鍋の水が沸騰したら、フェットチーネを加え、1、2回混ぜて再び沸騰させる。
*更に2、3分煮て、水気を切る。
*ソースを温め直して、フェットチーネを皿に入れたら、ソースをかけて混ぜる。
*ディルを散らして出す。

LD logo medium




このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ