世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

タグ:魚介類のレシピ

ブログネタ
シチューのレシピ に参加中!
シーフードチャウダー

シーフードチャウダーのレシピです。以前に、スウェーデン風シーフードチャウダーのレシピを紹介したことがあります。その時はチキンコンソメが入っていたのですが、今回のレシピで、だしになるのは貝のゆで汁とベーコンくらいなので、少し風味が足りないかなと思い、クラムペーストを足しました。以下のレシピには含まれていないので、味を調整するときにご自身で判断してください。又、ダルスと言う海藻類のフレークがリストにあったのですが、同じものはなかったので、家にあったシーウィード・フレークを使いました。前日に、最後の3つの材料を入れる手前まで作っておいて冷蔵し、当日に温め直して、魚と貝柱を入れて仕上げることもできます。ニューヨークタイムズに載っていたレシピです。(6〜8人分)

<シーフードチャウダー>

−材料−

   ・貝−−−−−−−−−−−−−−−中36個
   ・無塩バター−−−−−−−−−−−30g
   ・ベーコン(小口切り)−−−−−−−115g
   ・ダルスフレーク−−−−−−−−−大2
   ・リーキ(半月切り)−−−−−−−−2本
   ・人参(半月切り)−−−−−−−−−2本
   ・パースニップ(半月切り)−−−−−2本
   ・じゃがいも(角切り)−−−−−−−中2個
   ・白ワイン(辛口)−−−−−−−−−1カップ
   ・タイム−−−−−−−−−−−−−3本
   ・ローリエ−−−−−−−−−−−−2枚
   ・ヘビークリーム−−−−−−−−−2カップ
   ・黒胡椒−−−−−−−−−−−−−適量
   ・白身の魚−−−−−−−−−−−−450g
   ・帆立貝柱−−−−−−−−−−−−230g
   ・パセリ(微塵)−−−−−−−−−−1/4カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*ダッチオーブンに貝を入れ、約4カップの水を注いで中火で加熱する。
*蓋をして、貝が全て開くまで、10〜15分煮る。
*チーズクロスを敷いたストレーナーを、大きいボウルにかざして、貝と煮汁を分けて取っておく。
*開かなかった貝は捨てて、後は身を殻から外しておく。
*鍋を洗って再び火にかけ、半量のバターを中弱火で溶かす。
*ベーコンを入れて、時々混ぜながら、脂が出てくるまで、5〜7分炒めたら、身を取り出す。
*ダルスとリーキを加えて、野菜が軟らかくなるまで約10分炒める。
*残りのバターを入れたら、他の野菜も加えて、ワインを注ぎ入れ、ほぼ液体がなくなるまで5〜7分煮る。
*具がかぶるくらいまで、取っておいた貝の煮汁を注ぎ入れたら、タイムとローリエを加える。
*蓋をして、火を弱め、野菜が軟らかくなるまで、10〜15分煮る。
*この間に、貝の身をベーコンと同じくらいの大きさに刻んでおく。
*野菜に火が通ったら、クリームと貝とベーコンを入れる。
*黒胡椒で味付けし、煮立ち始める寸前に、ハーブ類を取り除く。
*魚と貝柱を加えて、5〜7分煮たら、ボウルに入れて、パセリを散らして出す。

LD logo medium


このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
魚介類のレシピ に参加中!
海老のレムラード・ソース

レムラード・ソースのレシピです。魚介類にも肉類にも使える、マヨネーズ・ベースのソースです。とにかく材料を全て混ぜるだけなので、超簡単。私は海老を、少しワインを入れた水でポーチして用意しました。もっと辛いのが好きな方は、タバスコの量を調整してください。(3/4カップ分)

<海老のレムラード・ソース>

−材料−

   ・マヨネーズ−−−−−−−−−−1/2カップ
   ・シャロット(微塵)−−−−−−小2
   ・粒マスタード−−−−−−−−−小1.5
   ・ディジョンマスタード−−−−−小1.5
   ・ケイパー(粗微塵)−−−−−−小1.5
   ・パセリ(微塵)−−−−−−−−小1
   ・タラゴンビネガー−−−−−−−小3/4
   ・タバスコ−−−−−−−−−−−2振り
   ・砂糖−−−−−−−−−−−−−小1/8
   ・塩−−−−−−−−−−−−−−小1/4
   ・黒胡椒−−−−−−−−−−−−適量

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*材料を全て混ぜて、調理した魚介類や肉類に添えて出す。

LD logo medium


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ