世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

タグ:メキシカンのレシピ

ブログネタ
メキシカンレシピ に参加中!
チキンファヒータ

チキン・ファヒータのレシピは以前にも紹介していますが、以前は、フィリングをオーブンに入れて焼くものでした。今回は、鶏肉をマリネした後、オーブンで焼く以外は、スキレットで、ポブラノペッパーのクリームソース"rajas con cream"を調理し、グリルしたチキンを加えて完成させます。以前より手の込んだ、メキシカン・ファヒータのレシピは、"Cook's Illustrated"で見つけました。(4人分)

<チキンファヒータ>


−材料−

(チキン)
   ・サラダ油−−−−−−−−−−−1/4カップ
   ・ライムジュース−−−−−−−−大2
   ・にんにく(つぶす)−−−−−−4かけ
   ・燻製パプリカ−−−−−−−−−小1.5
   ・砂糖−−−−−−−−−−−−−小1
   ・塩−−−−−−−−−−−−−−小1
   ・クミンパウダー−−−−−−−−小1/2
   ・胡椒−−−−−−−−−−−−−小1/2
   ・カイエンペッパー−−−−−−−小1/4
   ・鶏胸肉(薄切り)−−−−−−−680g

(ラハス)
   ・ポブラノペッパー−−−−−−−450g
   ・サラダ油−−−−−−−−−−−大1
   ・玉ねぎ(薄切り)−−−−−−−1個
   ・にんにく(微塵)−−−−−−−2かけ
   ・タイム(乾燥)−−−−−−−−小1/4
   ・オレガノ(乾燥)−−−−−−−小1/4
   ・ヘビークリーム−−−−−−−−1/2カップ
   ・ライムジュース−−−−−−−−大1
   ・塩−−−−−−−−−−−−−−小1/2
   ・胡椒−−−−−−−−−−−−−小1/4
   
   ・トルティーヤ(小麦粉)−−−−8〜12枚
   ・パセリ(微塵)−−−−−−−−1/4カップ
   ・ライム(くし形)−−−−−−−適量

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

(チキン)
*油大さじ3杯と、ライムジュースからカイエンペッパーまでの材料をボウルに混ぜる。
*チキンに絡めて、室温で30〜60分置く。

(ラハス)
*グリルの火をつけておく。
*ポブラノペッパーを半分に切って、ヘタと種を取り除く。
*ベーキングシートにホイルを敷いて、ペッパーの断面を下にして並べる。
*グリルの火で、皮がよく焼け焦げるまで、途中で向きを変えて、4〜10分焼く。
*ボウルに取り出したら、カバーをかけて、10分間蒸す。
*軟らかくなった皮をむいて捨てたら、5mmほどの幅に切っておく。
*オーブンの火を100度くらいに下げておく。

*強火でスキレットに油を入れて熱くしたら、玉ねぎを入れて、軟らかくなるまで約3分炒める。
*ニンニク、タイム、オレガノを加えて、15秒ほど香りを出したら、クリームを注いで、1〜2分よく混ぜる。
*用意したポブラノペッパーと、ライムジュース、塩胡椒を加えて混ぜたら、ボウルに移してカバーし、オーブンの中段に入れて温めておく。
(スキレットの汚れをペーパータオルで拭きとっておく。)

*鶏肉をマリネ液から取り出し、余分な水分をふきとったら、スキレットを再び強火で温めて油を熱し、チキンを入れる。
*動かすことなく、よく焼き色が付くまで、約4分炒めたら、ひっくり返して、オーブンの下段に入れて、7〜10分焼く。
*焼けたら、まな板に移して5分ほど置き、5mmほどの幅に切ってから、スキレットに戻し、汁を絡める。

*温めておいたトルティーヤに、熱いチキンを少量載せ、ラハスを少し加えて巻き、ライムを添えて出す。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
メキシカンレシピ に参加中!
チキン・タコス

チキンタコスのレシピです。玉ねぎを炒めてスパイスで味付け、トマトソースを加えて鶏肉を煮込みます。温めたコーン・トルティアに包んでいただきます。"America's Test Kitchen"に載っていた、メキシカン・レシピになります。(4人分)

<チキン・タコス>

−材料−

   ・サラダ油−−−−−−−−−−−大2
   ・玉ねぎ(微塵)−−−−−−−−1個
   ・にんにく(微塵)−−−−−−−3かけ
   ・塩−−−−−−−−−−−−−−小1
   ・クミンパウダー−−−−−−−−小1
   ・燻製パプリカパウダー−−−−−小1/2
   ・シナモンパウダー−−−−−−−小1/4
   ・チポトレチリパウダー−−−−−小1/4
   ・トマトソース−−−−−−−−−230g
   ・鶏肉−−−−−−−−−−−−−680g
   ・ライムピール−−−−−−−−−小1
   ・ライムジュース−−−−−−−−大1
   ・コーントルティア−−−−−−−8〜10枚

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*ソースパンを中火で温め、油を熱したら、玉ねぎを入れて、時々混ぜながら5分ほど炒める。
*塩からチリパウダーまでのスパイスを加えて、香りが出るまで約30秒炒める。
*トマトソースを注いで、鍋の底から混ぜたら、鶏肉を加えて沸騰させる。
*火を中弱火に落として蓋をし、チキンが軟らかくなるまで約25分煮たら火を止める。
*鶏を取り出して少し冷ましたら、食べやすい大きさに引き裂く。
*チキンを鍋に戻して中火にし、ソースが全体に絡まるまで、10〜15分煮て火を止める。
*ライムピールとライムジュースを入れて混ぜる。
*トルティアを皿に入れてぬれタオルをかけ、電子レンジで1分ほど温めて、チキンと一緒に出す。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
メキシカンレシピ に参加中!
ステーキ・ファヒータ・チリ

チリコンカンも数多く作っていますが、今回は、シチュー肉を使ったファヒータ・チリのレシピを紹介します。良質の肉を使うと、スパイシーなビーフ・シチューのような感じで、主人に好評でした。フットボール・シーズンには欠かせないスタイルのディナーです。(8人分)

<ステーキ・ファヒータ・チリ>

−材料−

   ・オリーブオイル−−−−−−−−−−−−大1
   ・シチュー肉−−−−−−−−−−−−−−680g
   ・玉ねぎ(薄切り)−−−−−−−−−−−中1個
   ・にんにく(微塵)−−−−−−−−−−−8かけ
   ・チリパウダー−−−−−−−−−−−−−大2
   ・チポートレチリ(アドボソース漬)−−−大1
   ・クミンパウダー−−−−−−−−−−−−小2
   ・赤インゲン豆(缶詰)−−−−−−−−−840mL
   ・トマトの缶詰(角切り)−−−−−−−−785mL
   ・チキンストック−−−−−−−−−−−−2カップ
   ・うずら豆(缶詰)−−−−−−−−−−−420mL
   ・コーシャーソルト−−−−−−−−−−−小1.5
   ・黄パプリカ(細切り)−−−−−−−−−2カップ
   ・赤パプリカ(細切り)−−−−−−−−−1.5カップ
   ・緑パプリカ(細切り)−−−−−−−−−半カップ
   ・アボカド(小口切り)−−−−−−−−−1個
   ・ギリシャヨーグルト−−−−−−−−−−半カップ
   ・ねぎ(微塵)−−−−−−−−−−−−−半カップ
   ・パセリ(微塵)−−−−−−−−−−−−半カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*ダッチオーブンを中強火で熱し、油を温める。
*肉の半量を入れて、約6分炒めたら皿に取って、残りの肉を炒めて皿に取る。
*玉ねぎとニンニクを入れて、時々混ぜながら、玉ねぎが軟らかくなるまで約6分炒める。
*チリパウダー、チポートレチリ、クミンパウダーを加えて、常に混ぜながら1分炒める。
*豆類とチキンストック、水切りをしない缶詰トマトに塩を加えて、沸騰させる。
*取っておいた肉を鍋に戻して蓋をし、弱火にして、約30分煮る。
*パプリカ類を加えて、肉が軟らかくなるまで、更に30分煮る。
*チリをボウルに入れて、好みのトッピングの材料を載せる。

LD logo medium



このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ