世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

タグ:海老料理のレシピ

ブログネタ
魚介類のレシピ に参加中!
ジャンバラヤ風串焼

ジャンバラヤは、クレオールの代表的な米料理で、スペイン料理のパエリヤのケイジャン版とも言えますが、今回はライスではなく、串刺しにする食材と味付けがジャンバラヤ風ということで、この名前が付いています。料理雑誌に載っていた、簡単に用意できるレシピです。(4人分)

<ジャンバラヤ風串焼き>

−材料−

   ・海老−−−−−−−−−−−−−−16尾
   ・燻製ソーセージ−−−−−−−−−1カップ
   ・玉ねぎ−−−−−−−−−−−−−1カップ
   ・赤パプリカ−−−−−−−−−−−3/4カップ
   ・チェリートマト−−−−−−−−−16個
   ・オリーブオイル−−−−−−−−−大3
   ・ケイジャンシーズニング−−−−−小2
   ・タイム(微塵)−−−−−−−−−−小1
   ・オレガノ(微塵)−−−−−−−−−小1/2
   ・パセリ(微塵)−−−−−−−−−−大2

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*海老の皮をむいて背綿を取り、ソーセージは1cm厚さの輪切りにしておく。
*玉ねぎとパプリカは、2〜3cm角くらいに切っておく。
*グリルの火をつける。
*パセリ以外の材料を全て混ぜたら、串に交互に刺していく。
*軽く焼き色が付くまで、片面約2分ずつ焼いたら、皿に載せて、上からパセリを振りかけて出す。

LD logo medium


このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
パスタ に参加中!
シュリンプ・ボロネーゼ

ボロネーゼソースと言うと、普通は牛の挽肉を使って作ることが多いのですが、海老を使ったボロネーゼのレシピを見つけたので、試してみることにしました。元レシピでは、タリアッテレ・パスタを使うことになっていたのですが、エッグパスタで両側にギザのある、"Lacy Ribbon"という名前のパスタを見つけたので、使ってみました。チキンストックの代わりに野菜スープを使用することも可能です。ニューヨークタイムズに載っていたレシピです。(4人分)

<シュリンプ・ボロネーゼ>

−材料−

   ・ファンネル(粗微塵)−−−−−半個
   ・玉ねぎ(粗微塵)−−−−−−−半個
   ・にんにく(粗微塵)−−−−−−5かけ
   ・レッドチリフレーク−−−−−−小1/2
   ・海老(大)−−−−−−−−−−600g
   ・オリーブオイル−−−−−−−−90mL
   ・レモン−−−−−−−−−−−−1個
   ・タラゴンの茎−−−−−−−−−3本
   ・タラゴンの葉(微塵)−−−−−大1
   ・トマトペースト−−−−−−−−大3.5
   ・チェリートマト(微塵)−−−−120g
   ・塩胡椒−−−−−−−−−−−−適量
   ・ペルノ(アニス酒)−−−−−−90mL
   ・チキンストック−−−−−−−−500mL
   ・パスタ(幅広)−−−−−−−−320g

−作り方−

*フードプロセッサーに、最初の4つの材料を入れて、10回ほど回す。
*海老の殻をむいて加えたら、もう10回回して微塵にする。
*ソテーパンにオイルを70mLを中強火で熱し、5枚ほど短冊に切ったレモンの皮と、タラゴンの茎を入れる。
*約2分炒めたら、海老の混ぜ物を加えて、時々混ぜながら、約10分炒める。
*トマトペーストとチェリートマトと、塩小さじ1と1/4杯とたっぷりの胡椒を加えて4分ほど炒める。
*時々混ぜながら炒めたら、ペルノ酒を入れて、泡が消えるまで1分ほど待つ。
*ストックと、絞ったレモンジュース大さじ1杯を注いで、火を中火にして15分ほど煮る。
*この間にパスタを指示通りにゆでて、大きいボウルに移しておく。
*ソースが煮えたら、タラゴンの茎とレモンピールを取り除いて、パスタにかけて混ぜる。
*盛り皿に移して、上から残りのオイルを垂らし、黒胡椒と微塵切りにしたタラゴンを散らして出す。

LD logo medium


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ