世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

カテゴリ: サラダのレシピ

ブログネタ
サラダのレシピ に参加中!
ストロベリー・マルガリータサラダ

苺とほうれん草を組み合わせたサラダは時々作ります。少し過去の例を挙げると、イチゴとほうれん草のサラダ・ポピーシードドレッシング和えとか、ほうれん草とパパイヤと苺のサラダなど。今回は、メインの2つの素材以外に、アボカドも入っているので、プロテインもばっちり。リキュールを使ってマルガリータ風ドレッシングで和えています。(6人分)

<ストロベリー・マルガリータサラダ>

−材料−

(ドレッシング)

・ライムジュース−−−−−−−大2
・オレンジリキュール−−−−−小1.5
・マルガリータミックス−−−−小1.5
・シャロット(微塵)−−−−−小1.5
・白ワイン酢−−−−−−−−−小1
・ライムピール−−−−−−−−小1/2
・塩−−−−−−−−−−−−−小1/4
・胡椒−−−−−−−−−−−−小1/8
・オリーブオイル−−−−−−−1/4カップ

(サラダ)

・ベビーほうれん草−−−−−−9カップ
・いちご(薄切り)−−−−−−1カップ半
・アボカド(角切り)−−−−−1個

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*小さいボウルに、オイル以外のドレッシングの材料を入れて混ぜたら、油をゆっくり注いでよく混ぜ合わせて、15分ほど置いておく。
*大きいボウルに、ほうれん草を入れて、全体に馴染む程度のドレッシングを加えて軽く混ぜる。
*イチゴとアボカドを加えてさっくり混ぜ合わせて出す。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
サラダのレシピ に参加中!
ビーツのサラダ・モロッコ風

ビーツのサラダ、大好きなんです。生から茹でたり、ローストしたりするのが手間な場合は、すでに調理済みのものでもかまいません。好みで、山羊のチーズをかけてもいいのですが、私の好みではないので、パスしました。今日のレシピは、cinnamonandcoriander.com というサイトに載っていました。(4人分)

<ビーツのサラダ・モロッコ風>

−材料−

・ビーツ・・・・・・・・・・大4個
・にんにく・・・・・・・・・1個
・玉ねぎ(薄切り)・・・・・小1個
・オリーブオイル・・・・・・大2
・オレンジジュース・・・・・1/2カップ
・オレンジゼスト・・・・・・大1
・ホワイトビネガー・・・・・大2
・クミンパウダー・・・・・・小1.5
・塩・・・・・・・・・・・・小1/2
・ミント又はパセリ・・・・・1/4カップ
・パクチー・・・・・・・・・1/4カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*大きい鍋にビーツがかぶるくらいの水を入れて沸騰させたら、ビーツを入れて軟らかくなるまで約45分煮る。
*鍋から取り出して、完全に冷ます。
(ローストする場合は、200度(華氏400度)に温めたオーブンで、45分から1時間焼く。)
*ビーツの皮をむいて、食べやすい大きさに切っておく。
*小さいボウルに、オリーブオイルから塩までの材料を混ぜる。
*大きいボウルにビーツと玉ねぎとハーブ類を入れたら、ドレッシングを加えてよく混ぜ合わせる。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
サラダのレシピ に参加中!
コーンとアボカドとレタスのサラダ

コーンとアボカドを入れたサラダでは、以前に、アボカドを下に敷いて、胡瓜とチェリートマトを置き、上にトウモロコシを散らした形の、コーンとアボカドときゅうりのサラダを紹介していますが、今回は、ロメインレタスを土台に、焼きとうもろこしとアボカドを並べて、フェタチーズ・ドレッシングでいただくレシピです。ニューヨークタイムズに載っていたレシピで作りました。(4〜6人分)

<コーンとアボカドとレタスのサラダ>

−材料−

・とうもろこし−−−−−−−6本
・ねぎ−−−−−−−−−−−1束
・ハラペーニョ−−−−−−−1個
・オリーブオイル−−−−−−大3
・塩胡椒−−−−−−−−−−適量
・フェタチーズ−−−−−−−3/4カップ
・バターミルク−−−−−−−1/3カップ
・レモンゼスト−−−−−−−小1
・レモンジュース−−−−−−大1
・にんにく(おろす)−−−−小1かけ
・チャイブ(細切り)−−−−1/4カップ
・パセリ(微塵)−−−−−−1/4カップ
・ロメインレタス−−−−−−約8カップ
・アボカド(薄切り)−−−−2個

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*とうもろこしとねぎとハラペーニョに油をまぶして塩胡椒し、グリルで焼く。
*時々返しながら、コーンが所々茶色になるまで6〜8分焼く。
*ねぎとハラペーニョは、全体に焦げ色がつくまで9〜10分焼く。
*野菜類をまな板の上に移し、少し冷ましておく。
*中くらいのボウルに、フェタチーズをつぶして入れ、泡だて器で粗いペースト状になるまで混ぜる。
*バターミルクと、レモン類、にんにくを混ぜたら、ハーブ類を加える。
*ハラペーニョを微塵に切って入れたら、塩胡椒で味付ける。
*大きいボウルにレタスをちぎって入れ、フェタ・ドレッシングの半量を加えて混ぜ、大皿に盛る。
*トウモロコシのみを削り落として、ネギは食べやすい大きさに切る。
*レタスの上に、アボカドとコーンを並べて、ねぎを散らし、残りのドレッシングを添えて出す。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ