世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

タグ:フライドチキンのレシピ

ブログネタ
鶏肉レシピ に参加中!
チョコレート・フライドチキン

フライドチキンのレシピなのですが・・・・・。チョコレートミルクでマリネした後、衣にもココアパウダーを使うという、チョコレートラバー用のフライドチキンです。とても軟らかく仕上がりました。このレシピは、popsugarfood.com に載っていたレシピです。普通のフライドチキンに飽きたら、作ってみてください♪(4〜5人分)

<チョコレート・フライドチキン>

−材料−

(チョコレート・バターミルク液)

・バターミルク−−−−−−−4カップ
・ココアパウダー−−−−−−大2
・塩−−−−−−−−−−−−小1
・胡椒−−−−−−−−−−−小1
・カイエンペッパー−−−−−小1
・にんにく(微塵)−−−−−小1

・鶏のささ身−−−−−−−−12〜15枚

(衣)

・小麦粉−−−−−−−−−−1カップ
・コーンスターチ−−−−−−1/2カップ
・ココアパウダー−−−−−−1/2カップ
・塩−−−−−−−−−−−−小1/2
・胡椒−−−−−−−−−−−小1/2
・シナモン−−−−−−−−−小1/4
・ナツメグ−−−−−−−−−小1/4
・カイエンペッパー−−−−−小1/4

(つけ汁)

・はちみつ−−−−−−−−−1/4カップ
・タバスコソース−−−−−−小1

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*大きいボウルに、バターミルク液の材料をすべて入れ、鶏肉を加えて沈める。
*カバーをかけて、最低12時間から最高48時間冷蔵する。
*別のボウルに、衣の材料を全て入れて混ぜておく。
*ささみをマリネ液から取り出して、衣をまぶしたら、余分な粉を振るう。
*ダッチオーブンに揚げ油を入れて熱し、チキンを少しずつ加えて、時々返しながら、6〜7分揚げる。
*揚がったら、ペーパータオルの上に取り、残りの鶏肉を順に揚げていく。
*温かいフライドチキンを、つけ汁と一緒に出す。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

フライドチキンとグレービー


フライドチキンって、実は家で作ってなかったんですね。もちろん鶏のから揚げとか、チキンのベイクはいろいろしてますけど。で、アメリカのオーソドックスなフライドチキンは、北米でも南の方にある州で調理される方法が一般的です。バターミルクに漬けてから粉をまぶして揚げるという方法ですね。それだとあまり単純なので、サンクスギビングのシーズンでもあるし、ちょっとだけ工夫を凝らした、中西部スタイルのレシピで作ってみることにしました。よって、マッシュポテトのグレービーもできます。

普通のフライドチキンと一番違うところは、油で揚げてからオーブンで焼いて仕上げるということです。今日のレシピは、Amy Thielenさんの"The New Midwestern Table"という本に載っていました。鶏肉は身がとても軟らかく仕上がったのですが、ややマイルドな味だったので、もう少し塩胡椒を利かせてもよかったと思います。ちなみに、冷蔵しておいた残りを翌々日、冷たいままで食べても美味しかったです。(4〜5人分)

<フライドチキンとグレービー>

−材料−

   ・鶏肉−−−−−−−−−−−1.8kg
   ・バターミルク−−−−−−−1カップ
   ・海塩と黒胡椒−−−−−−−適量
   ・タイム(微塵)−−−−−−小2
   ・にんにく−−−−−−−−−7かけ
   ・小麦粉−−−−−−−−−−1.5カップと小5
   ・リッツクラッカー−−−−−1カップ
   ・パプリカパウダー−−−−−小2
   ・サラダ油−−−−−−−−−2カップ
   ・セージ−−−−−−−−−−小1束
   ・チキンストック−−−−−−2.5カップ
   ・マッシュポテト−−−−−−適量

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*鶏肉を部位ごとに食べやすい大きさに分ける。
*バターミルクに、小さじ1の塩と小さじ半分の胡椒に、タイムと4かけのにんにくを押しつぶして混ぜる。
*このマリネ液に小分けにしたチキンを漬けて、室温で最低1時間から、できれば一晩冷蔵する。
*大きいボウルに、1.5カップの小麦粉と粉状に砕いたクラッカー、小さじ1と3/4の塩と小さじ1の胡椒にパプリカを混ぜる。
*鶏肉の部位をマリネから取り出し、1つずつ粉をまぶして皿に並べておく。
*高さのある鉄のフライパンか、ダッチオーブンに油を2.5cmほど入れて、中強火で熱くする。
*用意ができたら、チキンを入るだけ入れて、10〜12分ほどかけて、全面が茶色になるまで揚げる。
*この間に、オーブンを180℃(華氏350℃)に温めておく。
*油で揚げ終わったチキンはベーキングシートに並べていく。
*これをオーブンに入れて、15分前後焼く。
*この間に鍋の脂を、大さじ2杯分を除いて捨て、残りのつぶしたにんにくとセージを入れて、約1分炒める。
*残りの小さじ5の小麦粉を加えて2分ほど混ぜ、茶色くなったらストックを注いで滑らかになるまで混ぜる。
*ソースが濃くなるまで、弱火で5分ほど火を通し、塩胡椒で味付け、ニンニクとセージを捨てる。
*これをグレービー・ボートに移して、フライドチキンとマッシュポテトと一緒に出す。

LD logo medium



このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ