世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

カテゴリ: サンクスギビングのレシピ

ブログネタ
ターキーのレシピ に参加中!
ターキーポットパイ

感謝祭のターキーはもう残ってませんよね。でもまだ冷凍している、という人がいたら、ポットパイはいかがでしょうか。これはオープンスタイルで、スタッフィングもトッピングに使うようになっているので、無駄がありません。アメリカでは、七面鳥はサンクスギビングだけとは限らないので、今度また大きなパーティーをするような機会があれば、こんな使い方もあることを頭の片隅に置いておいていただくのもいいかと思います。(約8人分)

<ターキーポットパイ>

−材料−

(クラスト)

・小麦粉−−−−−−−−−3と3/4カップ
・海塩−−−−−−−−−−小1.5
・無塩バター(角切り)−−345g
・バターミルク−−−−−−1カップ

(フィリング)

・無塩バター−−−−−−−90g
・小麦粉−−−−−−−−−1/2カップ
・チキンストック−−−−−2カップ
・牛乳−−−−−−−−−−1と3/4カップ
・海塩−−−−−−−−−−小1.5
・黒胡椒(粗挽き)−−−−小3/4
・玉ねぎ(微塵)−−−−−1と1/4カップ
・にんにく(微塵)−−−−2かけ
・人参(薄切り)−−−−−1.5カップ
・グリーンビーンズ−−−−1.5カップ
・グリンピース−−−−−−1カップ
・タイム(微塵)−−−−−大1
・セージ(微塵)−−−−−大1
・調理済みターキー−−−−900g

(トッピング)

・水−−−−−−−−−−−3カップ
・無塩バター−−−−−−−115g
・スタッフィング−−−−−450g

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

(クラスト)

*ボウルに小麦粉と塩を混ぜたら、冷たいバターを加えて、指でバターが小粒になるまで混ぜ合わせる。
*真ん中をくぼませて、冷たいバターミルクを注ぎ入れる。
*フォークを使って混ぜ、一塊になったら、粉をふるった平面に取り出す。
*これを2等分したら、軽く練って、ラップにくるんで1時間冷蔵する。

(フィリング)

*大きいソースパンを中火にかけ、60gのバターを溶かす。
*小麦粉を加えて、約1分、常に混ぜたら、火を弱めて、少しずつチキンストックを加えてのばしていく。
*常に混ぜて、粉が完全に混ざったら、牛乳を入れ、火を中弱火にして煮る。
*よくかきまぜながら、プディングのような濃度になるまで、約20分煮たら、火からおろして塩胡椒で味付ける。
*大きいスキレッを中火にかけ、残り30グラムのバターを溶かす。
*玉ねぎを入れて、時々混ぜながら3分ほど炒める。
*ニンニクを入れて1分ほど常に混ぜたら、人参とグリーンビーンズの薄切りを加えて、時々混ぜながら5分炒める。
*グリンピースとハーブを入れて1分炒めたら、火からおろす。
*細かくしたターキーを加えたら、これをストックの鍋に入れて混ぜ、約5分なじませる。

(トッピング)

*大きいソースパンを中火で熱し、水とバターを入れて、時々混ぜながら沸騰させる。
*スタッフィングをそっと加えて、ふたをしたら、火からおろして、約10分置く。

(仕上げ)

*パイ生地を冷蔵庫から取り出し、軽く粉を振った表面において、5〜6mmの厚さに伸ばす。
*直径約20cmの円を切り取ったら、スキレットの底と周りに当てはめる。残りの生地も同様にする。
*オーブンを190度(華氏375度)に温めておく。
*フィリングをそれぞれの生地に上に置き、トッピングを3/4カップほど散らして、黄金色になるまで、オーブンで45〜50分焼く。
*途中でスキレットの向きを変え、焼きあがったら、20分ほど落ち着かせてからいただく。

LD logo medium



このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
ターキーのレシピ に参加中!
ファッロとマッシュルームのスタッフィング・みそ風味

ファッロとマッシュルームで作るスタッフィングのレシピです。"farro" スペルト小麦は消化にやさしいと言われているので、胃腸の弱い方にもいいのでは。今回は白みそを味付けに入れるという、一風変わったスタッフィングになっています。マッシュルームの種類は、好みの組み合わせでどうぞ。普通の詰め物に飽きたら、試してみてください。おいしかったです。(12人分)

<ファッロとマッシュルームのスタッフィング・みそ風味>

−材料−

・ファッロ−−−−−−−−1と3/4カップ
・無塩バター−−−−−−−−−−−30g
・ミックスマッシュルーム(微塵)−450g
・にんじん(微塵)−−−−−−−−1カップ
・セージ(微塵)−−−−−−−−−大2
・にんにく(微塵)−−−−−−−−大1.5
・白みそ−−−−−−−−−−− 1/4カップ
・チキンストック−−−−−−−−−1カップ
・フォンティナチーズ(おろす)−−1カップ
・シェリービネガー−−−−−−−−小2
・黒胡椒−−−−−−−−−−−−−小2
・コーシャーソルト−−−−−−−−小1/4

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*オーブンを200度(華氏400度)に温めておく。
*ガラスか陶器のベーキング皿にオイルスプレーを振っておく。
*ファッロを箱の指示に従って調理しておく。(仕上がりは約4カップ)
*この間に、大きいスキレットを中強火で温め、バターを溶かす。
*マッシュルームを入れて、時々混ぜながら、軽く色づくまで6〜8分炒める。
*人参、セージ、にんにくを加えて、時々混ぜながら、軟らかくなるまで5〜6分炒める。
*味噌を入れて、約1分常に混ぜたら、チキンストックを注いで、液体が半量になるまで、4分ほど煮る。
*火からおろして、少し冷ます。
*大きいボウルに、ファッロとマッシュルームの炒め物、チーズ、胡椒、塩を混ぜる。
*これを用意したベーキング皿に移して、オーブンで表面が軽く色づくまで、約20分焼く。

LD logo medium



このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
ターキーのレシピ に参加中!
クランベリーソース・グランマニエ入り

クランベリーソースはターキーディナーに欠かせませんね。とても簡単にできるし、余っても長持ちするので、他の夕食時にも使えます。今回はちょっと大人の味で、グランマニエを加味しています。(8人分)

<クランベリーソース・グランマニエ入り>

−材料−

・クランベリー−−−−−−−340g
・グラニュー糖−−−−−−−3/4カップ
・水−−−−−−−−−−−−大2.5
・オレンジピール−−−−−−小2
・グランマニエ−−−−−−−大1
・コーシャーソルト−−−−−小1/2
・黒胡椒−−−−−−−−−−小1/2

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*半カップのクランべりーを残して、後のすべてと砂糖、水、オレンジピールをソースパンに入れて中弱火にかけ、時々混ぜながら8〜10分煮る。
*火を中強火にして、グランマニエを入れて、少し濃くなるまで8分ほど煮る。
*火からおろして、取っておいたクランベリーを加えて、塩コショウで味付ける。

LD logo medium



このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ