世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

カテゴリ: クッキーのレシピ

ブログネタ
クッキーのレシピ に参加中!
チョコレートサブレ

チョコレートサブレのレシピです。元レシピでは、サブレの生地にヘーゼルナッツを粉砕したものを混ぜて、トッピングにはナッツとココアニブを使っていました。でも代わりに、家にあったアーモンドフラワーを使って、桜の季節に日本で見つけた、花びらの形をしたマシュマロを上に載せてみました。あんまり甘くなく、ソフトな噛み心地です。密封容器に入れておくと、2週間くらい持ちます。"Patisserie at Home" という本に載っていたレシピを応用しました。(約2ダース)

<チョコレートサブレ>

−材料−

・粉糖−−−−−−−−−−−−75g
・バター(室温)−−−−−−−150g
・バニラビーン−−−−−−−−1本
・オレンジゼスト−−−−−−−1個分
・卵−−−−−−−−−−−−−2個
・小麦粉−−−−−−−−−−−200g
・アーモンドフラワー−−−−−50g
・ココアパウダー−−−−−−−大2
・ダークチョコレート−−−−−250g
・マシュマロ−−−−−−−−−適量

−作り方−

*ミキサーのボウルに、粉糖とバターを入れて、軽くなるまで混ぜる。
*バニラの鞘を縦に割り、中の種をかき出してボウルに入れる。
*あらかじめ軽くといた卵を加えて、混ぜ合わせる。
*小麦粉、アーモンドフラワー、ココアパウダーを加えて、さっくり混ぜ合わせる。
*この生地をボール状にまとめてラップに包み、約1時間冷蔵する。
*サブレを焼く時間になったら、オーブンを170度(華氏325度)に温めておく。
*冷蔵庫から生地を出し、粉を振るった平面に置いて、綿棒で約5mm厚さにのばす。
*直径4cmくらいの円いクッキーカッターでくり抜いて、粉を軽く振ったベーキングシートに並べていく。
*オーブンで10分焼いたら取り出して、シートの上で完全に冷ます。
*チョコレートを溶かしてテンパリングし、冷めたクッキーの半分にコーティングする。
*グレーズが乾かない内にマシュマロを置いていく。

LD logo medium



このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
手作りバレンタイン に参加中!
バレンタイン・マカロンクッキー

バレンタインに、ピンクのハートをしたマカロンクッキーはいかがですか? このクッキー生地は、私の洋菓子ブログ「手作り大好き! レシピふやそう!<お菓子の巻>」の中で、最近紹介した、レイシとラズベリーのタルトのトッピングで作っているのですが、飾りには少ししか使わなかったので、フィリングを作って、マカロンクッキーとして仕上げることにしました。外も中もピンクで可愛らしく美味しくできました♪ クッキー生地は、イギリスの有名なBAKE-OFFショー番組からで、フィリングは、"Petits Macarons" という、マカロンクッキー専門のレシピ本に載っていたものを使いました。(48個分)

<バレンタインのマカロンクッキー>

−材料−

(クッキー生地)

・粉糖(振るう)−−−−−−−75g
・アーモンドプードル−−−−−75g
・砂糖−−−−−−−−−−−−75g
・卵白(室温)−−−−−−−−大2個
・食紅−−−−−−−−−−−−適量

(ローズラズベリー・フィリング)

・ホワイトチョコレート−−−−320g
・ライとコーンシロップ−−−−大2
・サワークリーム−−−−−−−180g
・ラズベリーピューレ−−−−−60g
・無塩バター(室温)−−−−−15g
・ローズウォーター−−−−−−小1
・フランボワーズ−−−−−−−大1

−作り方−

(クッキー)

*粉糖を振るって、アーモンドプードルを混ぜておく。
*小さい鍋に、砂糖と大さじ2杯半の水を入れて溶かしておく。
*大きいミキサーのボウルに、卵白と少しの食紅を入れ、軟らかい角が立つまで泡立てる。
*鍋のシロップを沸騰させ、キャンディー温度計で、118度(華氏245度)になるまで煮る。
*これをゆっくり泡立てた卵白のボウルに垂らしながら、高速で艶が出てしっかりするまで泡立てる。
*メレンゲが室温になるまで泡立てたら、粉糖とアーモンドプードルを混ぜ合わせる。
*これを丸形の口金を付けた絞り袋に入れて、ベーキングシートの上に絞り出す。
*そのまま表面が固まるまで15分置く。
*オーブンで約12分焼いたら取り出して、シートの上で冷ます。

(フィリング)

*チョコレートを刻んでフードプロセッサーに入れ、数回回してさらに細かく粉砕する。
*小さい鍋にコーンシロップ、サワークリーム、ラズベリーピューレを入れて中強火にかけ、沸騰させる。
*これをすぐにフードプロセッサーのチョコレートの上にかける。
*1分置いて、チョコレートが完全に溶けたら、滑らかになるまで数回回す。
*プロセッサーを回しながら、小さく切ったバターを入れる。
*ローズウォーター、フランボワーズの順に加え、全てが混ざり合って滑らかに艶が出るまで、数回回す。
*これを浅い容器に移して、時々混ぜながら、のばしやすくなるまで、室温で15分ほど冷ます。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
クッキーのレシピ に参加中!
matcha biscotti with bittersweet drizzle

ビスコッティを作るのは久しぶりです。今回は抹茶入りで作りました。勢いでレシピの分量より余分に入れたら、ちょっと重い感じになりました。ビターチョコをかけていますが、かなり渋く仕上がったので、ミルクチョコを使って、もう少し甘みがあってもよかったかなと思いました。(24個分)

<抹茶のビスコッティ>

−材料−

・小麦粉−−−−−−−−−−−220g
・グラニュー糖−−−−−−−−3/4カップ
・抹茶粉末−−−−−−−−−−大1
・ベーキングパウダー−−−−−小1/2
・食塩−−−−−−−−−−−−小1/2
・アーモンド(無塩)−−−−−3/4カップ
・卵−−−−−−−−−−−−−大3個
・バニラエッセンス−−−−−−小1
・アーモンドエッセンス−−−−小1/2
・ビタースイートチョコ−−−−85g
・エスプレッソパウダー−−−−小1

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*オーブンを180度(華氏350度)に温めておく。
*スタンドミキサーのボウルに粉類を混ぜたら、ローストしたアーモンドを加える。
*次に卵とエッセンス類を入れて、中速で約2分回す。
*この生地を2つに分けて、パーチメントを敷いたベーキングシートに置き、それぞれ20cm長さの棒状にする。
*それを横幅7,5cmに広げたら、オーブンに入れて20分焼く。
*取り出してそのまま5分置いたら、網の上に移動させて、15分冷ます。
*オーブンの温度を150度(華氏300度)に下げておく。
*ビスコッティをまな板の上に置いて、それぞれ12個に切り分けて並べる。
*再びベーキングシートに戻してオーブンに入れ、20分焼いたら、ひっくり返して更に10分焼く。
*網の上で約30分冷ます。
*この間に、レンジ用のボウルにチョコレートを入れて、30秒ごとに混ぜながら、約1分30秒かけて溶かす。
*エスプレッソパウダーを入れて混ぜたら、冷めたビスコッティの上にかけて、10分ほど置いて出す。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ