世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

カテゴリ: 野菜のレシピ

ブログネタ
今夜のおかずにもう一品 に参加中!
コーンと海老のベニエ

コーンの揚げ物では、以前にコーンのフリッターを紹介しましたが、今回は海老も入れて作るベニエのレシピになります。この前はフリッターなので、フライパンに生地を広げて円盤状に焼きましたが、この度はベニエなので油の中に落として揚げます。ニューヨークタイムズに載っていたレシピです。(約24個分)

<コーンと海老のベニエ>

−材料−

・揚げ油−−−−−−−−−−−適量
・小麦粉−−−−−−−−−−−2カップ
・カイエンペッパー−−−−−−小1/2
・ベーキングパウダー−−−−−小1
・重曹−−−−−−−−−−−−小1/4
・コーシャーソルト−−−−−−小3/4
・レモン−−−−−−−−−−−1個
・チャイブ(薄切り)−−−−−1/4カップ
・とうもろこしの身−−−−−−1カップ
・海老−−−−−−−−−−−−170g
・炭酸水−−−−−−−−−1と1/4カップ
・サワークリーム−−−−−−−1/4カップ
・チリソース(好みで)−−−−適量

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*網の上にペーパータオルを敷いておき、鍋に5cmほど油を入れて熱する。
*ボウルに粉類を混ぜて、レモンの皮をおろして入れる。
*レモンはくし形に切っておき、海老は殻をむいて背ワタを取り、粗く切っておく。
*粉のボウルに、チャイブ、コーン、海老を入れて混ぜ合わせる。
*炭酸水を加えて混ぜたら、サワークリームを入れてさっくり混ぜる。
*揚げ油の温度が180度(華氏350度)になったら、大さじ1杯ほどの生地をすくって、鍋に落としていく。
*一度に詰め込まないで、頻繁にひっくり返しながら、黄金色になるまで約5分揚げる。
*揚がったら、ペーパータオルの上に取り、残りの生地も同様に揚げていく。
*温かい内に、レモンと、好みでチリソースを添えて出す。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
前菜のレシピ に参加中!
フライドピクルス・ランチドレッシング添え

フライドピクルスのレシピです。今回初めて家で作ってみたのですが、アメリカ南部の州では、結構一般的みたいです。普段のサンドイッチにも、主人はペパロンシーニを好むので、瓶入りを買ったこともなく、このレシピを試すために購入したので、残りをどうするかが困ったものです。ニューヨークタイムズに載っていたレシピで作りました。(6人分)

<フライドピクルス・ランチドレッシング添え>

−材料−

・ブレッド&バターピクルス−−48枚
・マヨネーズ−−−−−−−−−1/2カップ
・ディル(微塵)−−−−−−−大3
・チャイブ(微塵)−−−−−−大3
・ガーリックソルト−−−−−−小1/2
・オニオンパウダー−−−−−−小1/4
・バターミルク−−−−−−−−1カップ
・塩胡椒−−−−−−−−−−−適量
・カノーラ油−−−−−−−−−3カップ
・小麦粉−−−−−−−−−−−3/4カップ
・ホットソース−−−−−−−−大3
・イタリアン風味のパン粉−−−1と1/4カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*ベーキング皿にペーパータオルを敷いておく。
*40枚くらいのピクルスチップを重ならないようにして並べ、別のペーパータオルをかけて、そっと押して水気を取る。
*残り8枚のピクルスを微塵切りにして小さいボウルに入れる。
*これに、マヨネーズからオニオンパウダーまでの材料と、1/3カップのバターミルクを混ぜて、ランチドレッシングを作っておく。
*ソースパンに油を入れて中強火で5分ほど熱し、190度(華氏375度)くらいまで温める。
*別のベーキング皿にペータオルを敷いておく。
*ボウルに、小麦粉と小さじ各2杯の塩と胡椒を混ぜる。
*別のボウルに、残り2/3カップのバターミルクとホットソースを混ぜる。
*大きくて平たい容器にパン粉を入れておく。
*10枚くらいのピクルスを最初の粉のボウルに入れて絡めたら、バターミルクのボウルに移す。
*全体に液体を付けたら、パン粉の容器に移してひっくり返しながら、全体にまぶして、皿に取る。
*これを熱くなった油に落して、30秒ほどしたらひっくり返し、軽く色づくまで、もう30秒ほど揚げる。
*ペーパータオルの上に取って、残りも同様に揚げていく。
*ランチドレッシングを添えて、すぐに出す。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
メキシカンレシピ に参加中!
ピコ・デ・ガロ

メキシコ料理に使う、ピコ・デ・ガロのレシピです。最後の文字は違って用いられることもありますね。よりメキシカンに、ピコ・デ・ガヨと呼ばれることも多いです。"pico de gallo" は、要はチャンキーなサルサ。タコスやその他のメキシコ料理の一部になるもので、今回は、ニューヨークタイムズに載っていた、あるタコスのレシピの中のピコデガロの部分だけ使って作りました。基本的に、切って混ぜるだけの単純レシピです♪(4人分)

<ピコ・デ・ガロ>

−材料−

・ビーフステーキトマト−−−−−大1個
・アボカド(成熟)−−−−−−−大1個
・ハラペーニョ(微塵)−−−−−2本
・シラントロー(微塵)−−−−−半カップ
・ライムジュース−−−−−−−−大3
・コーシャーソルト(粗目)−−−適量

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*トマトは芯を取り、アボカドは種を取り、皮をむいて、それぞれ5mm角ぐらいに切る。
*トマトからライムジュースまでの材料をボウルに混ぜたら、塩で味付けする。
*しばらく馴染ませてから、タコスのサルサなどに使う。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ