世界の家庭料理からもてなし料理のレシピまで集めよう

アメリカに暮らすこと30年。おいしい食べ物が大好きな主婦が、世界の家庭料理からもてなし料理まで、幅広いレシピに挑戦するブログです。

カテゴリ: メキシカンのレシピ

ブログネタ
フルーツのレシピ に参加中!
ストロベリー&クリーム

5月5日は、日本では子供の日の祝日ですが、メキシコでは、"Cinco de Mayo" (5月5日の意味)と言って、プエブラの会戦でフランス軍を撃退した、戦勝記念日なんですね。でも本国メキシコでは、どちらかというと、プエブラ州の祝日なので、あまり大げさにしないらしく、むしろメキシコ移民がいるアメリカでワイワイお祭り騒ぎをしている感じです。そこで、メキシカンデザートを探していると、超簡単なレシピを見つけたので、早速作ってみました。ストロベリーアンドクリームと言って、4種類の乳製品を混ぜて苺にかけるだけで作れます♪ 練乳はメキシコ特有の "la lechera" というブランドがあります。好みで、サワークリームの代わりにギリシャヨーグルトを使っても構いません。クリームソースはたくさん余るので、最初から少ない量で作った方がいいかもわかりません。(8人分)

<ストロベリー&クリーム>

−材料−

・いちご−−−−−−−−−−900g
・サワークリーム−−−−−−450g
・エバミルク−−−−−−−−2/3カップ
・ヘビークリーム−−−−−−2/3カップ
・練乳−−−−−−−−−−−400g
・バニラエッセンス−−−−−大1

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*苺のヘタを取り、食べやすい大きさに切って、カップに入れる。
*その他の材料をボウルに入れて、ミキサーで2分混ぜる。
*半カップくらいのクリームソースを苺の上からかける。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
メキシカンレシピ に参加中!
ピコ・デ・ガロ

メキシコ料理に使う、ピコ・デ・ガロのレシピです。最後の文字は違って用いられることもありますね。よりメキシカンに、ピコ・デ・ガヨと呼ばれることも多いです。"pico de gallo" は、要はチャンキーなサルサ。タコスやその他のメキシコ料理の一部になるもので、今回は、ニューヨークタイムズに載っていた、あるタコスのレシピの中のピコデガロの部分だけ使って作りました。基本的に、切って混ぜるだけの単純レシピです♪(4人分)

<ピコ・デ・ガロ>

−材料−

・ビーフステーキトマト−−−−−大1個
・アボカド(成熟)−−−−−−−大1個
・ハラペーニョ(微塵)−−−−−2本
・シラントロー(微塵)−−−−−半カップ
・ライムジュース−−−−−−−−大3
・コーシャーソルト(粗目)−−−適量

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*トマトは芯を取り、アボカドは種を取り、皮をむいて、それぞれ5mm角ぐらいに切る。
*トマトからライムジュースまでの材料をボウルに混ぜたら、塩で味付けする。
*しばらく馴染ませてから、タコスのサルサなどに使う。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
メキシカンレシピ に参加中!
ポークチリ

メキシカンのポークチリのレシピです。と言ってもチリコンカンではなく、どちらかというと、ポークシチューと呼んだ方がいいスープ料理です。豚肉も大きい角切りにして、大量のポブラノチリやトマト缶と一緒に長時間煮込みます。食べる時は、好みでネギやパセリを散らしたり、サワークリームを落としたりされるとよいでしょう。"bon appetit" に載っていたレシピです。大人数用なので、私は半量で作りました。(12人分)

<ポークチリ>

−材料−

・ポブラノチリペッパー−−−−大12個
・豚肉(角切り)−−−−−−−3.4kg
・小麦粉−−−−−−−−−−−大6
・サラダ油−−−−−−−−−−大6
・玉ねぎ(粗微塵)−−−−−−6カップ
・にんにく(微塵)−−−−−−大12かけ
・オレガノ(乾燥)−−−−−−大2
・クミンパウダー−−−−−−−大2
・チキンストック−−−−−−−10カップ
・トマト缶(角切り)−−−−−785mL

(注意:アメリカの1カップの容量は、240mL(240cc)となっています。)

−作り方−

*オーブンでポブラノペッパーを全体が焦げるまでグリルしたら、紙袋に入れて10分間置く。
*皮をむき、種を取って、2.5cm角に切っておく。
*大きいボウルに豚肉を入れ、塩胡椒を振ったら、小麦粉を入れて全体にまぶす。
*厚手の鍋を強火で熱し、大さじ4杯の油を温めたら、ポークを少しずつ入れ、全体が色づくまで約6分ずつ炒めて皿に取る。
*火を中火にし、玉ねぎを入れて、軟らかくなるまで約6分炒める。
*ニンニク、オレガノ、クミンを加えて、2分混ぜたら、豚肉と皿の肉汁を鍋に戻す。
*チキンストックとチリペッパー、トマト缶の中身を汁ごと鍋に加えて沸騰させる。
*火を弱めて、時々混ぜながら、肉が軟らかくなるまで約2時間煮る。
*塩胡椒で味を調整して出す。

LD logo medium

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ