世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

タグ:挽肉のレシピ

ブログネタ
挽肉レシピ に参加中!
ミートローフ・キャベツ入り

ミートローフのレシピです。過去に別のレシピで何回も作っていますが、牛挽肉以外の食材を使ったものでは、ポークのミートローフや、子牛肉とハムのミートローフもあります。また牛肉は使っても、キノコをたくさん取り入れたマッシュルームのミートローフなども作りました。今回の特徴は、大量のキャベツをじっくり炒めておいて、具の中にもトッピングにも使っていることです。ちょっと入れすぎの感があって閉口しましたが、ソースの方は、リンゴンベリーのジャムを使って美味しくできました。ニューヨークタイムズに載っていたレシピです。(4人分以上)

<ミートローフ・キャベツ入り>

−材料−

(ミートローフ)
   ・無塩バター−−−−−−−−−−35g
   ・キャベツ(千切り)−−−−−−1玉
   ・モラッセズ−−−−−−−−−−大3
   ・塩胡椒−−−−−−−−−−−−適量
   ・牛挽肉−−−−−−−−−−−−345g
   ・豚挽肉−−−−−−−−−−−−345g
   ・玉ねぎ(微塵)−−−−−−−−小1個
   ・ヘビークリーム−−−−−−−−1カップ
   ・パン粉−−−−−−−−−−−−大4
   ・ビーフスープ−−−−−−−−−1/3カップ

(ソース)
   ・リンゴンベリージャム−−−−−1/3カップ
   ・赤ワイン酢−−−−−−−−−−大1
   ・無塩バター−−−−−−−−−−大1
   ・ウスターソース−−−−−−−−小1

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*オーブンを180度(華氏350度)に温めておく。
*鍋を中強火で温め、バター30gを溶かし、キャベツとモラッセズを入れたら火を弱めて、塩を振る。
*よく混ぜながら、液体が全てなくなり、キャベツがカラメル化するまで、20〜25分炒める。
*この間に、大きいボウルに挽肉を入れ、玉ねぎ、クリーム、パン粉を加えて混ぜる。
*キャベツを炒め終わったら、その3分の1量を挽肉のボウルに加えて混ぜる。
*20cm四方のベーキングパンに、残り5gのバターを塗り、ミートローフの具を全体にのばす。
*残りのキャベツを上に広げたら、スープをかけてオーブンに入れる。
*トップのキャベツが十分カラメル化するまで、40〜45分焼いてから取り出し、10分ほど落ち着かせる。
*この間に、小さい鍋に、ジャムとビネガーとバターを入れて中火にかけ、よく溶けたらウスターソースを混ぜる。
*これを容器に移し、焼き上がったミートローフに添えて出す。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
挽肉レシピ に参加中!
ミートボールのアーモンドソース・スペイン風

ミートボールのスぺイン風レシピです。以前にラム肉も混ぜた3種の挽肉を使い、オリーブがたっぷり入ったギリシャ風ミートボールのレシピを紹介しましたが、今回は、豚挽肉を使い、"picada"というリッチなアーモンドソースに絡めています。"Cook's Illustrated"に載っていたレシピです。メインディッシュにすると4人分になりますが、爪楊枝に刺して出せば、オードブルにもなりますね。仕込みに少々時間がかかりますが、おいしくできました。(24個分)

<ミートボールのアーモンドソース・スペイン風>

−材料−

(アーモンドソース)
   ・アーモンド(細切り)−−−−−1/4カップ
   ・食パン(サンドイッチ用)−−−1枚
   ・オリーブオイル−−−−−−−−大2
   ・パセリ(微塵)−−−−−−−−大3
   ・にんにく(微塵)−−−−−−−2かけ

(ミートボール)
   ・食パン(サンドイッチ用)−−−1枚
   ・卵−−−−−−−−−−−−−−大1個
   ・水−−−−−−−−−−−−−−大2
   ・パセリ(微塵)−−−−−−−−大2
   ・にんにく(微塵)−−−−−−−2かけ
   ・食塩−−−−−−−−−−−−−小1
   ・胡椒−−−−−−−−−−−−−小1/2
   ・豚挽肉−−−−−−−−−−−−450g
   ・オリーブオイル−−−−−−−−大1
   ・玉ねぎ(微塵)−−−−−−−−1/2カップ
   ・パプリカ−−−−−−−−−−−小1/2
   ・チキンスープ−−−−−−−−−1カップ
   ・白ワイン(辛口)−−−−−−−1/2カップ
   ・サフラン糸−−−−−−−−−−小1/4
   ・シェリービネガー−−−−−−−小1

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

(アーモンドソース)

*フードプロセッサーでアーモンドを粗い粉状にしたら、食パンを小さく切って入れ、再び粗い粉に近くなるまで回す。
*これをスキレットに移し、オイルを加えて中火でよく混ぜながら、黄金色になるまで3〜5分炒める。
*ボウルに移して、パセリとにんにくを混ぜ入れる。(スキレットはペーパータオルで拭いておく。)

(ミートボール)

*フードプロセッサーで小さく切った食パンを細かくしたら、卵、水、大さじ1のパセリとにんにく、塩胡椒を加えて、ペースト状になるまで回す。
*途中で周りについた生地を落として、豚肉を加えたら、5回ほど回す。
*中の刃を取り除いた後、濡れた手で大さじ1杯くらいの生地を取り、直径2〜3cmくらいのボール状にまとめていく。
*スキレットを再び中火で熱して油を入れ、玉ねぎを加えて、時々混ぜながら軟らかくなるまで、4〜6分ほど炒める。
*パプリカを加えて香りが出たら、チキンスープとワインを注いで煮立てる。
*手で押しつぶしたサフラン糸を入れたら、ミートボールを加えて蓋をし、途中でミートボールをひっくり返して、約6〜8分煮る。
*アーモンドソースを加えて、蓋はしないで、ソースが少し濃くなるまで、1〜2分火を通したら、火からおろす。
*ビネガーを加え、塩胡椒で味を調整したら皿に入れ、残りのパセリを散らして出す。

LD logo medium



このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
パスタ に参加中!
ハリッサ・ボロネーゼパスタ

ボロネーゼ・パスタのレシピです。今回は、少し多めの量を、鍋1つで調理する方法になります。ハリッサが入って、ピリリと辛い風味になっていますが、人によって辛さの許容度が違うので、個々の好みに合わせて、分量は調整してください。太短いチューブパスタが最適ですが、なければペンネあたりでも合うと思います。地元紙に載っていたレシピを試してみました。(6人分)

<ハリッサ・ボロネーゼパスタ>

−材料−

   ・牛挽肉−−−−−−−−−−−−680g
   ・豚挽肉−−−−−−−−−−−−450g
   ・トマトペースト−−−−−−−−1/3カップ
   ・ハリッサペースト−−−−−−−1/4カップ
   ・ウスターソース−−−−−−−−大2
   ・クミンパウダー−−−−−−−−大1
   ・コリアンダー−−−−−−−−−大1
   ・オリーブオイル−−−−−−−−1/3カップ
   ・パルメザン(おろす)−−−−−1カップ
   ・ペコリノロマノ(おろす)−−−1カップ
   ・塩胡椒−−−−−−−−−−−−適量
   ・人参(薄切り)−−−−−−−−1本
   ・玉ねぎ(粗微塵)−−−−−−−小1個
   ・プラムトマト(粗微塵)−−−−大2個
   ・にんにく(粗微塵)−−−−−−4かけ
   ・チキンストック−−−−−−−−3カップ
   ・ヘビークリーム−−−−−−−−1/2カップ
   ・チューブパスタ−−−−−−−−230g
   ・パセリ(粗微塵)−−−−−−−1/4カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*オーブンを240度(華氏475度)に温めておく。
*上から7つの材料を大きいローストパンに入れて、大さじ3のオイルと、チーズ全体の2/3量と、小さじ1と3/4の塩とたくさんの胡椒を混ぜる。
*フートプロセッサーに野菜類をいれて、もっと細かくし、ローストパンに加える。
*これをオーブンに入れて、表面が色づくまで約25分焼いたら、温度を190度(華氏375度)に下げる。
*鍋を取り出して、フォークを使い、肉の塊を壊し、汁と混ぜ合わせる。
*チキンストックとヘビークリームを注いだら、パスタを加えて、他の材料をよく混ぜて、全てのパスタが汁と混ざるようにする。
*再びオーブンに入れて、パスタが軟らかくなるまで、途中で鍋の方向を変えて、更に25分焼く。
*オーブンから取り出したら、パセリを混ぜて、残り1/3量のチーズを振りかけ、残りの油を垂らして、表面がカリッとするまで8分ほど焼く。
*約10分休ませてから食卓に出す。

LD logo medium



このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ