世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

タグ:挽肉料理のレシピ

ブログネタ
挽肉レシピ に参加中!
タマーリ・パイ・アメリカン

メキシコのタマーリではなく、アメリカのタマーリ・パイのレシピです。鉄のフライパンを使って、挽肉と玉ねぎを炒め、コーンブレッドを砕いてチーズを混ぜたものを上に載せて、オーブンで焼いて仕上げます。コーンブレッドが店になかったので、ミックスを買ってきて家で焼いてから使いました。コロナ禍の最中、アメリカでは肉を加工する工場の運営が危ぶまれ、肉の供給が減るかも、というニュースを受けて、今回は試しに、植物由来の挽肉もどきを使ってみました。問題なく普通に作れたし、残りを冷蔵していても、あの白く濁った脂分の塊もなく、これからも使えると思った次第です。高温で焼くので、オーブンから取り出すときは火傷しないように気を付けてくださいね。"Cook's Country"に載っていたレシピです。(4〜6人分)

<タマーリ・パイ・アメリカン>

−材料−

   ・コーンブレッド−−−−−−−−−2.5カップ
   ・メキシカンチーズブレンド−−−−−3カップ
   ・塩胡椒−−−−−−−−−−−−−−適量
   ・サラダ油−−−−−−−−−−−−−大1
   ・玉ねぎ(微塵)−−−−−−−−−−1個
   ・チポートレチリインアドボソース−−小1
   ・牛挽肉−−−−−−−−−−−−−−680g
   ・ウズラ豆の缶詰−−−−−−−−−−2缶
   ・トマトの缶詰−−−−−−−−−−−560g
   ・パセリ(微塵)−−−−−−−−1/4カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*オーブンを230度(華氏450度)に温めておく。
*ボウルに、コーンブレッドを細かく砕いて入れ、細切りにしたチーズの半量と、小さじ1/4の塩と小さじ1/2の胡椒を混ぜておく。
*オーブンに入れてもよいスキレットを中強火で温め、オイルを入れる。
*玉ねぎと細かく切ったチポートレを5分ほど炒めたら、挽肉を入れて、ピンク色が消えるまで約5分炒める。
*豆の汁気を切って水にさらし、トマト缶は、1/3の缶汁を残して汁気を切り、汁とともに鍋に加えて5分ほど煮る。
*パセリを大さじ2杯と、残りのチーズを足して、塩胡椒で味付ける。
*コーンブレッドを混ぜたものを、全体に平均して広げ、オーブンに入れて、黄金色になるまで、10〜15分焼く。
*残りのパセリを振りかけて出す。

LD logo medium



このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
挽肉レシピ に参加中!
フィンランド風ミートボール

ミートボールのレシピです。ミートボールの中でも一番有名なのは、スウィーディッシュ・ミートボールで、このブログでも以前に紹介していますが、今回は、同じ北欧でもフィンランドのミートボールレシピになります。少し違いを見てみると、使用する材料はよく似ていますが、肉の割合は、スウィーディッシュでは、牛肉が豚肉の倍以上使われているのに対して、フィニッシュでは半々の割合です。また前者はサワークリームでソースを作るのに対し、後者はヘビークリームを使っています。それと、こちらには卵も入っていますね。ちょっとカロリー勝ってるかな? ニューヨークタイムズのレシピでした。(8人分)

<フィンランド風ミートボール>

―材料―

   ・全脂牛乳−−−−−−−−−−−3/4カップ
   ・食パン(白)−−−−−−−−−3枚
   ・ゴーダチーズ−−−−−−−−−170g
   ・パセリ(微塵)−−−−−−−−1.5カップ
   ・玉ねぎ(微塵)−−−−−−−−3/4カップ
   ・卵−−−−−−−−−−−−−−大2個
   ・塩−−−−−−−−−−−−−−小2
   ・白胡椒−−−−−−−−−−−−小1/2
   ・黒胡椒−−−−−−−−−−−−小1/4
   ・オールスパイス(粉)−−−−−大1
   ・牛挽肉−−−−−−−−−−−−450g
   ・豚挽肉−−−−−−−−−−−−450g
   ・小麦粉−−−−−−−−−−−−1/2カップ
   ・ビーフコンソメ−−−−−−−−3/4カップ
   ・サラダ油−−−−−−−−−−−1/4カップ
   ・ヘビークリーム−−−−−−−−1/2カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

―作り方―

*ソースパンを中火にかけ、牛乳を温める。
*火からおろして、ヘタを除いた食パンをちぎって浸しておく。
*チーズをおろしてボウルに入れたら、パセリからオールスパイスまでの材料を加えてよく混ぜる。
*肉類と、牛乳に浸したパンを入れて手でこねる。
*皿に小麦粉を入れ、ピンポン玉の大きさに丸めたミートボールを転がして、粉をまぶす。
*ダッチオーブンを弱火にかけ、ビーフコンソメを温めておく。
*スキレットにサラダ油を熱し、ミートボールを小出しにして入れていく。
*1分ほど鍋をゆすりながら、肉全体に焦げ目をつけたら、残りも同様にする。
*これをダッチオーブンに移し、時々混ぜながら、弱火で20〜30分煮る。
*ヘビークリームを加えて温めたら、ジャガイモやパスタなどと一緒に出す。

LD logo medium



このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
挽肉レシピ に参加中!
スウィーディッシュ・ミートボール


ミートボールはこれまでに、ギリシャ風メキシカン、またソースに凝ったレシピも複数紹介していますが、今日はスウィーディッシュ・ミートボールのレシピです。挽肉は2種類使っていますが、好みで片方だけでもいいでしょう。"Cooking Light"に載っていたレシピですが、やはりミートボールは材料をそろえてねって丸めて、という行程があるので、1時間はかかりますね。サイドディッシュにはポテト類と緑の野菜を添えるといいと思います。(4人分)

<スウィーディッシュ・ミートボール>

―材料―

   ・サラダ油−−−−−−−−−−小4
   ・玉ねぎ(微塵)−−−−−−−2カップ
   ・にんにく(微塵)−−−−−−大2
   ・塩−−−−−−−−−−−−−小1と1/4
   ・ファネルシード−−−−−−−小1
   ・黒胡椒−−−−−−−−−−−小1
   ・レッドペパー−−−−−−−−小1/2
   ・全粒パン(耳無)−−−−−−1枚
   ・牛挽肉−−−−−−−−−−−800g
   ・豚挽肉−−−−−−−−−−−350g
   ・小麦粉−−−−−−−−−−−小4
   ・オールスパイス−−−−−−−小1/4
   ・ビーフストック−−−−−−−2カップ
   ・サワークリーム−−−−−−−大3
   ・無塩バター−−−−−−−−−10g
   ・アップルサイダー酢−−−−−小1.5
   ・ディル(微塵)−−−−−−−大1.5

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

―作り方―

*スキレットを中強火で熱して、大さじ1のオイルを入れる。
*玉ねぎ、にんにく、小さじ1の塩、ファネルシード、胡椒類を加えて、時々混ぜながら10分炒める。
*ボウルに移して完全に冷ます。
*大きいボウルにパンをちぎって入れ、玉ねぎの炒め物と挽肉類を入れて、手でこねる。
*これをピンポン台くらいの大きさのボールにまとめて、そのうち2個だけ取っておく。
*残りのミートボールを、ホイルを敷いてオイルスプレーをかけたベーキング皿に並べる。
*グリルの火をつけて、焦げ色がつくまで7分ほど焼く。
*ソースパンに残りの油を入れて温め、取っておいた2個のミートボールを崩しながら炒める。
*小麦粉とオールスパイスを加えて、常に混ぜながら1分炒める。
*残りの塩とビーフストックを加えて沸騰させる。
*ソースが約1カップになるくらいまで、約10分煮る。
*火からおろしてサワークリーム、バター、ビネガーを混ぜる。
*このソースをミートボールの上にかけて、ディルを散らして出す。

LD logo medium


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ