世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

タグ:魚料理のレシピ

ブログネタ
魚料理 に参加中!
サーモンとポテトのロースト・グリーンゴッデスドレッシング添え

サーモンとポテトをローストして、グリーンゴッデスドレッシングをかけ、スナップエンドウときゅうりもジャガイモに混ぜて添えるレシピです。ハーブの緑で作るヘルシーなドレッシングが生きています。ニューヨークタイムズに載っていたレシピで作りました。(4人分)

<サーモンとポテトのロースト・グリーンゴッデスドレッシング添え>

−材料−

・ベビーポテト−−−−−−−−680g
・オリーブオイル−−−−−−−大4
・塩胡椒−−−−−−−−−−−適量
・サーモン(皮つき)−−−−−680g
・パセリ−−−−−−−−−−−1カップ
・ハーブミックス−−−−−−−1カップ
・アンチョビーフィレ−−−−−2尾
・にんにく−−−−−−−−−−1〜2かけ
・レモン−−−−−−−−−−−1個
・ヨーグルト(全脂)−−−−−半カップ
・マヨネーズ−−−−−−−−−半カップ
・スナップえんどう−−−−−−230g
・きゅうり−−−−−−−−−−小4本
・ディル−−−−−−−−−−−数本

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*ベビーポテトが大きければ、半分に切っておく、レモンの皮をおろして、半分に切っておく。
*スナップエンドウは筋を取り、斜め半分に切っておき、胡瓜は縦半分に切って、2〜3cmほどの斜め切りにしておく。
*大きめのベーキングシートにホイルを敷いて、大さじ2杯の油をまぶして塩胡椒したポテトを、重ならないように並べる。
*グリルの火をつけ、色づくまで10分ほど焼く。(途中で一度ひっくり返す。)
*この間に、サーモンの両面に残りのオイルをまぶして、十分に塩胡椒しておく。
*オーブンからシートを取り出して、ジャガイモを端に寄せ、鮭の皮を上にして置き、皮がパリッとするまで約5分焼く。
(この時点で、もしポテトが十分焼けていたら、ボウルに取り出しておく。)
*へらでひっくり返して、中央はまだピンクでも、サケの身が簡単にほぐれるくらいまで、更に3〜5分焼く。
*この間に、パセリからマヨネーズまでの材料を、ブレンダーに入れてピューレにし、塩胡椒で味を調えておく。
*オーブンから魚とじゃがいもを取り出して、ポテトを大きいボウルに入れ、スナップエンドウときゅうりを加えて混ぜる。
*レモンの半分を絞って入れ、塩胡椒で味を調整する。
*残り半分のレモンは4つのくし形に切る。
*サーモンと野菜を皿に移し、グリーンドレッシングを少し欠け、残りは小皿に入れて出す。
*上にディルを置いて、レモンを添えて出す。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
魚料理 に参加中!
アラスカサーモンのブラックベリーコンポート

アラスカサーモンのレシピです。でも鮭の種類にはこだわりません。今ブラックベリーは、ただで(隣の庭から)いくらでも摘めるので、コンポートを作ってサーモンに添えることにしました。今日のレシピは、地元シアトルにある、McCormick & Schmick's というレストランのものです。(4人分)

<アラスカサーモンのブラックベリーコンポート>

−材料−

   ・シャロット(小口切り)−−−−3〜4個
   ・オリーブオイル−−−−−−−−大2
   ・砂糖−−−−−−−−−−−−−1/4カップ
   ・ブラックベリー−−−−−−−−2カップ
   ・ラズベリービネガー−−−−−−1/4カップ
   ・小麦粉−−−−−−−−−−−−1/4カップ
   ・チャービル(微塵)−−−−−−大1
   ・パセリ(微塵)−−−−−−−−大1
   ・塩−−−−−−−−−−−−−−1つまみ
   ・黒胡椒−−−−−−−−−−−−1つまみ
   ・鮭の切り身−−−−−−−−−−4枚

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*オーブン度200度(華氏400度)に温めておく。
*ボウルに、シャロットとオイル大さじ1と砂糖を混ぜる。
*ベーキング皿に広げて、10〜15分焼く。
*取り出したら、ガラスのボウルに入れて、ブラックベリーとビネガーを加えて混ぜ、カバーをかけて置いておく。
*スキレットに大さじ1の油を中火で温める。
*ワックスペーパーに、粉、ハーブ類、塩胡椒を混ぜたら、皮を取った鮭の両面に付けて、余分な粉を振るっておく。
*このサーモンを熱くなった鍋に並べて3〜5分焼いたらひっくり返し、更に3〜5分焼く。
*皿に鮭を載せて、上からブラックベリーのコンポートをかけて出す

LD logo medium



このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
魚料理 に参加中!
鮭のマスタードクラスト

鮭のベイクレシピです。マスタードを塗って塩胡椒した後、油を混ぜたパン粉を散らして焼くだけの簡単なレシピなんですが、とても美味しかったです。"Epicurious"に載っていたレシピで作りました。。元レシピには、アスパラガスを添えて、タラゴンでアクセントをつけていたのですが、なかったので、代わりにスナップエンドウを炒めて、ディルを飾りました。(4人分)

<鮭のマスタードクラスト>

−材料−

   ・オリーブオイル−−−−−−−−−−大1
   ・コーシャソルト−−−−−−−−−−小1/4
   ・黒胡椒−−−−−−−−−−−−−−小1/4
   ・鮭の切り身−−−−−−−−−−−−4枚
   ・ディジョンマスタード(粒)−−−−小8
   ・パン粉−−−−−−−−−−−−−−大3
   ・スモークパプリカ−−−−−−−−−小1/4
   ・ディル又はタラゴン−−−−−−−−大2

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*オーブンを140度(華氏275度)に温めておく。
*鮭の身に小さじ2杯ずつマスタードを塗ったら、塩と胡椒を振りかける。
*パン粉にオリーブオイルを混ぜて、サーモンの上に均等に載せ、スモークパプリカを振りかける。
*オーブンに入れて、14〜16分くらい焼いたら、取り出してハーブを飾って出す。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ