世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

カテゴリ: 肉類のレシピ

ブログネタ
挽肉レシピ に参加中!
スロッピージョーのカレー風味

スロッピージョーは、アメリカを代表するバーガーの1つで、以前に基本のレシピを紹介しました。今回は、アジア風にカレー味を効かせたソースで挽肉を炒め、コールスローを挟んで作ります。でもやっぱり、スラッピーさには変わりないでしょうね。アメリカのサンセットという雑誌に載っていたレシピです。(4人分)

<スロッピージョーのカレー風味>

−材料−

・オリーブオイル−−−−−−−−大3
・シャロット(微塵)−−−−−−大1個
・にんにく(微塵)−−−−−−−2かけ
・レッドカレーペースト−−−−−大2〜3
・牛挽肉−−−−−−−−−−−−450g
・コーシャーソルト−−−−−−−小1/4
・ココナッツミルク−−−−−−−1カップ
・砂糖−−−−−−−−−−−−−小2〜3
・キャベツ(千切り)−−−−−−2カップ
・ねぎ(薄切り)−−−−−−−−3本
・パセリ(粗微塵)−−−−−−−半カップ
・ライムジュース−−−−−−−−大1と小2
・胡椒−−−−−−−−−−−−−適量
・バーガーパン−−−−−−−−−4つ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*フライパンを中火で熱し、油大さじ1を入れる。
*シャロットとニンニクを加えて、軟らかくなるまで約3分炒める。
*レッドカレーペーストを入れて45秒ほど混ぜたら、挽肉と塩を入れて、木べらで肉の塊をつぶす。
*時々混ぜながら、肉に完全に火が通るまで、約5分炒める。
*ココナッツミルクと砂糖を入れて火を少し弱め、液体がほとんどなくなるまで、時々混ぜながら約8分煮る。
*この間に、ボウルにキャベツ、ネギ、パセリを入れて、残りの油と大さじ1のライムジュースを加える。
*全体を混ぜて、塩胡椒で味を調整する。
*フライパンを火からおろしたら、残りのライムジュースを入れて混ぜ、パンにコールスローと一緒に挟んで出す。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
豚肉のレシピ に参加中!
豚ヒレ肉のチェリートマト・コーンサラダ添え

豚ヒレ肉のレシピです。焼きとうもろこしとチェリートマトのサラダも付いているので、これで夕飯がほとんど完了です。比較的手早く作れるので、平日の夜でも間に合います。お肉が足りないと思う人は、もう1本テンダーロインを増やしてもいいと思います。アメリカのサンセットマガジンに載っていたレシピです。(4人分)

<豚ヒレ肉のチェリートマト・コーンサラダ添え>

−材料−

・チリパウダー−−−−−−−−−大1.5
・ブラウンシュガー−−−−−−−小1
・コーシャーソルト−−−−−−−小1
・豚ヒレ肉−−−−−−−−−−−450g
・とうもろこし(黄色)−−−−−3本
・オリーブオイル−−−−−−−−大3
・赤玉ねぎ(薄切り)−−−−−−1個
・チェリートマト−−−−−−−−2カップ
・ライムジュース−−−−−−−−大2
・パセリ(微塵)−−−−−−−−大1
・オレガノ(微塵)−−−−−−−小1
・胡椒−−−−−−−−−−−−−適量

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*グリルの火をつけておく。
*上から3つのスパイス類を混ぜておく。
*豚ヒレ肉にオイルを塗って、スパイスをまぶす。
*豚肉と、皮をむいて髭を取ったコーンと赤玉ねぎをグリルに置き、時々返しながら少し焦げ目がつくまで約8分焼く。
*トウモロコシと玉ねぎをまな板の上に取りだして、少し冷ます。
*ポークを少し火から遠い所に置き換え、中まで火がよく通るまで、更に8分ほど焼いたら、まな板の上で少し冷ます。
*とうもろこしの身を削り取ってボウルに入れ、玉ねぎを粗く刻んで、半分に切ったチェリートマトと一緒に加える。
*ライムジュースとハーブ類に塩胡椒を加えて味を調整する。
*テンダーロインを切って皿に盛り分けたら、トマトコーンサラダを添えて出す。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
パスタ に参加中!
リガトーニとラム肉のキャセロール

ベイクド・パスタのレシピです。今回はリガトーニパスタとラム肉のラグーを合わせ、モッツァレラチーズをたっぷりかけて、オーブンで焼きます。赤ワインがたっぷり入っているからでしょうか、ラム肉の臭みはあまり感じることなく、美味しくいただけました。火を通していますが、ラグーを作るのに、ワインが2カップ半入っているので、ファミリー・ディナーにはご注意ください。"Modern Comfort Food" という本に載っていたレシピで作りました。(8人分)

<リガトーニとラム肉のキャセロール>

−材料−

・オリーブオイル−−−−−−−−大3
・玉ねぎ(粗微塵)−−−−−−−1.5カップ
・人参(さいの目)−−−−−−−2カップ
・フェンネル(さいの目)−−−−2カップ
・ラム挽肉−−−−−−−−−−−450g
・にんにく(微塵)−−−−−−−3かけ
・フェンネルシード(粗微塵)−−大1
・トマトペースト−−−−−−−−大2
・トマト(つぶし缶)−−−−−−800g
・赤ワイン(辛口)−−−−−−−2.5カップ
・オレガノ(乾燥)−−−−−−−小1
・レッドペッパーフレーク−−−−小1/4
・塩胡椒−−−−−−−−−−−−適量
・リガトーニ−−−−−−−−−−450g
・卵−−−−−−−−−−−−−−特大2個
・ヘビークリーム−−−−−−−−2/3カップ
・モッツァレラチーズ−−−−−−450g
・パルメザンチーズ(おろす)−−半カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*ダッチオーブンか厚手の鍋を中火で熱し、オイルを温める。
*玉ねぎ、にんじん、フェンネルを入れて、時々混ぜながら、野菜が色づいてくるまで、10分炒める。
*ラム肉、にんにく、シードを加えて、木べらで挽肉をつぶしながら、ピンク色が取れるまで8分炒める。
*トマトペースト、トマト、2カップのワイン、オレガノ、レッドペッパーと大さじ1の塩と小さじ1の胡椒を加える。
*沸騰したら、火を弱くして、少し蓋が被せて時々混ぜながら、約40分煮る。
*火を止めてから、残り半カップのワインを混ぜる。
*オーブンを180度(華氏350度)に温めておく。
*大きい鍋に、たっぷりの水と大さじ2の塩を入れて沸騰させたら、リガトーニを加えて、箱の指示通り茹でる。
*大きいボウルで、卵とクリームを泡立てたら、茹でたパスタに絡ませる。
*モッツァレラチーズの半量をおろして入れ、ラム肉のラグーと、小さじ2の塩と小さじ1の胡椒を加えて混ぜる。
*これを35cmX25cmくらいの長方形のキャセロールに移して、パルメザンチーズを全体に振りかける。
*残りのモッツァレラチーズを薄切りにして上に並べ、オーブンで40〜45分焼いて、熱い内にいただく。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ