世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

タグ:ビーフステーキのレシピ

ブログネタ
牛肉レシピ に参加中!
テンダーロイン・ステーキのブラックペッパーコーンソース

クリスマスの二人用ディナーのレシピです。普段は健康のことを考えて、赤肉を控えているので、たまに食べるときには少々高くても上等なテンダーロインがいいですね。あまり大きなブロックを買うと、残って大変なので、小さめの塊で、シェリーがたっぷり入ったクリームソースのレシピにしました。(4人分)

<テンダーロイン・ステーキのブラックペッパーコーンソース>

−材料−

   ・ビーフストック−−−−−−−−−2カップ
   ・バター−−−−−−−−−−−−−15g
   ・サラダ油−−−−−−−−−−−−大1
   ・テンダーロインステーキ−−−−−560g
   ・ドライシェリー−−−−−−−−−3/4カップ
   ・レーズン−−−−−−−−−−−−2/3カップ
   ・ブラックペッパーコーン−−−−−大1
   ・生クリーム−−−−−−−−−−−1カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*小さいソースパンでストックを沸騰させ、半カップになるまで、約15分煮詰めて置いておく。
*大きいスキレットを中強火で熱し、バターを溶かして、4枚に切ったステーキを焼く。
(好みの焼き具合にするとよいが、ミディアムレアで片面4分ずつ程度が目安。)
*焼けたら皿に移し、ホイルでカバーして温かくしておく。
*同じ鍋にシェリー、レーズン、ペッパーコーンを入れて、時々混ぜながら、半量になるまで約5分煮る。
*煮詰めたストックと生クリームを加えて沸騰させ、時々混ぜながら、ソースが濃くなるまで、約8分煮る。
*このソースをビーフステーキにかけて出す。

LD logo medium



このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
肉類のレシピ に参加中!
ビーフステーキのポアブルソース

赤い肉は、健康上の懸念から、家では滅多に調理しなくなりましたが、久々にビーフステーキを作ることにしました。シンプルですが、デミグラスは市販のものを利用して簡単にできました。胡椒がたっぷりかかって、ブランデーも加わった大人のボアブルソースでいただきました。(4人分)

<ビーフステーキのポアブルソース>

−材料−

   ・白いペッパーコーン−−−−−大2
   ・黒いペッパーコーン−−−−−大2
   ・ビーフヒレステーキ−−−−−4枚
   ・海塩−−−−−−−−−−−−適量
   ・オリーブオイル−−−−−−−大3
   ・バター−−−−−−−−−−−90g
   ・コニャック−−−−−−−−−1/4カップ
   ・デミグラス−−−−−−−−−1/2カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*すりこ木でペッパーコーンを粗く擦っておく。
*これをストレーナーに通して、粉末を取り出し、捨てる。
*ペッパーコーンをヒレ肉の両面に押し付けて、塩を振りかけておく。
*スキレットにオイルを入れ、中強火で温める。
*ステーキを入れたら、約7分焼いて、ひっくり返す。
*火を中火にしてバターを60g入れ、更に6分焼いて、皿に取り出して温めておく。
*火を少し強くして、コニャックを加え、1分ほどアルコールを飛ばす。
*デミグラスを入れて、残り30gのバターを加え、ソースが濃くなるまで混ぜる。
*更に1分煮たら、ビーフステーキの上にかけて出す。

LD logo medium




このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
肉類のレシピ に参加中!
ビーフステーキ・ダイアン


ビーフステーキは久しぶりです。健康上なるべく赤肉を食べるのは控えていますが、たまにはいいでしょう。ステーキダイアンはよく耳にするレシピです。ソースが決め手なので、ちょっと手間ですが、時間の余裕のあるときにでも試してみてください。"Cook's Illustrated"に載っていたレシピです。ステーキは4枚になっていますが、ソースはもっとたくさんできます。(4〜6人分)

<ビーフステーキ・ダイアン>

―材料―


(ソースベース)
   ・サラダ油−−−−−−−−−−大2
   ・トマトペースト−−−−−−−小4
   ・玉ねぎ(粗微塵)−−−−−−小2個
   ・人参(粗微塵)−−−−−−−中1本
   ・にんにく−−−−−−−−−−中4かけ
   ・水―−−−−−−−−−−1/4カップ
   ・小麦粉−−−−−−−−−−−小4
   ・赤ワイン(辛口)−−−−1.5カップ
   ・ビーフストック−−−−−3.5カップ
   ・チキンストック−−−−1と3/4カップ
   ・黒粒胡椒−−−−−−−−−−小2
   ・タイム−−−−−−−−−−−8本
   ・ローリエの葉−−−−−−−−2枚

(ビーフステーキ)
   ・サラダ油−−−−−−−−−−大2
   ・牛肉ステーキ−−−−−−−−4枚

(ソース)
   ・サラダ油−−−−−−−−−−大1
   ・シャロット(微塵)−−−−−大2
   ・コニャック−−−−− −−1/4カップ
   ・ディジョンマスタード−−−−小2
   ・無塩バター(冷)−−−−−−30g
   ・ウスターソース−−−−−−−小1
   ・チャイブ(微塵)−−−−−−大2

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

―作り方―

(ソースベース)
*ダッチオーブンを中強火で熱し、オイルとトマトペーストを入れて常に混ぜながら約3分火を通す。
*玉ねぎ、にんじん、にんにくを加えてよく混ぜ、赤茶色になるまで2分くらい炒める。
*水を半分入れて常に混ぜながら約3分炒めたら、必要に応じて残りの水を加える。
*小麦粉を入れて常に混ぜながら1分火を通す。
*ワインを注いでへらで鍋底から時々混ぜながら沸騰させる。
*ビーフとチキンのストックからローリエの葉までの材料を加えて沸騰させる。
*時々鍋底から混ぜながら、液体が2.5カップくらいになるまで、約35〜40分煮る。
*これをストレーナーに通して煮汁を搾り取り、大体1と1/4カップくらい残す。

(ステーキ)
*スキレットに大さじ1杯の油を熱し、塩胡椒したステーキを2枚ずつ約1分半炒める。
*ひっくり返して重い鍋を重しに置き、更に1分半炒める。
*皿に取ってホイルをかぶせ、温めておく。
*残りの油をひいて、残りのステーキも同様に炒めて皿に取る。

(ソースの仕上げ)
*ステーキを炒めたスキレットを火からおろして油大さじ1とシャロットを入れ、余熱で45秒ほど炒める。
*コニャックを加え10秒ほどおいたら、再び強火にかける。
*マッチでソースに火をつけ、液体が大さじ1杯くらいになり火が消えるまで約10秒待つ。
*ソースベースとマスタードを足して少し濃くなるまで2,3分煮る。
*バターを加えて火からおろし、ウスターソースとステーキを入れた皿に出た汁を加える。
*チャイブ大さじ1杯を入れて、塩胡椒で味を調整する。
*ステーキをそれぞれの皿に移し、大さじ2杯のソースをかけてチャイブを散らしてすぐに出す。
(残りのソースはソーサーに入れて回す。)

LD logo medium


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ