世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

タグ:マッシュポテトのレシピ

ブログネタ
野菜料理 に参加中!
マッシュポテトのパルメザンチーズクラスト


マッシュポテトのレシピでは、これまでに「マッシュポテトの基本」のレシピや、「マッシュポテトのキャセロール」のレシピを紹介していますが、今回のレシピは、ねぎをたくさん入れて、上にパルメザンチーズとパン粉をかけて焼いたものです。上のカリカリ感が下の柔らかいマッシュポテトと対照的で面白いです。ねぎの代わりにペストを使っても応用できるレシピです。(6〜8人分)

<マッシュポテトのパルメザンチーズクラスト>

−材料−

   ・じゃがいもーーーーーーーー1360g
   ・ライトクリームーーーーーー3/4カップ
   ・無塩バターーーーーーーーー大4(60g)
   ・塩ーーーーーーーーーーーー小1
   ・胡椒ーーーーーーーーーーー小1/2
   ・ねぎ(微塵切り)ーーーーー1カップ
   ・オレガノーーーーーーーーー大1
   ・パン粉ーーーーーーーーーー1/3カップ
   ・パルメザンチーズーーーーー1/3カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240ml(240cc)となっています。)

−作り方−

*ジャガイモを塩水で20分ほど茹でて、水気を切ったら鍋に戻す。
*中火に30秒ほどかけ、湿気を飛ばしたら火からおろし、蓋をして温かくしておく。
*オーブンを220℃(華氏425度)に温め、ベーキング皿にオイルスプレーを振っておく。
*小さいソースパンに、ライトクリームと大さじ3杯のバターに、塩胡椒を入れて中火にかける。
*鍋のじゃが芋をポテト・マッシャーでつぶし、上のソースを加えて、滑らかになるまで混ぜる。
*ねぎとオレガノを混ぜ入れて、ベーキング皿に移す。
*小さいスキレットに残りのバターを入れて中火にかけ、パン粉を混ぜる。
*火から下ろしてパルメザンチーズを加え、マッシュポテトの上にかける。
*トッピングが色づくまで、約20分、オーブンで焼く。

おいしく作れますように!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
キャセロールのレシピ に参加中!
マッシュポテトのキャセロール

マッシュポテトの基本のレシピは以前に載せました。でもじゃがいもをゆでるのは時間がかかりますよね。クリスマスの当日は、やはりメインディッシュに力を注ぎたいので、前もってできることは先に準備しておくと楽です。そこで、最初から一晩冷蔵しておくマッシュポテトのレシピを紹介します。(8〜10人分)

<マッシュポテトのキャセロール>


−材料−

   ・じゃがいもーーーーーーー1350g
   ・サワークリームーーーーー1.5カップ
   ・バターーーーーーーーーー大5
   ・塩ーーーーーーーーーーー小1.5
   ・胡椒ーーーーーーーーーー小1/4
   ・パン粉ーーーーーーーーー1/4カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240ml(240cc)となっています。)

−作り方−

*じゃがいもの皮をむき、塩水でゆでておく。
*大きいボウルにゆでたじゃが芋を入れ、サワークリームと大さじ4杯のバターと塩胡椒を加える。
*ジャガイモが軽くなるまで、ミキサーの低速でよく混ぜる。
*軽くバターを塗ったキャセロールに入れ、蓋をして一晩冷蔵庫で寝かす。
*調理する1時間前に室温に戻しておき、170℃(華氏325度)のオーブンで約1時間焼く。
*パン粉を残りのバターと混ぜ、ポテトの上に振りかけて、蓋をしないで更に30分焼く。

おいしく作れますように!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ