世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

タグ:米料理のレシピ

ブログネタ
スープのレシピ に参加中!
リーシ・エ・ビーシ

リーシ・エ・ビーシのレシピです。この名前だけ聞いて、すぐに何の料理かわかる方は、イタリア料理通ですね。私は初め、何のことかわからなかったのですが、"RISI E BISI"というのは、イタリアの米と豆の料理で、スープというかリゾットというか、レシピにはファーストコースに出すようになっていました。少し肌寒くなってきた頃に、手早く作れる料理です。(4人分)

<リーシ・エ・ビーシ>

−材料−

   ・グリンピース(冷凍可)−−−−−1カップ
   ・バター−−−−−−−−−−−−−30g
   ・オリーブオイル−−−−−−−−−大1
   ・ハム(粗微塵)−−−−−−−−−1/4カップ
   ・玉ねぎ(粗微塵)−−−−−−−−1/4カップ
   ・チキンスープ−−−−−−−−−−4カップ
   ・米−−−−−−−−−−−−−−−1カップ
   ・パルミジャーノチーズ−−−−−−1/2カップ
   ・パセリ(微塵)−−−−−−−−−大2
   ・塩−−−−−−−−−−−−−−−適量

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*ソースパンにバター15gとオイルを熱して、ハムと玉ねぎを入れ、3分ほど炒める。
*冷凍のグリンピースを使うときは、解凍してから加え、約1分炒める。
*チキンスープを注いで沸騰寸前まで熱したら、米を入れて、約15分、軟らかくなるまで煮る。
*残りのバターと、おろしたチーズを加え、塩で味を調整して仕上げる。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
おうちでできるイタリア料理 に参加中!
地中海風海老のリゾット

リゾットというのは、ウィキペディアによると、「米(Riso)と最高(ottimo)を合わせた造語」だそうですが、今日のレシピは、中粒米のアルボリオを使って作る、地中海風レシピになっています。(といっても正直、どの部分が地中海風なのかわかりませんが。)ブイヨンを少しずつ加えて水分を米に吸収させる手順では、常に混ぜておく必要があるので、他のお料理、例えばサラダとかは先に仕上げておいたほうがいいですね。作ったらすぐに出すとあったので、お鍋のまま食卓に持っていきました。とてもおいしかったです。(4~6人分)

<海老のリゾット・地中海風>


―材料―

   ・オリーブオイルーーーーーーーーーーーー大2
   ・海老(中サイズ)ーーーーーーーーーーー340g
   ・バターーーーーーーーーーーーーーーーー大2
   ・玉ねぎ(微塵)ーーーーーーーーーーーー小1個
   ・にんにく(微塵)ーーーーーーーーーーー2かけ
   ・アルボリオ米ーーーーーーーーーーーーー1.5カップ
   ・白ワインーーーーーーーーーーーーーーー1/2カップ
   ・魚のブイヨンーーーーーーーーーーーーー6カップ
   (又は3カップのクラムジュースと3カップの水)
   ・トマトペーストーーーーーーーーーーーーー大1
   ・赤ピーマンーーーーーーーーーーーーーー中1個
   (又は、半カップの瓶入りローストペパーを角切り)
   ・グリンピース(冷凍)ーーーーーーーーーー1カップ
   ・バジル(荒微塵)ーーーーーーーーーーー1/3カップ
   ・パセリ(微塵)ーーーーーーーーーーーーー大1
   ・胡椒ーーーーーーーーーーーーーーーーー小1/8
   ・塩ーーーーーーーーーーーーーーーーーー少々

(注意:アメリカの1カップの容量は、240ml(240cc)となっています。)

―作り方―

*新鮮なピーマンを使うときは、半分に切って種を取り、ローストしたものを角切りにしておく。
*大きい鍋に大さじ1のオリーブオイルを溶かし、海老を時々混ぜながら2、3分炒め皿にとる。
*それぞれ大さじ1のバターとオイルを温め、玉ねぎとにんにくを3~5分炒める。
*アルボリオ米を入れ、混ぜながら2、3分炒めたら、白ワインを加える。
*常に混ぜながら、米が殆どワインを吸収するまで、2分ほど炒める。
*ボウルに魚のブイヨンとトマトペーストを混ぜておく。
*このうち1カップのスープを米の鍋に加え、米が殆ど水分を吸収するまで、約3分常に混ぜる。
*こうして1カップずつスープを加えては、同じ手順を繰り返す。
*最後の1カップが残ったとき、皮をむいて背綿を取った海老と野菜と薬草、胡椒を加えて混ぜる。
*スープを同様に混ぜ、少しもったりしてきたら、残り大さじ1のバターを混ぜ入れ、塩で味付けしてすぐに出す。

おいしく作れますように!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ