世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

タグ:ベジタリアンのレシピ

ブログネタ
野菜料理 に参加中!
とうもろこしのハラぺノ・フェタバター

とうもろこしの美味しいシーズンには、焼いたりゆでたりしたコーンをそのままかぶりつくのが一番ですね。当たりが良ければ、何もつけなくてもキャンディーのように甘くてジューシーなトウモロコシもありますが、アメリカでは、やはりバーベキューのように焼いて、バターを付けて食べるのが一般的です。今日はそのバターを一ひねりして、スパイシーなフェタ入りバターに仕上げました。ニューヨークタイムズに載っていたレシピです。(6人分)

<とうもろこしのハラぺノ・フェタバター>

−材料−

   ・無塩バター(室温)−−−−−−115g
   ・ハラペノペッパー(微塵)−−−1個
   ・フェタ(つぶす)−−−−−−−1/4カップ
   ・パセリかバジル(微塵)−−−−大2
   ・にんにくペースト−−−−−−−大1かけ
   ・ライムかレモンジュース−−−−小1/2
   ・コーシャソルト−−−−−−−−小1/4
   ・トウモロコシ−−−−−−−−−6本
   ・オリーブオイル−−−−−−−−適量

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*小さいボウルに、とうもろこし以外の材料を全て混ぜ合わせる。
*これを6等分したら、各15cm四方くらいのパーチメントに置き、それぞれ棒状にまとめて包み、両端をひねっておく。
*最低2時間から最高3日間冷蔵する。(冷凍庫では3か月ほど持つ。)
*グリルの火をつけて、火から10cmほど話した所に網を置き、刷毛でオイルを軽く塗ってから、前面に焦げ目が付くまで数分焼く。
*これを皿に載せ、キャンディー状に包んだ、ハラぺノ・フェタバターを添えて出す。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
サラダのレシピ に参加中!
ポテトとインゲンとトマトのサラダ

ポテトとインゲンとトマトのサラダレシピです。じゃが芋と三度豆は、別々にゆでるのではなく、1つの鍋で完了させる手法です。アンチョビーは省いてもかまいません。"America's Test Kitchen"に載っていたレシピです。(4人分)

<ポテトとインゲンとトマトのサラダ>

−材料−

   ・じゃがいも(角切り)−−−−−680g
   ・塩−−−−−−−−−−−−−−適量
   ・インゲン豆−−−−−−−−−−450g
   ・オリーブオイル−−−−−−−−1/2カップ
   ・白ワイン酢−−−−−−−−−−1/4カップ
   ・塩−−−−−−−−−−−−−−小3/4
   ・胡椒−−−−−−−−−−−−−小3/4
   ・チェリートマト−−−−−−−−170g
   ・ケイパー−−−−−−−−−−−1/4カップ
   ・シャロット(薄切り)−−−−−1個
   ・アンチョビー(微塵)−−−−−2尾
   ・パセリ−−−−−−−−−−−−1/2カップ
   ・ディル(微塵)−−−−−−−−1/4カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*ジャガイモは皮つきのままで食べやすい大きさに切って鍋に入れ、十分かぶさるくらいの水と塩小さじ2杯ほど入れて沸騰させる。
*一旦沸騰したら中弱火にして、ほぼ軟らかくなるまで約7分ゆでる。
*インゲン豆の筋を取り、2〜3cmの長さに切ったものを鍋に加えて、更に7分ほど湯でる。
*この間に、大きいボウルに油と酢と塩胡椒を混ぜて、そのうち4分の1カップを別にしておく。
*ボウルに、半分に切ったトマトと、ケイパー、シャロット、アンチョビーを加えて混ぜておく。
*ポテトとインゲンが煮えたら、ストレーナーにとって水気を切り、ベーキング皿に広げる。
*取っておいたドレッシングを垂らして混ぜ、15分ほど冷ます。
*これをパセリとディルと一緒にトマトのボウルに加えて混ぜ、塩胡椒で味を調整して出す。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
サラダのレシピ に参加中!
カプレーゼサラダ・ピーチ入り

カプレーゼ・サラダにピーチを加えたバージョンのレシピです。新鮮な桃が手に入る時期に作ってみてくださいね。ネクタリンでも代用できますが、トマトだけは、自家受粉のエアルームトマトをお勧めします。とても口当たりのさわやかなレシピは、parade.comに載っていました。(4人分)

<カプレーゼサラダ・ピーチ入り>

−材料−

   ・バルサミコ酢−−−−−−−−−大2
   ・レモンジュース−−−−−−−−大2
   ・粒マスタード−−−−−−−−−大1
   ・はちみつ−−−−−−−−−−−大1
   ・シャロット(微塵)−−−−−−大1
   ・コーシャソルト−−−−−−−−小3/4
   ・黒胡椒−−−−−−−−−−−−小1/2
   ・オリーブオイル−−−−−−−−1/4カップ
   ・フレッシュモッツァレラ−−−−225g
   ・桃またはネクタリン−−−−−−大2個
   ・エアルームトマト−−−−−−−中2個
   ・バジル−−−−−−−−−−−−適量
   ・海塩片−−−−−−−−−−−−適量

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*バルサミコ酢から胡椒までの材料をボウルで混ぜたら、オリーブオイルをゆっくり垂らしながら、滑らかになるまで混ぜる。
*モッツァレラチーズ、桃、トマトを薄い輪切りにして、皿に交互にずらしながらきれいに重ねていく。
*バジルを適当に散らしたら、用意したドレッシングを全体にかけ、上から府ルールドセルなどの塩片を振りかけて出す。

LD logo medium


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ