世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

カテゴリ: ベジタリアンのレシピ

ブログネタ
野菜料理 に参加中!
ほうれん草のスクウェア

セントパトリックスデーにちなんで、緑色の副菜を用意しました。アメリカでは、この日が近づくと、シカゴの川が緑に染まります♪ ということで、食材にも緑を使うことにしました。冷凍のほうれん草は常備しているし、あとは特殊な材料と言えば、グリュイエールチーズでしょうか。"Cook's Country" に載っていたレシピですが、大人数用なので、私は半分の量で作りました。(32個分)

<ほうれん草のスクウェア>

−材料−

・小麦粉−−−−−−−−−1カップと大2
・ベーキングパウダー−−−小1
・塩−−−−−−−−−−−小3/4
・胡椒−−−−−−−−−−小1/2
・カイエンペッパー−−−−小1/4
・チキンスープ−−−−−−1カップ
・卵−−−−−−−−−−−大3
・ほうれん草(冷凍)−−−560g
・グリュイエールチーズ−−345g
・玉ねぎ(微塵)−−−−−1個
・にんにく(微塵)−−−−2かけ
・パルメジャンチーズ−−−1/2カップ

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*オーブンを190℃(華氏375度)に温めておく。
*22cm X 32cmくらいのベーキング皿にオイルスプレーを振っておく。
*小麦粉からカイエンペッパーまでの材料をボウルに混ぜたら、チキンスープと卵を加えて、滑らかになるまで混ぜ合わす。
*これに、解凍して水気を切ったほうれん草と、グリュイエール、玉ねぎ、にんにくを混ぜ入れる。
*これを、用意したベーキング皿に広げて、おろしたパルメジャンチーズを振りかける。
*オーブンに入れて、40〜45分焼いたら取り出し、そのまま20分ほど冷ましてから切り分け、温かいうちに出す。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
サラダのレシピ に参加中!
きゅうりのサラダ・ギリシャ風


グリークサラダというと、ほぼ確実にフェタチーズが入っていますが、このきゅうりのサラダのレシピでは、フェタが入ってないこと以外は、ギリシャ風の素材を使っています。胡瓜はアメリカサイズなので、日本の物だと3〜4本使って、種の部分はそのままでもいいと思います。トマトは普通サイズのものを食べやすい大きさに切ればいいのですが、手元にたくさんチェリートマトがあったので使うことにしました。カラマタオリーブがなければ、ブラックオリーブでもかまいません。(4人分)

<きゅうりのサラダ・ギリシャ風>

−材料−

・きゅうり−−−−−−−−−−2本
・トマト−−−−−−−−−−−1カップ
・赤玉ねぎ(薄切り)−−−−−小1個
・カラマタオリーブ−−−−−−1/2カップ
・ディル−−−−−−−−−−−1/2カップ
・オリーブオイル−−−−−−−1/4カップ
・赤ワイン酢−−−−−−−−−大2
・塩胡椒−−−−−−−−−−−適量

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*きゅうりの皮をむいて縦半分に切り、種を取って、5mm厚さ位に切ってボウルに入れる。
*トマトは使う種類によって、食べやすい大きさに切り、オリーブは種を取って半分に切って、同じボウルに入れる。
*小さいボウルに、オイルとビネガーを混ぜ、塩胡椒で味付けして、食べる直前に野菜類と混ぜて、すぐに出す。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
サラダのレシピ に参加中!
トマトと柘榴のサラダ

チェリートマトと柘榴をメインに、赤玉ねぎや黄色いパプリカも加わり、バジルやミントの緑も入った、とてもカラフルで食欲をそそるサラダレシピです。今回、"za'atar" という名前のスパイスが食材リストにあがっていて、家になかったので、あちこちのスーパーを探したところ、やはりグルメ健康志向のホールフーズで見つけました。中近東料理に使う各種ハーブの総称らしいので、これがなくても、例えばオレガノやセイボリー、タイムやマジョラムなどがあれば、十分代用できます。ニューヨークタイムズに載っていたレシピを使いました。(6人分)

<トマトと柘榴のサラダ>

−材料−

・チェリートマト−−−−−−−−−2カップ
・ザアタル−−−−−−−−−−−−小2
・オリーブオイル−−−−−−−−−大3.5
・柘榴の実−−−−−−−−−−−−1個分
・黄色パプリカ(薄切り)−−−−−半個
・赤玉ねぎ(薄切り)−−−−−−−半個
・バジルの葉(ちぎる)−−−−−−1/3カップ
・ミントの葉(ちぎる)−−−−−−1/3カップ
・レモンジュース−−−−−−−−−小1.5
・海塩(フレーク)−−−−−−−−適量
・フェタチーズ−−−−−−−−−−100g

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*トマトは大きければ半分に切って、大きいボウルに入れる。
*ザアタルとオリーブオイル大さじ1.5杯を混ぜておく。
*トマトのボウルに、ざくろ以下レモンジュースまでの材料と残り大さじ2杯のオイルと塩小さじ1杯を入れて混ぜる。
*これを盛り皿に移したら、フェタチーズをつぶして散らし、ザアタルの混ぜ物を上からかけて出す。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ