世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

カテゴリ: 卵料理のレシピ

ブログネタ
朝食のレシピ に参加中!
エッグベネディクト

エッグベネディクトは、よく旅行中にホテルやレストランの朝食やブランチで食べるのですが、考えてみると、このブログではレシピを挙げたことがなかったので、あらためて作ってみることにしました。でもお腹がすいていたので、オランデーズソースは、ズルして、既成のものを使いました。だから、ちょっと白っぽいです。ニューヨークタイムズに載っていたレシピになります。(4人分)

<エッグベネディクト>

−材料−

(オランデーズソース)

・無塩バター−−−−−−−−−170g
・卵黄−−−−−−−−−−−−大3個
・レモンジュース−−−−−−−小1.5
・カイエン又はパプリカ−−−−小1/4
・塩胡椒−−−−−−−−−−−適量

(ポーチドエッグ)

・ホワイトビネガー−−−−−−大1
・コーシャーソルト−−−−−−適量
・卵−−−−−−−−−−−−−大8個

(仕上げ)

・イングリッシュマフィン−−−4個
・カナディアンベーコン−−−−8枚
・無塩バター−−−−−−−−−30g
・チャイブ(微塵)−−−−−−1/4カップ
・ディル又はパセリ(微塵)−−大2
・海塩フレーク−−−−−−−−適量
・黒胡椒(粗挽き)−−−−−−適量

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

(オランデーズソース)

*小さい鍋を中火にかけてバターを溶かして、3〜4分して泡立ち、少し色づいてくるのを待つ。
*ブレンダーに卵黄と小さじ2杯の水を入れてゆっくり混ぜたら、熱いバターを加えてよくなじませる。
*レモンジュースとカイエンペッパーを加えて、塩胡椒で味を調整する。
*小さいボウルに移したら、表面をラップでカバーして置いておく。

(ポーチドエッグ)

*中くらいの鍋に7〜8cmほど水を入れたら、ビネガーと塩を加えて少し煮立てる。
*へらの柄を使って水を時計回りに動かし、卵を真ん中に割って入れ、白身が黄身を囲い込むように水を混ぜる。
*少しずつ入れて、4分ほどたったら、お玉ですくって、白身が固まっているか確かめ、まだなら鍋に戻す。
*白身ができていたら、皿の上にペーパータオルを敷いておき、鍋から取り出して置き、残りも同様にする。

(仕上げ)

*トースター(オーブン)で、イングリッシュマフィンを程よく色づくまで焼く。
*カナディアンベーコンをスキレットで色づくまで、約6分焼く。
*マフィンを半分に切って皿に並べたら、十分バターを塗る。
*まずハムを敷いて、その上にポーチドエッグを置き、オランデーズソースをかけたら、ハーブを散らして、塩胡椒を振りかける。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
パイのレシピ に参加中!
マッシュルームとサーモンのキッシュ

マッシュルームとサーモンを詰めたキッシュのレシピです。パイの中にも入っていますが、トップにもホールマッシュルームを飾っています。週末のブランチにいかがでしょうか。Quality Cheese Inc. で見つけた、グリュイエールチーズを使ったレシピです。(6人分)

<マッシュルームとサーモンのキッシュ>

−材料−

・グリュイエールチーズ−−−−1カップ
・冷凍パイ生地−−−−−−−−1枚
・バター−−−−−−−−−−−15g
・鮭の身(小口切り)−−−−−345g
・マッシュルーム(薄切り)−−1カップ
・卵−−−−−−−−−−−−−3個
・ハーフ&ハーフ−−−−−−−1カップ半
・オレガノ(乾燥)−−−−−−1つまみ
・タイム(乾燥)−−−−−−−1つまみ
・塩−−−−−−−−−−−−−小1/4
・胡椒−−−−−−−−−−−−1つまみ
・マッシュルーム(ホール)−−適量

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*オーブンを180℃(華氏350度)に温めておく。
*室温に戻したパイ生地の底に、おろしたチーズを平均して置く。
*スキレットを中火で熱してバターを溶かし、サーモンとマッシュルームを入れて約3分間炒める。
*鮭の身を転がしながら炒めたら、パイ生地に加える。
*ボウルに卵から塩胡椒までの材料を混ぜて、具の上に注ぐ。
(好みで、ホールマッシュルームを上に少し並べる。)
*表面が黄金色になり、中央が固まるまで、オーブンで45〜50分焼く。
(途中でパイ生地の周りが焦げそうだったら、ホイルで周囲をカバーする。)
*オーブンから取り出して、5分ほど休ませてから切り分ける。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
スープのレシピ に参加中!
エッグスープ・ローマ風

卵スープのレシピです。と言っても、和風のお澄ましにかき卵、ではなく、ローマ風。だから、チキンスープにおろしたパルメザンチーズが入っています。チーズもそうですが、スパイスのナツメグや黒胡椒は、できれば固形からおろしたり挽いたりしたものを使う方が、味が引き立ちます。でも作り方はとても簡単。ニューヨークタイムズに載っていたレシピです。(6人分)

<エッグスープ・ローマ風>

−材料−

   ・オリーブオイル−−−−−−1/4カップ
   ・玉ねぎ(粗微塵)−−−−−中2個
   ・コーシャーソルト−−−−−適量
   ・卵−−−−−−−−−−−−大6個
   ・パルメザンチーズ−−−−−1/2カップと皮
   ・ナツメグ(粉)−−−−−−1つまみ
   ・黒胡椒(粉)−−−−−−−適量
   ・チキンスープ−−−−−−−8カップ
   ・パセリ(微塵)−−−−−−大2

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*ダッチオーブンを中強火で温め、オリーブオイルを入れて熱したら、玉ねぎと塩を十分加える。
*火を中火にして、時々混ぜながら、10〜15分、玉ねぎが軟らかくなるまで炒める。
*注ぎ口が付いた計量カップか小さいボウルで卵をかき混ぜ、半カップのおろしたチーズをとスパイス類に塩を混ぜる。
*玉ねぎが軟らかくなったら、パルメザンチーズの皮とチキンスープを鍋に加える。
*火を強くしていったん沸騰させたら、少し弱くして、片手でスープを混ぜながら、もう一方の手で卵を少しずつ流し入れる。
*卵を全て入れたら火を止め、チーズの皮を取り除いて、塩で味を調整する。
*ボウルにすくって、胡椒とパセリを(好みで余分なチーズも)振りかけてすぐに出す。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ