世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

タグ:子牛肉のスカロピーネのレシピ

ブログネタ
肉類のレシピ に参加中!
子牛肉のスカロピーネ・バジルトマトチーズ焼き


子牛肉のスカロピーネは、以前にも作っています。基本のスカロピーネ以外にも、ハムとチーズ焼きのレシピもありました。今回は、バジル、トマト、モッツァレラチーズを上に載せて焼くレシピです。写真では見えにくいのですが、エアルームトマトがあったので、緑色のトマトも混ざっています。(5〜6人分)

<子牛肉のスカロピーネ・バジルトマトチーズ焼き>

―材料―

   ・子牛肉(薄切り)−−−−−−−−−1kg
   ・塩胡椒−−−−−−−−−−−−−−適量
   ・オリーブオイル−−−−−−−1/4カップ
   ・バジル(微塵)−−−−−−−1/2カップ
   ・トマト(薄切り)−−−−−−−−−大2個
   ・モッツァレラチーズ(生)−−−−−450g
   ・オレガノ(乾)−−−−−−−−−−小1

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

―作り方―

*スキレットを中火で熱してオリーブオイルを加える。
*塩胡椒した子牛肉を重ならないように入れて、片面2分ずつくらい焼く。
*ペーパータオルを敷いた皿に取り、残りも順に焼いていく。
*オーブンを220度(華氏425度)に温めておく。
*モッツァレラチーズは薄切りにしておく。
*ベーキング皿にソテーした子牛肉を並べる。
*バジル、トマト、チーズの順でスカロピーネの上に載せていく。
*オレガノを振りかけて、用意したオーブンで2,3分焼き、熱いうちに出す。

LD logo medium


このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
肉類のレシピ に参加中!
子牛肉のマルサラワイン風味


子牛肉のスカロピーネのレシピは以前にも、スカロピーネのハムとチーズ焼きでも紹介しましたが、今回はマルサラワイン風味のレシピになります。手早くできるので、平日の夕食でも役立ててください。(4人分)

<子牛肉のマルサラワイン風味>

―材料―

   ・子牛肉のスカロピーネ−−−−−450g
   ・小麦粉−−−−−−−−−−−−1/2カップ
   ・塩胡椒−−−−−−−−−−−−適量
   ・バター−−−−−−−−−−−−60g
   ・マルサラワイン−−−−−−−−大5
   ・ビーフスープ−−−−−−−−−大5

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

―作り方―

*子牛肉を肉たたきでたたいて、6mm位の厚さにのばす。
*肉の繊維に垂直に、浅く切り目を入れておく。
*小麦粉に塩胡椒を混ぜて大皿に入れる。
*フライパンにバターを溶かす。
*スカロピーネを粉にまぶして余分な粉を振るい落としておく。
*バターの泡が収まったら、子牛肉を重ならないように並べる。
*両面とも色づくまで焼いたら、温かい皿に移す。
*マルサラワインを注ぎ、鍋底をこそぎながら中強火で3,4分煮る。
*このソースをスカロピーネにかけてすぐに出す。

LD logo medium




このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
肉類のレシピ に参加中!
子牛肉のスカロピーネ


子牛肉のスカロピーネのレシピです。スカロッピーネと呼ばれることもある料理ですが、イタリアで人気の薄切り肉をソテーする料理ですね。火の通りも速いので、手早く作れるレシピです。(4人分)

<子牛肉のスカロピーネ>

―材料―

   ・子牛肉の薄切り−−−−−−4人分
   ・小麦粉−−−−−−−−−−適量
   ・オリーブオイル−−−−−−題3
   ・バター−−−−−−−−−−45g
   ・玉ねぎ(微塵)−−−−−−−半個
   ・にんにく−−−−−−−−−1かけ
   ・トマト(粗微塵)−−−−−−4個
   ・ケイパー−−−−−−−−−大2
   ・グリーンオリーブ−−−−−10個
   ・塩胡椒−−−−−−−−−−適量

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

―作り方―


*子牛肉に小麦粉をまぶしておく。
*スキレットにオイルとバターを熱し、玉ねぎとにんにくを入れて弱火で時々混ぜながら、5分炒める。
*子牛肉を加えて強火にし、片面5分ずつ炒める。
*トマトを入れて更に数分炒める。
*にんにくを取り除いて、ケイパーと、種を抜いたオリーブを加え、塩胡椒で味付ける
*5分ほど火を通したら、温かい皿に子牛肉を移し、煮汁を上にかけて出す。

おいしく作れますように!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ