世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

タグ:海老料理のレシピ

ブログネタ
魚介類のレシピ に参加中!
イスラエルクスクスと海老パプリカ

イスラエルクスクス大好きです。普通のクスクスより粒が大きいので、だまになることもなく食べられます。パールクスクスとも言いますが、以前にも、スパイシー・カラマリや貝柱のソテーのレシピで使いました。今回は、やはり魚介類ですが、海老とパプリカをたくさん使ったレシピです。比較的早くできて美味しかったです。(4人分)

<イスラエルクスクスと海老パプリカ>

−材料−

   ・海老−−−−−−−−−−−−−570g
   ・にんにく(微塵)−−−−−−−大1
   ・黒胡椒−−−−−−−−−−−−小1/4
   ・オリーブオイル−−−−−−−−大6
   ・レモンジュース−−−−−−−−大3
   ・レモン(くし形)−−−−−−−1個分
   ・コーシャーソルト−−−−−−−小1と1/4
   ・赤パプリカ(薄切り)−−−−−中1個
   ・黄パプリカ(薄切り)−−−−−中1個
   ・イスラエルクスクス−−−−−−1カップ
   ・チキンスープ−−−−−−−−−1.5カップ
   ・パセリ−−−−−−−−−−−−1/4カップ
   ・バジル−−−−−−−−−−−−1/4カップ
   ・レッドペッパ−−−−−−−−−小1/4

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*海老の殻をむいて背ワタを取り、にんにく、胡椒、大3のオイル、大1のレモンジュースと小1/2の塩と一緒にボウルで混ぜておく。
*鉄のフライパンに大1の油を中強火で熱し、パプリカに少し焦げ目がつくまで、時々混ぜがら約5分炒める。
*小1/4の塩を振りかけたら、皿に移しておく。
*スキレットにクスクスを入れ、時々混ぜながら、香りが出るまで約2分トーストする。
*チキンスープを注ぎ入れ、残り小1/2の塩を加えて沸騰させる。
*蓋をして中弱火にし、殆ど液体がなくなるまで、約10分煮る。
*蓋を取って、クスクスの上にパプリカと海老を載せたら、中火にして蓋をし、5〜7分蒸す。
*火からおろして、残り大2のオイルとレモンジュースを加え、パセリとバジルを飾って、ペッパーを散らし、レモンのくし形を添えて出す。

LD logo medium


このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
魚介類のレシピ に参加中!
ジャンバラヤ風串焼

ジャンバラヤは、クレオールの代表的な米料理で、スペイン料理のパエリヤのケイジャン版とも言えますが、今回はライスではなく、串刺しにする食材と味付けがジャンバラヤ風ということで、この名前が付いています。料理雑誌に載っていた、簡単に用意できるレシピです。(4人分)

<ジャンバラヤ風串焼き>

−材料−

   ・海老−−−−−−−−−−−−−−16尾
   ・燻製ソーセージ−−−−−−−−−1カップ
   ・玉ねぎ−−−−−−−−−−−−−1カップ
   ・赤パプリカ−−−−−−−−−−−3/4カップ
   ・チェリートマト−−−−−−−−−16個
   ・オリーブオイル−−−−−−−−−大3
   ・ケイジャンシーズニング−−−−−小2
   ・タイム(微塵)−−−−−−−−−−小1
   ・オレガノ(微塵)−−−−−−−−−小1/2
   ・パセリ(微塵)−−−−−−−−−−大2

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*海老の皮をむいて背綿を取り、ソーセージは1cm厚さの輪切りにしておく。
*玉ねぎとパプリカは、2〜3cm角くらいに切っておく。
*グリルの火をつける。
*パセリ以外の材料を全て混ぜたら、串に交互に刺していく。
*軽く焼き色が付くまで、片面約2分ずつ焼いたら、皿に載せて、上からパセリを振りかけて出す。

LD logo medium


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ