世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

タグ:ラザーニャのレシピ

ブログネタ
パスタ に参加中!
ラザーニャ・かぼちゃ入り

ラザーニャは以前にクリスマス版のレシピを紹介したことがありますが、今回はサンクスギビング版、とタイトルに付いていたのですが、別に感謝祭まで待つ必要もないので、南瓜入りレシピとしてお届けします。準備の時間はたっぷりかかります。通常通りの挽肉の他、各種野菜も入っているので、盛りだくさんの具入りラザーニャです。チーズの量も半端ではないので、私は家族用に全体の半量で作りましたが、それでも残りを片付けるのに何日もかかりました。(6〜8人分)

<ラザーニャ・かぼちゃ入り>

−材料−

   ・人参(粗微塵)−−−−−−−−2本
   ・玉ねぎ(粗微塵)−−−−−−−半個
   ・セロリ(粗微塵)−−−−−−−半本
   ・バター−−−−−−−−−−−−30g
   ・オリーブオイル−−−−−−−−大2
   ・にんにく(微塵)−−−−−−−大1
   ・牛挽肉−−−−−−−−−−−−1130g
   ・赤ワイン(辛口)−−−−−−−1.5カップ
   ・トマトピューレ−−−−−−−−85g
   ・ビーフストック−−−−−−−−1カップ
   ・塩胡椒−−−−−−−−−−−−適量
   ・ローズマリー(乾燥)−−−−−大1
   ・かぼちゃ(小口切り)−−−−−2カップ
   ・ラザーニャパスタ−−−−−−−900g
   ・ベシャメルソース−−−−−−−2カップ
   ・モッツァレラチーズ−−−−−−680g
   ・リコッタチーズ−−−−−−−−2250g
   ・パルメザンチーズ−−−−−−−2カップ
   ・ペコリノロマノチーズ−−−−−1カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*ソテーパンを中火で熱し、バターを溶かして、人参、玉ねぎ、セロリを軟らかくなるまで炒める。
*フードプロセッサーで細かくしておく。
*空の鍋を中火で温め直し、オリーブオイルとニンニクを入れて、焼き色が付くまで2分ほど炒める。
*取っておいた野菜類を加えて、更に10分炒める。
*牛挽肉を加えて、完全に火を通したら、余分な油分を捨てる。
*ワインを注いで、半量になるまで煮詰める。
*トマトピューレとストックを注いで塩胡椒で味付けし、ローズマリーを入れて、30〜45分煮る。
*この間にオーブンを180℃(華氏350℃)に温めておく。
*かぼちゃの皮をむいて小口に切ったものを、ベーキングシートに載せて、オーブンで15〜20分焼く。
*焼けたら塩胡椒して置いておく。
*大きい鍋に水を沸かし、塩と少量のオリーブオイルを加えて、ラザーニャを指示通りに茹でたら、水けを切っておく。
*モッツァレラチーズは細切りにし、パルメザンとペコリノロマノチーズはおろしておく。
*大きいベーキング皿にバターを塗っておき、ラザーニャを1層敷いたら、1/4量のベシャメルソースを入れる。
*挽肉とかぼちゃをそれぞれ1/3量置いたら、モッツァレラ、リコッタ、パルメザンチーズの1/3量と、ペコリノロマノチーズの1/4量をのばす。
*これを繰り返し、最後の層が、ラザーニャ、ベシャメル、ペコリノロマノになったら、ホイルをかけて、オーブンで35分焼く。
*取り出して10分置いてから切り分ける。

LD logo medium


このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
パスタ に参加中!
ポーク・ラザーニャ


ラザーニャもいろいろ作っていますが、今回は豚肉を使ったラザーニャのレシピになります。このレシピでは、生のラザーニャ・ヌードルを使うので、事前に茹でる時間が節約できます。(6〜8人分)

<ポーク・ラザーニャ>

―材料―

   ・オリーブオイル−−−−−−−−大2
   ・ベーコンスライス(微塵)−−−4枚
   ・玉ねぎ(微塵)−−−−−−1/2カップ
   ・にんにく(つぶす)−−−−−−1かけ
   ・豚挽肉−−−−−−−−−−−−450g
   ・トマトペースト−−−−−−−−大2
   ・赤ワイン−−−−−−−−−1/2カップ
   ・肉のストック−−−−−1と1/4カップ
   ・塩胡椒−−−−−−−−−−−−適量
   ・ローリエの葉−−−−−−−−−1枚
   ・マージョラム(乾燥)−−−−−小1/2
   ・生ラザーニャ−−−−−−−−−225g
   ・リコッタチーズ−−−−−−−−2カップ
   ・パルミジャーノ(おろす)−−−大2
   ・バター−−−−−−−−−−−−
(ベシャメルソース)
   ・バター−−−−−−−−−−−−30g
   ・小麦粉−−−−−−−−−−1/4カップ
   ・牛乳―−−−−−−−−−−−−2カップ
   ・ローリエの葉−−−−−−−−−1枚
   ・ナツメグ(粉)−−−−−−−−1つまみ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

―作り方―


*スキレットでオリーブオイルを熱し、ベーコン、玉ねぎ、にんにくを入れて5分炒める。
*豚肉を加えて色づくまで混ぜたら、トマトペーストを混ぜる。
*赤いワインからマージョラムまでの材料を入れて沸騰させる。
*蓋をして火を弱め、1時間ほど煮る。
*バターをのばしたベーキング皿に、ラザーニャを敷く。
*肉の炒め物を少し置いて、リコッタチーズを少し散らす。
*これを繰り返し、最後にラザーニャが上に来るようにする。
*オーブンを200度(華氏400度)に温めておく。
*鍋でバターを溶かし、小麦粉を入れて1分混ぜる。
*火からおろしてゆっくり牛乳を混ぜる。
*ローリエの葉と、塩胡椒、マージョラムを加えて弱火でよく混ぜながら5分煮る。
*このベシャメルソースをラザーニャの上からかける。
*その上にパルミジャーノを散らして、小さく切ったバターを置いていく。
*オーブンでトッピングが黄金色になるまで焼いて、熱いうちに出す。

LD logo medium


このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
パスタ に参加中!
魚介類のラザーニャ


魚介類のラザーニャレシピです。貝柱と海老を使う上に、サフランパウダーを2袋も使うので、結構材料費が高くつくラザーニャですが、いい味が出ます。ちなみに私はサフランパウダーをちょっとケチって少なめに使ったので、色の出具合が少なくなっています。(4〜6人分)

<魚介類のラザーニャ>

―材料―

   ・ほたて貝柱−−−−−−−−−大6個
   ・海老−−−−−−−−−−−−450g
   ・にんにく(つぶす)−−−−−1かけ
   ・バター−−−−−−−−−−−75g
   ・小麦粉−−−−−−−−−−−50g
   ・牛乳−−−−−−−−−−−−600mL
   ・ヘビークリーム−−−−−−−100mL
   ・白ワイン(辛口)−−−−−−100mL
   ・サフランパウダー−−−−−−2袋
   ・カイエンペパー−−−−−−−2つまみ
   ・フォンティナチーズ−−−−−130g
   ・パルミジャーノ−−−−−−−75g
   ・ラザーニャ(生)−−−−−−6〜8枚
   ・塩―−−−−−−−−−−−−適量
   ・黒胡椒−−−−−−−−−−−適量

―作り方―

*オーブンを190度(華氏375度)に温めておく。
*海老は皮をむき背綿を取って、貝柱と一緒に食べやすい大きさに切って皿に載せる。
*これにニンニクと塩胡椒をまぶす。
*ソースパンにバター25gを中火で熱し、貝柱と海老を1,2分炒めたら皿に取り出す。
*残りのバターを鍋に足し、弱火で小麦粉を1,2分炒める。
*火を中火にして、熱い牛乳を少しずつ鍋に入れ、へらで滑らかになるように混ぜる。
*沸騰させて、ソースが濃くなるまで混ぜる。
*ヘビークリームとワインを注ぎ、サフランパウダー、カイエンペパー、塩胡椒を混ぜ入れる。
*火からおろして、ソースの3分の1をベーキング皿にのばす。
*薄切りにしたフォンティナチーズの半分を並べたら、おろしたパルミジャーノの3分の1を振り入れる。
*炒めた魚介類の半分を平均して入れたら、ラザーニャの半分を載せる。
*この工程を繰り返し、最後は、残りのソースとパルミジャーノを入れる。
*オーブンで表面が黄金色になるまで、30〜40分焼く。
*取り出してから10分ほど置いて出す。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ