世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

タグ:メキシコ料理のレシピ

ブログネタ
メキシカンレシピ に参加中!
チキン・ファヒータ


ファヒータのレシピです。ソフト・トルティアに、味付けして炒めたお肉や野菜を置いて、巻いて食べるメキシコのお料理です。中に入れる具は好みで、どんな肉でも、またベジタリアンの方なら、野菜だけでもよく、いろいろ応用が利きます。パプリカも好みの色を使ってください。豆は本当は小さめの豆がいいのですが、家にイタリアのルピ二という豆が残っていたので、使いました。好みで最後にライムジュースを絞ってかけてもいいですね。(4人分)

<チキン・ファヒータ>

―材料―

   ・オリーブオイル−−−−−−−−−小2
   ・赤玉ねぎ(薄切り)−−−−−−−1カップ
   ・パプリカ(橙か黄)−−−−−−−1カップ
   ・とうころこしの実−−−−−−−1/2カップ
   ・塩−−−−−−−−−−−−−−−小1/2
   ・黒胡椒−−−−−−−−−−−−−小1/2
   ・豆(缶詰)−−−−−−−−−−−1カップ
   ・トマト(粗微塵)−−−−−−−3/4カップ
   ・チキンスープ−−−−−−−−−1/2カップ
   ・ライムジュース−−−−−−−−−大1.5
   ・鶏胸肉(細切り)−−−−−−−−115g
   ・モッツァレラ(細切り)−−−−−1カップ
   ・トルティア−−−−−−−−−−−中8枚
   ・サワークリーム−−−−−−−−−小8
   ・アボカド(薄切り)−−−−−−−半個

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

―作り方―

*オーブンのグリルの火をつけておく。
(トルティアをホイルに包んで、グリルの火から遠い所に入れて、温めておく。)
*オーブンに入れてもよいスキレットを中強火で温め、オイルを入れる。
*玉ねぎから塩胡椒までの材料を入れて、3分炒める。
*豆からライムジュースまでの材料を加えて2分煮る。
*この上に鶏肉を載せ、チーズを満遍なく振りかける。
*鍋をオーブンに入れ、チーズが溶けるまで3分ほど焼く。
*温めておいたトルティアの上に、具を置き、小さじ1杯のサワークリームとアボカドを載せて出す。

LD logo medium


このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
メキシカンレシピ に参加中!
海老のミニ・タコス


メキシコの祭典、"Cinco de Mayo"(シンコデマヨ)の時期なので、メキシカンレシピにしました。以前に、シンプルな海老のタコスや、コーンサルサと一緒に食べるシュリンプ・タコスを作っていますが、今回はトルティアにガカモーレを塗り、海老とグリーンオリーブサルサを載せて食べるレシピになります。ミニサイズのトルティアを使ったので、オードブルトレイとしてもパーティー用に使えると思います。とてもおいしくできました。Realsimpe.comに載っていたレシピです。(約4人分)

<海老のミニ・タコス>

―材料―

   ・アボカド−−−−−−−−−−−−2個
   ・ライムジュース−−−−−−−−−大3
   ・塩胡椒−−−−−−−−−−−−−適量
   ・グリーンオリーブ−−−−−−−−半カップ
   ・玉ねぎ(微塵)−−−−−−−−−1カップ
   ・ハラピノペパー(微塵)−−−−−半個
   ・パセリ(微塵)−−−−−−−−1/4カップ
   ・海老−−−−−−−−−−−−−−680g
   ・オリーブオイル−−−−−−−−−大2
   ・トルティア−−−−−−−−−−−適量

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

―作り方―

*アボカドは皮をむき種を取ってブレンダーに入れ、大さじ1のライムジュースと小さじ半分の塩を加える。
*滑らかになるまで回したらボウルに移しておく。
*残りのライムジュースと種を取ったオリーブからパセリまでの材料をボウルに混ぜておく。
*別のボウルに、皮をむいて背ワタを取った海老を入れ、オイルと小さじ各1/4の塩と胡椒をまぶしておく。
*グリルの火をつけ、海老を並べて、時々返しながら、3,4分焼く。
*トルティアを温め、ガカモーレを塗った上に海老とサルサを載せていただく。

LD logo medium



このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
スープのレシピ に参加中!
牛挽肉と白い豆のチリ


チリ(コンカン)もいろいろ作っていますが、基本のビーフチリだったり、ベジタリアン用にビーンチリだったり、他の肉類も試してみたり。今日のレシピでは、ビーフとビーンを組み合わせたチリになります。白い豆にはいろいろ種類があるので、お好きなものを入れてください。私は白のインゲン豆にしました。チーズもお好みのものをどうぞ。(4人分)

<牛挽肉と白い豆のチリ>

―材料―

   ・赤玉ねぎ−−−−−−−−−−大1個
   ・ハラピノペパー−−−−−−−大1個
   ・チキンスープ−−−−−−−−3カップ
   ・トルティア−−−−−−−−−小2枚
   ・オリーブオイル−−−−−−−大1
   ・牛挽肉―−−−−−−−−−−225g
   ・にんにく(微塵)−−−−−−5かけ
   ・チリパウダー−−−−−−−−大1.5
   ・クミンパウダー−−−−−−−小1
   ・パプリカ−−−−−−−−−−小1
   ・トマト缶詰−−−−−−−−−2カップ
   ・塩−−−−−−−−−−−−−小1/2
   ・白インゲン豆−−−−−−−−415g
   ・ギリシャヨーグルト−−−−1/4カップ
   ・ミックスチーズ−−−−−−1/2カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

―作り方―

*玉ねぎから1僂らいの厚みの輪切りを2枚切り取り、後は微塵にする。
*厚手の鍋を熱して、玉ねぎの輪切りとハラピノペパーを入れて焦げ目をつける。
*取り出したら、玉ねぎは微塵にして、ハラピノは薄切りにする。
*スープとトルティアをちぎってフードプロセッサーに入れ、よく混ぜる。
*ダッチオーブンを温め、オイルを熱して、牛挽肉を入れ、6分炒める。
*微塵切りの玉ねぎとにんにくを入れて5分炒める。
*スパイス類を加えたら、スープとつぶしたトマトに塩と豆を入れて沸騰させる。
*少し火を弱めて10分煮る。
*ボウルにチリを入れ、上にヨーグルトを垂らしてチーズをふりかける。
*最後に炒めて切った玉ねぎとハラピノペパーを載せるか、別皿に添えて出す。

LD logo medium


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ